ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 釈迦牟尼仏陀の世界(慈悲の実践フルバージョン)を唱えよう。2016.12.22.(木)

<<   作成日時 : 2016/12/22 04:17   >>

トラックバック 0 / コメント 5

○ワン爺さんの独り言<釈迦牟尼仏陀の世界>
・・・
これらの言葉は
繰り返し唱えると
心の奥にしみこんで
慈悲の心に変わります。


○慈悲の実践フルバージョン

(1)私は幸せでありますように
・私は幸せでありますように。
・私のこころに現れる悩み、苦しみが徐々に消えていきますように。
・怒り、嫉妬、憎しみの感情は人のこころを苦しめます。
・苦しみである怒り、嫉妬、憎しみが、私のこころに起こりませんように。
・怒り、嫉妬、憎しみの妄想を育てないように努めます。
・私の思考が慈しみの思考になりますように。

・私は「物事が常に変化して消え去るものである」と観察します。
・私は過ぎ去った出来事に囚われないように精進します。
・私は将来のことに執着して悩まない、不安にならない人間になります。
・私は今ここで、するべきことに集中します。

(2)私に、他者に対する慈しみの気持ちが現れますように
・私に、他者に対する慈しみの気持ちが現れますように。
・他者に対して、優しいこころで対応することができますように。
・私のこころに、他を差別する気持ちが現れませんように。
・苦しい状況に遭遇しても、忍耐することができますように。
・私のこころが、常に平安でありますように。
・私のこころの汚れが、徐々になくなりますように。

・私に、ありのままの事実を発見することができますように。
・私に、真理を発見する智慧が現れますように。
・私に、一切の現象に対する愛着がなくなりますように。
・私に、悟りの光が現れますように。

(3)全ての生命は兄弟
・私は、全ての生命が私の兄弟であると思えるように精進します。
・私は、全ての生命と私が平等であると思えるように精進します。
・私は、全ての生命の幸福と繁栄を期待します。
・私は、生命の間で調和が保たれるように精進します。

(4)私は釈尊の言葉を念じます。
・私は、釈尊の言葉を念じます。
・無始なる輪廻のなかで、私の母でなかった生命はいません。
・無始なる輪廻のなかで、私の父でなかった生命はいません。
・無始なる輪廻のなかで、私の兄弟ではなかった生命はいません。
・無始なる輪廻のなかで、私の子供ではなかった生命はいません。
・無始なる輪廻のなかで、私の友人ではなかった生命はいません。
・釈尊の戒めを尊んで、一切の生命に慈しみの気持ちを抱きます。

・すべての生命は私自身の父・母であると思います。
・すべての生命は私自身の兄弟であると思います。
・すべての生命は私自身の子供であると思います。
・すべての生命は私自身の友人であると思います。
・すべての生命は私自身の家族であると思います。
・すべての生命は幸福でありますように。

(5)こころは空気のように
・空気と空気が何の対立もなく一体になるように、私の慈しみの気持ちが、すべての生命のこころと一体になりますように。
・水と水が何の対立もなく一体になるように、私の慈しみの気持ちが、すべての生命のこころと一体になりますように。

・太陽の光が、地球の隅から隅まで照らすように、私の慈しみの光が、すべての生命のこころをさまたげ無く照らせるように、制限無く、慈しみを育みます。
・東・西・南・北・上・下という六方に住む生命に対して、無限に、とどまること無く慈しみを育みます。

(6)こころは大地のように
・大地は、如何なる清らかなものを捨てても、如何なる不浄なものを捨てても、喜ぶことも嫌がることもありません。
・私も、他の生命の賞賛・非難などを受ける時は、大地のようなこころを保ちます。
・生きとし生けるものが幸せでありますように。

(7)皆、業を相続します
・全ての生命は、自分の業を相続します。
・自分の業に管理されて生きています。
・各生命が受ける幸不幸は、その生命の業の力によるものです。
・ですから、私は私より豊かな人を見るたびに、過去に善行為をした人であると思い、喜びを感じます。
・私より不幸に思える人を見ると、生命は無明のせいで罪を犯すのだと理解し、自分が罪を犯さないようにと気をつけます。
・不幸に陥っている生命に対して、憐れみの気持ちを抱きます。
・協力する、助ける気持ちを起こします。

(8)エゴの錯覚
・「私は他より優れている」と感じることは高慢です。
・「私は他と同等だ」と思うことは同等慢です。
・「私は他より卑しい存在である」と思うことは卑下慢です。
・慢とは、私のエゴの錯覚から起こるのです。
・私は、エゴの錯覚がこころに現れないように、と精進します。
・私は、慢により現れる対立・悩み・争いから離れるように、と精進します。

(9)苦しむ世界で苦しみなく
・世界は欲によって苦しんでいることを観察して、私は欲を控えることに精進します。
・世界は怒りによって苦しんでいることを観察して、怒りのないこころで生きるように精進します。
・世界は嫉妬によって苦しんでいることを観察して、嫉妬のないこころで生きるように精進します。
・世界は恨みによって苦しんでいることを観察して、恨みのないこころで生きるように精進します。

・世界は物惜しみによって苦しんでいることを観察して、物惜しみのないこころで生きるように精進します。
・世界は自我を張るから苦しんでいることを観察して、自我を張らないこころで生きるように精進します。
・世界は見栄を張るから苦しんでいることを観察して、見栄を張らないこころで生きるように精進します。
・世界は一切の現象は無常であると気づかないので苦しんでいることを観察して、一切の現象は無常であると認めて生きるように精進します。
・世界は一切の現象は苦であると気づかないので苦しんでいることを観察して、一切の現象は苦であると認めて生きるように精進します。
・世界は一切の現象は無我であると気づかないので苦しんでいることを観察して、一切の現象は無我であると認めて生きるように精進します。

・私のこころに悩みが起こりませんように。
・私のこころに苦しみが起こりませんように。
・私のこころは平安でありますように。
・私のこころに安らぎが現れますように。
・私に悟りの光が現れますように。

・カンティー   パラマン   タポー   ティティッカー
(Khanti     paramam   tapo     titikkha)
・忍耐と堪忍は最高の修行であります。
・ニッパーナン   パラマン   スカン
(Nibbanam    paramam    sukham)
・涅槃は究極の幸福であります。

(10)慈しみの拡大
・私の上の方向に住んでいるすべての生命、
・私の下の方向に住んでいるすべての生命、
・私の前の方向に住んでいるすべての生命、
・私の右の方向に住んでいるすべての生命、
・私の後ろの方向に住んでいるすべての生命、
・私の左の方向に住んでいるすべての生命、

・幸福で、安穏でありますように。
・怒り、憎しみ、恨みから自由になりますように。
・互いに慈悲喜捨の気持ちで接しあえますように。
・願いごとが叶えられますように。
・こころの汚れが徐々になくなりますように。
・すべての生命に、苦しみを乗り越えることができますように。


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
八歳半の少女が、某デパートの職業体験に参加しました。そこで、インフォメーションガールの仕事をさせてもらいました。入り口で「いらっしゃいませ」とご挨拶をしてチラシを配布案内するのが仕事でした。緑の制服に身を包んで、お客様に一生懸命ビラを配る姿は、とても可愛く、たくさんの人たちの人気の的でした。ところが、その子は、突然現れたオバサンに、「邪魔なのよー」と言われて手をはたかれてしまいました。その子は、指定された場所にいただけで、決して邪魔な場所に立っていたわけではありません。その子は、たまらず号泣してしまいました。それを見ていたお母さんは、その夜、その子と一緒にお風呂に入り、昼間のことついて話し合いました。すると、その子も次第に落ち着き、お風呂を上がるときには、「町で配布している人がいたら進んでニコニコともらってあげようと思った」と語ってくれました。
この御母さんは、私の職場の同僚だった方です。社内の震災ボランティアがきっかけで親しく話すようになり、「慈悲の冥想」を紹介する機会がありました。すると、早速、お風呂でお子様と一緒に唱えたそうです。だからこそ、あの八歳半の少女に、あれほどに「優しい心」が育まれたのではないでしょうか。「慈悲の冥想」の「力」を再認識した出来事でした。私も、これからも引き続き、この「慈悲の冥想フルバージョン」を、唱えて続けます。ご指導ありがとうございました。
kempsford
2016/12/22 04:26
こころざしさん。昨日のコメント欄で紹介した「第七回 忘れられない看護エピソード」(日本看護協会)のことを、今日も紹介しておきます。生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように。www.nurse.or.jp/episode/
通りすがりの三日坊主
2016/12/22 06:24
おはようございます。
「自分の業に管理されて生きています」という当たり前の事を、俗世間では気が付いていない、考えない印象を感じました。それよりは、自分は悪い事をしたが、どうか良い方向に転んで欲しい、みたいなご都合主義のエゴがあるのが普通かと思います。そんな事を記載しながら、自分も日常を見れば容易に、そんなエゴが生まれてるので恐ろしく思います。自分の作った業に管理される状態をしっかり理解して、管理されても良いような業になるように努めたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
こころざし
2016/12/22 07:20
おはようございます。
「嫌いな人・嫌っている人」について念じているとき、ふと気付いたことがあります。それは、スマナサーラ長老の次のお言葉です。「どんな人々も、どんな生命も、みんな、単なる『五蘊』の塊に過ぎないのです。それが、因縁で流れているだけなのです。それだけなのです」。「嫌いな人・嫌っている人」も、すべては、所詮は、『五蘊』の塊が、因縁で流れているに過ぎません。そして、それは私自身も同じなのです。すると、それまでの拘りが、ふっと消えました。「平等」とは、こういうことか、と腑に落ちました。「私はすべての生命と私が平等であると思えるように精進します」。このフレーズが、ストンと胸におちました。「慈悲の冥想フルバージョン」から学ぶことは、まだまだ尽きそうもありません。ご指導ありがとうございました。
kempsford
2016/12/23 10:31
おはようございます。
「苦しむ世界で苦しみがなく」。ありがたい教えです。幸福への道筋が示されています。スマナサーラ長老の深い慈愛を感じます。慈悲の冥想は、私たち自身の幸福のために唱えているのだ、という点について、平易に説かれたお言葉が、パティパダー2004年3月号に掲載されていました。…「慈悲の冥想は、自分の為にやってるんです。『嫌いな人々も幸せでありますように』と念じることが、自分のためになるんです。慈悲の冥想をして幸せになるのは誰ですか。自分なんです」。「『私が念じた。世界は幸福になった』なんてことはあり得ない。ほんとうの結果は、『自分が善い人間になってしまった』ことです。…「慈悲の冥想フルバージョン」を唱えることによって、こういった「そもそもの原点」に立ち戻ることができます。その結果、いつの間にか、勝手な我流になっていた己の姿に気付くことができます。ご指導ありがとうございました。
kempsford
2016/12/23 10:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
釈迦牟尼仏陀の世界(慈悲の実践フルバージョン)を唱えよう。2016.12.22.(木) ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる