ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真実ならざる断定」を捨て、「虚妄ならざる縁起」によって妄執を超えよ

<<   作成日時 : 2017/04/21 04:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.4.21.)
世人は、世間のうちに迷っている。しかし、人は覚りの境地に至る前に、一体どのようにして真実を知り得るのであろうか? SRKWブッダのこれに関する理法を引用します。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou091.htm

(以下引用)
【真実ならざる断定と虚妄ならざる縁起】

世人は、世の中において感受される物質的な存在についての生起と消滅の様子を見て(形而上学的な)断定を下し、世間のうちに迷っている。 もし人が、種々の断定にこだわるならば、かれがそのままの状態において覚りの境地に至ることはとてもあり得ないこととなる。なんとなれば、一切世間において観察されるあらゆる生滅現象とそれによって世人が抱く種々の断定は、すべてが、人をして覚りの境地に至らしめることについての真実(すなわち縁起の法)に似て非なるものであるからである。

しかし、それだけであるならば、人は一体どのようにして真実を知り得るのであろうか? もろもろの如来は、人は覚り以前においても真実を微かなりとも覚知しその真相を察知することができると説くのであるが...。

この尤もな問いには、次のように答えなければならない。

・人は、自らの明知によって真実を覚知するのである。
・人は、自ら疑惑を超えて、やすらぎ(=ニルヴァーナ)の虚妄ならざることを察知するのである。
・人が、まさしくそのようにして真実を真実に知ることそれ自体が法(ダルマ)の現れに他ならない。

たとえば、錯覚図形を見て錯覚に陥った人が、その錯覚図形が錯覚図形に他ならないと知って、その錯覚図形によってまさしく錯覚陥っていたと正しく認知するようなものである。(もちろん、錯覚そのものはそのまま認識され続けるのではあるが、かれにとってそれが錯覚であることは了知されるところのものとなったのである。)

こころある人は、未だ真実の真相を知らぬといえども、このように聞き知った上はそれがそうであるのだと領解せよ。根本の疑惑を去って正しからざる種々の断定を捨て、虚妄ならざる縁起によって超え難き妄執を超えよ。 そのとき、縁起の法は我が身に体現されてその真実が明らかとなるのである。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
この理法は、覚りの境地に至ってない人が、如何にして真実を知ることができるかということを説いているのです。ここでは錯覚図形のたとえで説明されていますが、人間は地球の自転や公転は地球上では感じられませんが、現代人はそれを理解しているようなことではないかと思います。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「真実ならざる断定」を捨て、「虚妄ならざる縁起」によって妄執を超えよ ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる