ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 病いの克服と終滅

<<   作成日時 : 2017/05/13 04:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.5.13.)
「それが身体に関するものであろうと、心に関するものであろうと、あるいはまた自分では特定できない何かに関するものであろうと、人々(=衆生)は皆それぞれに病んでいるのである。」とSRKWブッダは言います。
ではどうするか?
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou110.htm


(以下引用)

【病いの克服と終滅】

それが身体に関するものであろうと、心に関するものであろうと、あるいはまた自分では特定できない何かに関するものであろうと、人々(=衆生)は皆それぞれに病んでいるのである。それゆえに、病いの苦しみを知る人は、他の人の病苦を見聞きしたのであるならば、その病いのもとのものについての考究はさておき、他人事ではないとこころに知って、兎にも角にもその人と、その人の病苦にまつわるいかなる人をも悲しませないようにと心がけ、慎しんで行為すべきである。

もしそのように心がけ、慎しんで行為する人があるならば、かれは必ずや善き友を得て、自ら抱える(三つの)毒を下すに至ることであろう。かれは、見かけの病苦を克服し、ついには病いのもとのものそのものをも終滅せしめるのである。けだし、善き友こそがこの世における最上の妙薬であるからである。

こころある人は、善き友を持ち、それにもまして自らが他の人の善き友たる人であれかし。

(以上引用)


※ワン爺のコメント
今回の「ワン爺の独り言」に述べた「ではどうするか?」の答えが「善き友を持ち、それにもまして自らが他の人の善き友になることです。」ということであることは思いもよらないことでした。

話しは変わりますが、維摩経の五章の維摩の言葉の「一切衆生が病んでいるので、その故に私も病むのです。もし一切衆生の病が滅びたならば、私の病も滅びるでしょう。」という言葉を今回の理法と共に考えたいと思いました。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病いの克服と終滅 ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる