ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 習慣を離れる利益

<<   作成日時 : 2017/05/05 04:14   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ワン爺の独り言(2017.5.5.)
SRKWブッダは習慣を離れることは利益があると述べておられます。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou103.htm

(以下引用)

【習慣を離れる利益】

それがどのようなものであろうと、ひとが日々の生活の中ですでに習慣化したことがらを、自らの意志によってやめようと決意し実際にもそれをやめることができたならば、かれはきわめて困難なことを為し遂げた勇者なのである。

そして、習慣化したことは何であろうと、結局はこだわりであり執著であると自らさとってそれを捨て去ろうと考える人は、聡明な、明知ある人なのだと言ってよい。

さらに、我が身に染みついた忌むべきあるいは親しむべきさまざまな習慣や、厭うべきあるいは愛すべき種々の癖を自ら気づくたびに捨て去って、しかもそのことによって心の動揺をきたすことがなく、また虚無感にとらわれることもない人は、世間に汚れることのない人、愛執にうち勝った賢者であると知られるであろう。

そのようなすぐれた賢者が、他の人の振る舞いを見知って、かれらの習慣や癖のなかにひそむ煩悩の矢、すなわち執著のもとのものを如実に見たならば、かれは衆生のありさまをありのままに見たのであり、老いと死とを超えた人、すでに発心した聖者なのである。

覚りの境地に至ることを目指す人は、ことわりを知っていかなる習慣にも安住することなく、種々さまざまな癖に翻弄されることなく、それらをよく御し、超克し、それらにまつわる憂いをも捨て去って、為すべきことを為し遂げるべきである。

それを為し遂げたとき、世のならいが利益のない、まったくの虚妄であったと知ることになるのである。 そして、本来ひとがならうべき「それ」が何であるかを自ら知ることになるのである。それが、法(ダルマ)と名づけられるものなのである。

(以上引用)


※ワン爺のコメント
私は習慣には悪い習慣と良い習慣があり、悪い習慣をなくして、良い習慣を身につけるように考えていましたが、実は、習慣はそのようなものではなく、習慣には煩悩が潜んでいるということです。確かに習慣にはすくなくとも怠け心はあるようです。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
史上最高傑作『ゲンロン0』、読書家のワンギーサさんには特にオススメです。
社会的な問題から個人の実存の問題へという論理展開が見事で、仏教との親和性も高いと思います。
社会変革の為の怒りの思想(デモなど)とスピリチュアルな自己啓発ものという二極化してしまった今の人文書の棚に、本来あるべき哲学がはじめて示されたように思います。
ポンタ
2017/05/05 05:57
ワン爺先生こんにちは。久しくコメントいたします。
毎日楽しくブログ読んでます。日常の中でとても役に立っています。
 この毎日がいつもの毎日になっていることが習慣であり執着に
なっていますね。なにごとにもとらわれない心を目指したいと思います。
Ishi
2017/05/05 17:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
習慣を離れる利益 ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる