ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 非難と批判とを超えて(何も言わなければよいという訳ではない)

<<   作成日時 : 2017/04/04 04:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.4.4.)
他人を非難したり、批判したりすれば、対立ができる。対立すると心が乱れる。そのために、対立を避けて、黙っていればよいかと言えば、そうではないだろう。SRKWブッダの理法を学んでみよう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou076.htm


(以下引用)
【非難と批判とを超えて】

それがあからさまなものであろうと、暗に示唆したものであろうと、ある人が他の人に向けて発した非難は、非難を呼ぶにとどまる。そして、そのような非難の渦中において、人をして覚りの境地にいざなう法の句が現れ出ることはついに無い。

また、 それがあからさまなものであろうと、暗に示唆したものであろうと、ある人が他の人に向けて発した批判は、まとを得た批判、あるいはそれとは論旨を別とする批判を呼ぶにとどまる。そして、それらの批判の渦中において、人をして覚りの境地にいざなう法の句が現れ出ることもついに無い。

しかしながら、人が真実苦(煩悩苦)を縁として他の人に向けて非難では無い非難を発し、あるいは人が煩悩にもとづいて他の人に対して批判では無い批判を行うとき、明確にそれに応えての事では無いが、しかし(人智を超えて)まさに的確にそれに応えるようにして発せられる言葉として、法の句(ダルマ)が世に現れ出ることはあるのである。そのとき、当事者は、二人して互いに間違いなく善き友なのである。それは、知る人から見れば、まさしく因縁にもとづいて生じたことなのであると諒解されることになる。

それゆえに、覚りの境地に至ることを目指す人は、ことに臨んで自分ならざる何かに突き動かされて非難や批判を行ってはならない。しかしながら、自らの言動が悪しき非難・悪しき批判に堕することをおそれる余り、その心理的反動として目の前の大事に口をつぐんではならないのである。それは、本末転倒のことであるからである。

こころある人は、このようにして非難と批判とを超克し、真実に到達せよ。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
黙っていればよいというならば簡単ではないが、できると思う。しかし、目前の大事なことに対して、何かを述べることは難しい。上手くできるか分からないが、相手に対して差別のない心と慈悲の心を持って、一言述べてみよう。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
非難と批判とを超えて(何も言わなければよいという訳ではない) ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる