高貴な人は得難い

ダンマパダ 193

高貴な人は得難い
彼はどこにでも生まれる訳ではない
賢者が生まれた
その家は安楽を得る


*この詩から学ぶこと

 ある日、アーナンダ尊者は「ブッダのような尊い方はどのようなところで生まれるか?」と考えていたが、分からなかったので、ブッダにたずねた。ブッダは上の詩で答えた。
 「賢者が生まれたその家は安楽を得る」とあるが、実はその家だけが安楽を得るのではない。賢者=ブッダが生まれたことによって、すべての生命が安楽を得る条件ができたのだ。

 パーリ仏典の多くのお経の終わりに、決まり文句のように以下のように書かれている。
 「尊師よ、すばらしいことです。尊師よ、すばらしいことです。たとえば、尊師よ、倒れたものを起こすかのように、覆われたものを取り除くかのように、迷った者に道を教えるかのように、眼の見える者たちは、もろもろのものを見るであろうと、暗闇に燈火を掲げるかのように、尊師よ、まさにそのように、世尊は多くの方法で、法を説いてくださいました。」(片山良一先生訳)

 これは、単なる決まり文句なのではない。経典を勉強すればするほど、ブッダが生まれて、法を説いて下さった有り難さが分かるはずだ。もしそのように、思えてないのならば、せっかく人間に生まれたのにもったいない。今からでも遅くない。すぐ経典の勉強を始めるとよい。


~わたしは幸せでありますように~
~あなたが幸せでありますように~
~いきとし生ける生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

身の丈修行者
2015年02月11日 13:02
以前○○○人を集めれる講和者は凄い人だ、そんな人を目指すべき・・等と伺った事があります。
賢者でしたら人を集めて講演しなくても、その時々で接する人に温かい投げかけを下さり、大切な事に気づかせて下さったり・実践のアドバイスをくださるように思います。
その時に居る場所で今心が明るくなれるような、それが周囲に良い影響を与えるような、そんな生き方を目指したいです。

この記事へのトラックバック