ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 諸仏の出現

<<   作成日時 : 2017/08/05 09:29   >>

トラックバック 0 / コメント 3

ワン爺の独り言(2017年8月5日)
「諸仏がこの世に出現したとき、それを正しく知る人があるならば、かれ(彼女)は直ちに解脱して円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至る。」これが正法です。これを教えるのが仏教です。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou182.htm



(以下引用)


【諸仏の出現】



諸仏がこの世に出現したとき、それを正しく知る人があるならば、かれ(彼女)は直ちに解脱して円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至る。これが、人の覚りの全貌であって例外はあり得ない。それゆえに、諸仏の出現を眼のあたりにした人は本当にしあわせな人である。



ところで、諸仏は世に稀有に出現するのであるが、しかしだからといって特別・特殊な処に出現するのではない。諸仏は、まるでありふれた状況下において出現するのである。それゆえに、諸仏の言葉(=法の句)を聞くことを願う人は、敢えて特別・特殊な処でそれを探し求めてはならない。元から親しい人、あるいは知り合ったばかりでも親しみの持てる人の語る真摯な言葉に耳を傾けるならば、彼ら(彼女ら)の口からその人が口にしたとはとても思えない稀有なる言葉を聞くことができるであろう。



いかにもありそうな処では見つからず、まさかの処で探し求めていたものが見つかる。世間においても、それはあることである。そして、稀有なる法(ダルマ,=諸仏)の出現もそのようである。



直観に頼って見い出そうとすることは見当違いだと主張しているのではない。しかし、直観に頼るようでは人の覚りは遠いこととなる。感覚を研ぎ澄ませることが無意味だと言うのではない。しかし、感覚作用に翻弄されるようでは諸仏にまみえることは難しい。



ただ、心構え正しくよく気をつけている人が、直観を超えた観を為し、感受作用を超えて得られるところの真実のすがたを真実に知り究めてさとったとき、まさしくさとり終わってついに苦悩から解脱するのである。そして、それは決して遠いところにあることではなく、人々の極身近な処において体現されることがらなのである。


(以上引用)



今回の理法には、関連する理法が付されています。それもここに引用しておきます。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou182_sub.htm


(以下引用)

【音声の形をとって現れる】



諸仏が世に出現するとき、それは音声の形をとって現れる。



その出現の真実の意味(すなわち正法が顕わになったこと)を明らかに知り、音声を発した善知識(=化身)の人智を超えた振る舞いをはっきりと見る人は、内も外もはっきりと見たのであり、実に音声に誘われることなく真理を体得する。



しかし、外見によってその人(善知識)を測り、音声によって何が起きたのかを尋ね求める人は、情に流されているのであり、あるいはまた物を欲しがるように仏を求めているのであって、諸仏の真実を知ることがない。



聡明な人は、音声の形をとって世に出現する諸仏のすがたを、真実に知る人となれ。そのすがたを如実に見たならば、解脱するからである。


(以上引用)



*ワン爺のコメント
「諸仏が世に出現するとき、それは音声の形をとって現れる。」ということは興味深いことですね。SRKWブッダ以外の諸仏はそこまでは述べられていないと思います。

この言葉によれば、「人の話をよく聞くことは大切だ。」とは、世間でも言われていることですが、覚りの境地を目指す人には必須のことですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
極めて困難。ハードルの高いお話ですね。
音声によって現れる諸仏は、しかし、言葉の表面上の意味で捉えては間違い、姿形で捉えても間違う。娑婆世界にはいかにも「それっぽい人たち」が溢れているわけですが、たぶん、そういう所に諸仏はあらわれない。探し求めてもならない。
只管に仏道に適った生き方をしつつ、いつも注意深く目覚めている時、極めて稀に感得できるかもしれない…。
あははは、ちょっと泣きそうなぐらいの難しさですね。
白ギツネ
2017/08/06 07:10
「法念とは、あらゆる衆生を成熟させるものとして、空性が現に学習され、有為の存在を浄化するものとして、無相が現に学習され、思いどおりに生をとりうるものとして無願が現に学習されていることです。(維摩経)」が参考になります。
Satya
2017/08/06 09:21
諸仏が滅多に現れないと法華経にもあります。だとしても会えるはずだし、会えるにちがいありません。
かっしー
2017/08/07 07:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
諸仏の出現 ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる