ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS この世に「最高」ということが存在するのか?

<<   作成日時 : 2017/03/21 04:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.3.21.)
ダンマパダ184偈に「ニルヴァーナは最高のものである」と述べられています。ですから、「最高」ということがあるのでしょうが、それがなぜかSRKWブッダの理法から学んで学びましょう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou066.htm

(以下引用)
【最高】
正法が記された<経典>に限らず、もろもろの如来が説く理法の言葉に限らず、善知識がまさしく発したその言葉(=法の句)に限らず、特定の何かを最高であると見なし固執して、自分ならざる何かに依拠するならば、少なくともそのままにおいてかれ(彼女)が覚りの境地に至ることはあり得ないこととなる。

しかしながら、この世に最高ということが存在しないのではない。なぜならば、智慧に生きることが最高であると知る人は知っているからである。そして、人はこの最高のものをこそ求めるべきなのである。

ところで、(諸仏の)智慧によってもたらされる不滅の安穏(=ニルヴァーナ)はなぜ最高であると知られるのであろうか。それは、ニルヴァーナが一切と争うことが無い境地であり、一切について迷い無き境地であり、一切の苦悩を滅した境地であり、一度そこに至ったならばそのやすらぎが失われることが無く、またいかなる人をもそのやすらぎを奪い取ることができないゆえに、まさにそれゆえにニルヴァーナは最高であると知られるのである。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
スッタニパータ第4八つの詩句の章の5「最上についての八つの詩句」の始めの796偈は次のように述べられています。
「世間では、人は諸々の見解のうちで勝れているとみなす見解を『最上のもの』であると考えて、それよりも他の見解はすべて『つまらないものである』と説く。それ故にかれは諸々の論争を超えることがない。」

つまり、何かを「最上(最高)」と考えると、論争が起こるというのです。ですから、ニルヴァーナ(涅槃)以外を最高と思わないようにした方がよいことだと思います。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この世に「最高」ということが存在するのか? ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる