ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖求は恥ずかしいことではない

<<   作成日時 : 2017/07/23 10:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017年7月23日)
SRKWブッダは7月17日に次のように、ツイッターで次のように述べられました。「修行者にとって大事なことは、仏教の知識よりも聖求である。聖求あってこそ、修行者はまっすぐにニルヴァーナへと近づくからである。」そこで今回の理法を学んでみましょう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou170.htm


(以下引用)

【聖求は恥ずかしいことではない】

妄執を超えることは容易ではない。しかしながら、



 『妄執を超えることで、その道(=哀しみを知る道,=やさしい人たる道)を見つけたいと思う人』



は、ついに妄執を超えると期待され得る。なんとなれば、それは宝の在処を記した地図を手に入れたようなものだからである。聡明な人は、ついにその無上の宝(=覚り,=やさしい人たる境地)を我がものとするであろう。



解こうと思わなければ、知恵の輪が解けることはない。しかし、解こうと思ってはいても答えだけ得ればいいと言うのでは、知恵の輪に取り組んだとは言えない。それでは、知恵の輪を解いた感動を味わうことはできないからである。知恵の輪は、自力で解いてこそ感動を味わうことができ、そうであってこその知恵の輪である。(知恵の輪として完成する)



妄執を超えようと思わなければ、人が妄執を超えることはあり得ない。しかし、妄執を超えようとして手段を選ばず、ただ闇雲に突き進むならば、そもそも妄執を超える機縁そのものを生じるよすががない。覚りの道は、一なる答え(=善知識,=仏智)を得て、それと同時に〈特殊な感動〉を味わってこそ完成する道であるからである。気をつけて世を遍歴する人が、ついに妄執を超え、解脱を生じて円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至るのである。



たとえ正しい教えを聞き知って、聞き知ったことを頭で理解したとしても、怠けて実行しないならばそれを理解したとは言えない。 この上もなく正しい教えは、実行してこそこの上もなく正しい教えとして完成するのであるからである。たとえば、親が子に向けて発した躾の言葉が、子を正しく躾るに至って初めて完成するようなものである。



こころある人は、無上の宝の在処をこころに知って、それを真実に求める心を起こすべし。それ(=聖求)は、諸仏に称讃されることであって、何ら恥ずかしいことではないからである。





[補足説明]

 

→ 釈尊の聖求経(中阿含経)

【聖求経】



釈尊の原始経典(中阿含経-聖求経)には、次の言葉が見られる。



●「修行僧たちよ、何が”非聖求”であるか。修行僧たちよ、ここに一人の者がいて、みずから生けるものの存在にして生けるもののみを求め、自ら老いるものの存在にして老いるもののみを求め、みずから病むもの...みずから死ぬもの...みずから憂いるもの...みずから染汚せるものの存在にして染汚せるもののみを求める。
{これが”非聖求”である}」



「修行僧たちよ、何が”聖求”であるか。修行僧たちよ、ここに一人の者がいて、みずから生けるものの存在にして生けるものの過患を知り、無生・無上・安穏のニルヴァーナを求める。みずから老いるものの存在にして老いるものの過患を知り、不老・無上・安穏のニルヴァーナを求める。みずから病むものの存在にして...無病・無上・安穏のニルヴァーナを求める。みずから死ぬものの存在にして...不死・無上・安穏のニルヴァーナを求める。みずから憂いるものの存在にして...無憂・無上・安穏のニルヴァーナを求める。みずから染汚せるものの存在にして...無染汚・無上・安穏のニルヴァーナを求める。修行僧たちよ。これが”聖求”である。」


(以上引用)



*ワン爺のコメント
みずから妄執ある存在であると知り、その故にやさしい人になれなと知り、妄執を超えることで、真にやさしい人になろうとする人は聖求ある人というのだと思います。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖求は恥ずかしいことではない ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる