ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS バラモンは 正しく知って 無妄想 俗説知るが 心に留めぬ<911>

<<   作成日時 : 2015/06/11 03:57   >>

トラックバック 0 / コメント 6

○少年少女のためのスッタニパータ<911>
・・・
世間の人々は
自分の考えにこだわるが、
物の解った人は
自分の考えにもこだわらない。


第4 八つの詩句の章 13.大集積経 17.

○毎田周一先生訳
911.
真に自在の域に達した人を その人はこういう人だと誰もいうことは出来ない
彼は自分の考え方などに捉われず 知識をもって廻りもしない
一般世俗のものの抱く意見もよく承知しているが
ひとはそれにとりついていても 彼はそんなものに目もくれない


○中村元先生訳
911
バラモンは正しく知って、妄想分別におもむかない。
見解に流されず、知識にもなずまない。
かれは凡俗のたてる諸々の見解を知って、心にとどめない。
──他の人々はそれに執著しているのだが。──


○正田大観先生訳
918.(911)
〔真の〕婆羅門は、〔正しく〕究明して、〔時間の〕妄想(時間の型枠・分別妄想・輪廻的あり方)に近づきません(輪廻しない・妄想しない)。
見解に走り行く者ではなく、また、知恵の眷属(知識に結縛された者)でもありません。
しかして、彼は、凡俗なる諸々の主義を知って、〔それらを〕放捨します
――他者たちは、〔各自の見解に、各人各様に〕執持するとして。(17)


○パーリ語原文
917.(911)
ナ   ブラーフマノー    カッパムペーティ       サンカー
Na    brāhmaṇo       kappamupeti          saṅkhā,
ない  バラモンは      妄想分別に近づか(ない) 考慮して

ナ   ディッティサーリー       ナピ     ニャーナバンドゥ
na    diṭṭhisārī             napi     ñāṇabandhu;
ない  見解にさまような人で    又ない   知識人の眷属で

ニャトゥワー    チャ    ソー    サンムティヨー    プトゥッジャー
Ñatvā        ca      so     sammutiyo       puthujjā,
知って       また    彼は   俗説を         世俗の

ウペッカティー    ウッガハナンティ  マンニェー
upekkhatī       uggahaṇanti      maññe.
無関心である    執着しているが   他の人々は


○一口メモ
「大集積経」の終盤になりました。今まで自分の主義主張にこだわっている人々に述べられてきましたが、まとめとして、そのようでない人についてこれからの四偈で述べられることになります。

今回は、先ずそのような人はバラモンです。しかし、このバラモンは身分としてのバラモンではなく、真のバラモンです。

真のバラモンは、中村先生訳でその特徴を示すと、@正しく知る。A妄想分別におもむかない。B見解に流されない。C知識になずまない。D凡俗のたてる諸々の見解を知って心にとどめない人となります。

毎田先生訳では、@Aはこういう人だと誰もいうことができない。B自分の考え方に捉われない。C知識をもって廻りもしない。D一般世俗のものの抱く意見もよく承知しているが、そんなものに目もくれない

正田先生訳では、@〔正しく〕究明している。A〔時間の〕妄想(時間の型枠・分別妄想・輪廻的あり方)に近づきません(輪廻しない・妄想しない)。B見解に走り行く者ではない。C知恵の眷属(知識に結縛された者)でもありません。D凡俗なる諸々の主義を知って、〔それらを〕放捨します

真のバラモンはこのような特徴があるということです。


バラモンは 正しく知って 無妄想 俗説知るが 心に留めぬ<911>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎特別連絡:6月12日(金)から6月16日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090−2311−9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
「見解に流されない」・「自分の考え方に捉われない」・「見解に走り行く者ではない」。
目指すべき境地を示して頂きました。あとは精進するのみです。御指導ありがとうございました。
kempsford
2015/06/11 04:06
世間には恐ろしいほど頭脳明晰、博識な人がいます。「それはマルクスの資本論の○ページに述べられている」と簡単に即答したりします。

数万冊の読書経験から導いた「主張」はさすがにインテリを感じますが、ブッダはそれらを知り尽くしていて、尚且つ目もくれない。ということだと思います。

ブッダのレベルになると、もうイメージすらできません。

2015/06/11 04:29
おはようございます。毎日、ご講義、ありがとうございます。

現在、多数の仕事に関する本が読まれています。
なぜならば、向上して更にレベルを上げたい?からでしょう。仏陀の努力は捨てるものだと思います。
世間は例えば、「一億円貯めることに目標を置いて、あくせく働いて夢を実現する」こと等に多くの価値をおきます。

仏陀は所有物を捨て、自分の考えまでも捨てていく道を私たちに示してくださりました。それは世間一般の考え方と逆です。「全ての物事・考え方に囚われないでいよう」とするものだと思います。


みき
2015/06/11 05:17
おはようございます。
ワンギーサ長老の分かり易い本文中の正田先生の訳「妄想・・に近づきません・・B見解に走り行く者ではない・・(知識に結縛された者)でもありません。D凡俗なる諸々の主義を知って、〔それらを〕放捨します」他、何をどうしたら良いのかが明確になっていると感じます。
このような事を学べています事至福に思います。実践して参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も幸いでありますように。
身の丈修行者
2015/06/11 07:25
知識もあり、世俗(他者)の考え方を熟知した上で、自他の見解にとらわれることがないというところが凄いと思いました。そこに心の自由があるように感じました。
エル
2015/06/13 07:09
自分の考えが出た時、それを正しいと思うのと+それを実現させたい、みたいな思考の流れを用意に回転させる様な自分がいます。もう自分の視点でしか見れてない状況になっていると感じます。物の分かった方は、自分の考えが出ても、それに固着しない印象を思いました。今の状態から少しでも、物の分かった方の方に行ける様に精進したいです。
こころざし
2016/11/14 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
バラモンは 正しく知って 無妄想 俗説知るが 心に留めぬ<911> ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる