ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 母親が その一人子を 守るように 全生命を 慈しみましょう<149>

<<   作成日時 : 2013/08/12 04:15   >>

トラックバック 0 / コメント 3

○少年少女のためのスッタニパータ149.
・・・
あなたのお母さんが
あなたを育てたように、
全生命に対する
優しい心を育てましょう。


149.第1 蛇の章 8.慈経 7.

○日本テーラワーダ仏教協会訳
149(7)
あたかも母が、たった一人の我が子を、
命がけで守るように、
そのように全ての生命に対しても、
無量の [慈しみの] 心を育てることです。


○毎田周一先生訳
149(7)
母親が自分の子供を 一人子を
命がけでまもるやうに
一切の生きものを
限りなく広い心で 抱きとるがよい


○中村元先生訳
149
あたかも、母が己が独り子を
命を賭けて護るように、
そのように一切の生きとし生れるものどもに対しても、
無量の(慈しみの)意を起すべし。


○正田大観先生訳
149.
(あたかも、母が自分の子を
〔守るように、それも〕命がけで独り子を守るように、
また、このように、一切の生類にたいし、
無量なる〔慈愛の〕意を修めるように。(7)

○パーリ語原文
149.
マーター     ヤター    ニヤン    プッタン
Mātā        yathā    niyaṃ     puttam
母が        ように    自分の    子供を

アーユサー    エーカプッタン     アヌラッケー
Āyusā        ekaputtam       anurakkhe;
命を懸けて     一人子を        守るでしょう

エーワン    ピ       サッバブーテース
Evam      pi       sabbabhūtesu,
そのように   また     すべての生きものに対して

マーナサン     バーワイェー    アパリマーナン
mānasaṃ      bhāvaye       aparimāṇaṃ.
心を         修習せよ       無量の


○一口メモ
今日はどのように、慈しみの心を育てるかの2回目です。蛇に狙われた自分の雛を、蛇から守る時、母親鳥はまさに命を懸けて守るのです。それは無謀な挑戦です。しかし、母親鳥は守ることをやめません。これは母親鳥に限りません。すべての生命の母親は自分の子供を命を懸けて守っています。

ブッダは、そのように、すべての生命に対して、真剣に、命を懸けて、慈しみの心を持つように教えておられるのです。母が子供を守るようにという態度を思い出せば、慈しみの心の育て方がよく解ります。

この偈はもう一つ、慈しみの心は無量であることを教えています。無量とは限界のないこと、無限に大きな心なのだと教えているのです。

そのため、146(4)偈や147(5)偈で、述べたようにすべてに生きものに慈しみの心を注ぐことが出来ることも知る必要があるのです。ですから、あの生きものやこの生きものには慈しみを持てるが、他の生きものは慈しみを持てないなどと言うケチな心ではないのです。それで心は強くなり、自分に自信が持てるようにもなります。また、奇跡のような力が発揮できるようになるのです。母親鳥が蛇に勝つという奇跡も度々起こるのです。


母親が その一人子を 守るように 全生命を 慈しみましょう<149>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎緊急連絡:8月10日(土)から8月13日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが大阪のアラナ精舎における瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090−2311−9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私の母
厳しくもあり
遠くから見守っていてくれるようであり
落ち込んだ時は、明るく接してくれ
私がいて母は楽しいようでもあり
ご飯を、食べれば喜んで
食べないと、落ち込んで

明るく、元気が、母の喜び
水口かよこ
2013/08/12 08:31
見返りを求めない
本物の無量心ですね。
「自我」があると
心は拡張しませんね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
櫻井由紀
2013/08/12 11:14
母が子を守る時は、命をかけた本気になっていると思います。自分の子供とその他の子供で本気度が違うのではなく、同じような姿勢で出来るような本気の姿勢の意識を持って参りたいです。
こころざし
2016/03/29 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
母親が その一人子を 守るように 全生命を 慈しみましょう<149> ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる