ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 経典を縁として覚りの境地に近づき至ることがある

<<   作成日時 : 2017/04/15 04:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.4.15.)
初期仏教の経典であろうが大乗仏教の経典であろうが正法の書かれている本物の経典であれば、読誦して我がものとするならば、その経典を縁にして悟りの境地に近づき至ることがある。それをSRKWブッダの理法で知った。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou085.htm

(以下引用)
【経典に縁るということ】

人は、いかなる経典を読誦し思い思いに習学したとても、そのことによって直接に覚りの境地に至ることはあり得ない。しかしながら、もし人が経典を読誦して、その読誦した経典を我がものとするならば、かれは経典を縁として覚りの境地に近づき至るのである。

すなわち、もし人が、自らに縁があると信じるところの(紙に書かれ)文字で記された経典を、読誦し、能く習学するならば、かれがその経典に書かれていることと同じ事態に遭遇したとき、かれはその完全な解決策を(紙に書かれ)文字で記されたその経典に依って得て、心を安んじることができるであろう。それは、一定の利益(りやく)と功徳を得たのであると認められることがらである。

そしてまた、人が自らに縁があると信じるところの(紙に書かれ)文字で記された経典を、読誦し、能く習学して、以てそれを我がものとしたならば、かれが経典のどこにも記されていない、それどころか世に存する万巻の書物の内容やさまざまな経験話のどれとも適合しない、かれ自身生まれて初めて遭遇する<一大事>に出会ったとき、かれはその真実の答えを見い出すことができると期待されるのである。 けだし、かれはその解決策を(紙に書かれ)文字で記された経典に依って得ることを敢えて諦め、いかようにも文字で記されていないこころの深奥に受持したその経典に依って見い出すからであり、かれ自身それをまさしくそのように為し得たならば、かれはついに諸仏の智慧を知ったのである。かれは、時を経ず、ただちに覚りの境地に至るであろう。それは、経典に縁ってもたらされる利益(りやく)と功徳の最高のことがらである。

実にこれらのことが、こころある人が経典を信じ、読み、理解し、受持し、しかもそれらを超えて最上の利益(りやく)と無上の功徳とを得るありさまの全貌である。聡明な人は、経典を読誦して、枝葉末節はいざ知らず、経典の真髄をこそ我がものとする人であれ。それでこそ諸の経典は、経典としての役目を果たしたと言えるからである。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
この理法を読んだだけで、理解できないかもしれないが、経典には不思議な力があり、意味が分からなくとも、
その人に縁のある経典であるならば、覚りの境地に導くものであると言われる。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
経典を縁として覚りの境地に近づき至ることがある ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる