ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 少なくとも...(この言葉を聞いたのであるから)

<<   作成日時 : 2017/04/17 04:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.4.17.)
私は「”少なくとも...”」の理法を読んで、解説の内容とタイトルが結び付かなかったのです。解説の内容は私には「ぴったり」であったのです。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou087.htm


(以下引用)
【”少なくとも...”】

実に尊敬さるべき人は、ことに臨んで次のように思う。

”少なくとも...”

かれは、些細なもの、微妙なるものの中にこそ示現するその真実(=真理)を決して軽んじないという稀有なる行為を為し遂げたのであり、同時に大いなる果報の顕れを見、量り知れないほどの功徳を得たのである。けだし、苦の真実も、苦の原因も、覚りの因縁も、覚りの境地に向かう道の道すがらにおける種々さまざまなことがらも、実は些細なもの、微妙なるものに縁って起こるものであるからである。それゆえに、些細なものを完全に(つまり絶対量の大小・多寡では無く、100%という意味で)理解したならば、この世のすべてを理解することになる。

人が、それをまさしくそのように為し遂げた瞬間に、かれ(彼女)のあらゆる苦悩は終滅する。この厳然たる事実が、微妙なる法(ダルマ)の実在とその威力を示す証左に他ならない。


[補足説明]
人が、ある一つのことを完全に(つまり絶対量の大小・多寡では無く、100%という意味で)理解したとき、実際にはそれだけでなく、それにまつわる無限のことを完全に理解することになる。それは、例えば、無数にある赤色のどれでもよい、唯一つの赤色を完全に(つまり絶対量の大小・多寡では無く、100%という意味で)理解した人は、この世に存する無限の赤色を残らずそれがそうだと理解することを得るのと同様である。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
始めに述べましたように、私には理法の内容とタイトルが結び付かなかったので、SRKWブッダ様に質問しました。そのお答えは、私の理解したところでは、例えば論語に「朝に道を聞けば、夕に死すとも可なり。」という言葉がありますが、これをSRKWブッダ流に解釈すると、「朝に法の句(解脱の智慧)を聞けば、解脱して、修行は完成する」ということになります。この理法は法の句についての説明になります。
ここで注意しなければならないことは、「夕に死すとも可なり」というと、壮絶なイメージがありますが、法の句を法の句として聞ける人は功徳を積み、因縁によって聞けるのでありますから、壮絶なものではなく穏やかなものであるということです。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少なくとも...(この言葉を聞いたのであるから) ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる