ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「理解力」について(定石(セオリー)は覚えて忘れろ!)

<<   作成日時 : 2017/03/08 04:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.3.8.)
覚りの境地に至る修行において必要な「理解力」と「定石(セオリー)は覚えて忘れろ!」とどのような関係にあるのかSRKWブッダに聞いてみよう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou055.htm

(以下引用)
【理解力】
覚りの境地に至るこの一なる道におけることは、すべて後づけで理解される性質のものである。それゆえに、それが仏教に関するどのようなことがらであろうと、少なくとも言葉で記述できるような何かを、発心や覚りに先んじて理解しておかなければならないということは一切ないことである。この意味において、覚りの境地に至ることにおいて(少なくとも世間的な意味での)特別な理解力などは必要無いことであると言えるのである。

覚りの境地に至る道のそれぞれの局面においては、その人がそれまでに何を学んだかが問われるのではなく、今現在その人が何を身につけているかが問われる。しかも、解脱は、そのような聡明な人が一旦身につけたと思い為しているいろいろなものを最終的には正しく捨て去ったところで起こることである。それは例えば、何かを修得することにおいて、「定石(セオリー)は覚えて忘れろ!」と言われることと同様である。

ところで、覚りの境地に至る道においては「理解力は不要である」と言うと、ある人は虚無論に陥り、またある人は不可知論に陥ってしまうかも知れない。しかしながら、覚りの境地に至ることを目指す人は、これらが極論に過ぎず、これらの極論を捨て去ったところに正しい理解を生じるのであるということを知らねばならない。 そして、ただ(諸仏の)教えを聞こうと熱望し、精励すべきである。

そのようであってこそ、覚りは人の身に体現されるのである。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
「理解力は不要である」は分かり難いのですが、「知識は不要である」は本当のことだと思います。知識はこだわりになり、それが覚りの障害になるのでしょう。それが(特定な)理解力についても言えるのだろうと思います。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「理解力」について(定石(セオリー)は覚えて忘れろ!) ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる