執着は前にもなくて後にも中間にもない彼はバラモン

ダンマパダ 421


前にも、後にも、
中間にも何もない
何もない無執着な人
彼を私はバラモンと呼ぶ


○この詩から学ぶこと

 この詩によく似た詩があります。10月22日に記載したダンマパダ348番です。次に再記載します。

前を捨てよ、後を捨てよ
中間を捨てよ、彼岸に至って衆生は
あらゆることに心は解放されて
再び老死に近づかない

 348番の詩の前、後、中間の意味はそれぞれ過去の執着、未来の執着、現在の執着と解説しています。今回も同じです。それぞれの詳しい内容は、すでに説明しましたので、そちらを参照してください。 http://76263383.at.webry.info/200810/article_22.html

 前の詩は、「比丘の章」にあり、まだ執着がある比丘にたいするもので、「前を捨てよ、後を捨てよ、中間を捨てよ」と述べられていますが、今回の詩は「前にも、後にも、中間にも何もない」と執着を捨てたバラモンについてのものです。

 無執着という心境は、なかなか理解できないものですが、はじめは私たちは瞑想の中で感じることができると思います。心には昔からの癖がありますから、心が完全に変わることは大変ですが、一時的でも、瞑想の中でその心境を味わえれば、それを手がかりに心を変えることができると思います。その意味でも瞑想修行は大切です。


○執着は前にもなくて後にも中間にもない彼はバラモン


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

この記事へのコメント

2008年12月29日 06:00
ワンギーサさん、おはようございます。「無執着」という心境は冥想の中でも体験出来るのですか?それは知りませんでした。軽い眠気と禅定を誤解するがごとく誤解したくないので質問してみます。ただ、違う場合は先入観が入るので単純に「ノー」かヒント程度でお願いします。今後のためにも。自分でも体験してるのかが分からないのですか、しいて表現すれば「自我意識」が一時的に機能しなくなることならあります。慈悲の冥想でも似たことはあります。これが「無執着」の心境なのでしょうか?一例を示せば、「痛み」という後で、誰かが自分と接触しているのに気づく時などです。冥想会で混雑してる時は座っていると、人が接触するものです。ラベリングとは裏腹に心中「誰かが当たった。この場所は邪魔だろうか」と素早く思ったりします。でも自然とラベリングと心中が一致する時はあります。没我状態とでも言えましょうか。有難うございました。
2008年12月29日 06:34
ワンギーサさん、補足です。あと考えられるのは「理解」です。時間というのは妄想概念で、例えば時計の秒針にビタッと目の焦点を合わせていると「時間」という思いは生じません。少しでも焦点をずらすと「時間」の概念が生じます。「時間」という実体はない。例えば、このような理解によって、私は12時を回ったら明日、ということに対してのこだわりがなくなりました。これは「無執着」の疑似体験となるのでしょうか?有難うございました。
ワンギーサ
2008年12月29日 07:58
 新さん、おはようございます。妄想しなければ煩悩がなくなります。煩悩がなくなれば無執着の心境の筈です。しかし、それは体験したこのないので、私たちには感じられないないのです。頭で理解しようと思うとさらに分からないのです。瞑想して分からないと感じられる時がたぶん近いのではないでしょうか。林田先生が推薦された「FLOW]に その辺の感覚が述べられているので参考になると思います。もっとも経典には最終的には滅尽智が現れてはっきり分かると書いてあります。
 いろいろ書きましたが、以上のことをすべて無視してヴィパッサナーの基本に戻って、坦々と実践して下さい。私もそのつもりです。
2008年12月29日 08:12
ワンギーサさん、ご指導有難うございます。林田先生御推薦の本を参考にしてみます。また、冥想は「体験」したことに引っ掛からず、全てを放棄して実践してみます。有難うございました。
ツヨシ
2008年12月30日 03:45
ワンギーサさん、新さん、おはようございます。
「先ほどの話し方は、相手のためになっただろうか」と、過去に執着しますね。
身の丈修行者
2015年03月19日 07:47
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「一時的でも、瞑想の中でその心境を味わえれば、それを手がかりに心を変えることができると思います。その意味でも瞑想修行は大切です」心に響きました。
自分の価値観・考え方はなかなか変わらないと思いますので、冥想の実践でそれらを含め成長出来るように精進したいです。

この記事へのトラックバック