ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 懺悔は本人に意識されることなく為し遂げられるもの

<<   作成日時 : 2017/04/06 04:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.4.6.)
前回、過失について学びましたから、今回は過失にたいするSRKWブッダの「懺悔」の理法を学ばなければならないでしょう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou077_sub.htm


(以下引用)
【懺悔】
他の人の過失はいざ知らず、他ならぬ自分が為した行為の過ち(=根本的・根元的な勘違い)を知り、死ぬまで同じ過ちを犯さないと自らこころに誓うならば、かれは迷妄を離れて正しい道を見いだしたのである。かれは、ついに悪をとどめて妄執を断ち切り、世の一切から解脱するに至るであろう。

この懺悔は、当の本人には意識されることなく為し遂げられるものである。したがって、人があからさまな懺悔を為したとしても、それは懺悔とは言えないものである。懺悔した気になっているのは本人だけであり、単なる思い込みに過ぎない。それは、自分の歩み道も他の人の歩む道も、浄めることはないからである。

実のところ、懺悔に限らず世の真実の行為はすべからく自ら意識することなくして全うされ、事後にその真実のありようが知られるところとなるものである。たといそれが人知れず為し遂げられたものであるとしても、多くの人に目撃されつつ為されたものであるとしても、浄められたというその事実だけが懺悔の確かな存在を示唆することになる。耳聡き人は、その(事後の)静けさの中に確かな懺悔の声を聞き分けて、自らも懺悔を為し遂げるであろう。

それゆえに、明知の人は、いたずらにときを待つことなく今まさに懺悔して、自ら歩むその道を自分自身によって浄めかし。

[補足説明]
六祖慧能は、<懺悔>について次のように述べています。

○懺とは死ぬまで犯さぬこと、悔とはこれまでの過ちを知ることである。(六祖壇教)

[補足説明(2)]
懺悔し終わった人とは、すなわち「発心」した人に他ならない。
(以上引用)

注:「発心」については、次のアドレスの理法を参照して下さい。


※ワン爺のコメント
「懺悔」とは、なまやさしいものでないことが分かります。六祖恵能によれば「懺とは死ぬまで犯さぬこと、悔とはこれまでの過ちを知ることである。」ということでありますから、簡単にはできないことだとわかりました。しかも、「この懺悔は、当の本人には意識されることなく為し遂げられるものである。」ということですから、どうしてよいか分かりません。SRKWブッダのアドバイスは、発心することだと思いました。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
懺悔は本人に意識されることなく為し遂げられるもの ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる