ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「初心」忘るべからず

<<   作成日時 : 2017/05/04 04:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.5.4.)
「初心忘るべからず」と言葉がありますが、仏道においてもその通りです。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou102.htm

(以下引用)
【初心】

ある人が、自ら明晰であるにもかかわらず敢えて自分を初心者だと位置づけ、真実の教えを真実に聞こうと熱望して、つねに新鮮な気持ちで世間の出来事に対峙し、順逆の念を離れ、よく気をつけて、日々精進しているのであるならば、その人は実に気高く、美しく、輝いている。

そのような人が、覚りの境地に至ることをこころから望み、目指しているのであるならば、まさにそのような人こそ覚りの境地に至るべきであり、実際にも至るであろう。 なんとなれば、かれこそが発心している人であり、すでに発心している人が覚りの境地に至らないことなどあり得ないからである。

こころある人は、つねに初心にかえって精進する初心者であって、しかしそれゆえに道に熟達した覚りの道の達人であれ。

(以上引用)


※ワン爺のコメント
仏教における「初心」とは「発心」のことでしょう。
「発心」については、2017年1月29日の次のアドレスのブログ記事で引用しました。
http://76263383.at.webry.info/201701/article_29.html


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「初心」忘るべからず ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる