人のため自分の目的捨てるなよ 目的よく知り専心すべき

ダンマパダ 166

他人の目的が重大であっても
そのために自分の目的を捨ててはならない
自分の目的を熟知して
自分の目的に専心すべき


○この詩から学ぶこと

 今回の詩の、キーワードは「他人の目的」と「自分の目的」です。

 「他人の目的は何ですか?」 別の言葉で言えば、「何が他人の為になるのですか?」これは、本来、他人にはよく分からないのです。自分かってに、これが他人の為になると思っても、本当に他の人の為になるのか分かりません。他人は迷惑かもしれません。日本テーラワーダ仏教協会のホームページで、このテーマについてスマナサーラ長老が、この166番の詩に関する法話で詳しく述べておられます。是非お読み下さい。http://www.j-theravada.net/howa/howa81.html

 よく分からない「他人の目的のために」または、よく分かったとしても、自分の問題は自分の責任でおこなわなければならないのです。「他人の目的」のために、「自分の目的」を捨てて、目的の遂行を止めるべきではないと述べられています。

 ここで「自分の目的」について、少し検討したいと思います。「自分の目的」は「他人の目的」と違って、自分の目的だから、自分で分かるはずです。しかし、この詩では「自分の目的を熟知して」と書かれています。つまり、自分の目的であっても、自分がよく分かってないと書かれているのです。

 なぜでしょうか? 自分の目的であっても、自分の幸福になる目的とは限らないからです。すでに度々述べてきたように、私たちの考えることは、欲と怒りと無知に基づいているのです。例えば、金持ちになりたいという目的があります。この目的が自分の為になんるのでしょうか。この目標では自己破壊になる可能性があるのです。

 金持ちになりたいという目的に専心すべきなのでしょうか? これでは自分の本当の目的にはならないのです。ただ、金持ちになりたいという目的だけで行動すると、幸福にならずに不幸になるはずです。なぜならば、それは単に欲に基づく目的だから、悪行為です。悪行為をするものは不幸になるのが、仏教の教える法則だからです。

 結論を急ぎます。自分の真の目的は、心を育てることです。人格を向上させ、人間として成長することです。その方法は八正道を実践することです。これが真にその人を幸福にするからです。その目的を熟知して、その目的に専心すべきなのです。

○人のため自分の目的捨てるなよ 目的よく知り専心すべき

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年04月29日 05:33
三宝に帰依いたします。生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように。おはようございます。懺悔いたします。
2009年04月29日 05:36
この人のためになるだろうと思い、手を出します。「余計なことをしないで」と言われます。おせっかいです。あやまちです。ヴィパッサナーします。心を育てます。
2009年04月29日 05:50
ワンギーサさん、おはようございます。昨夜図書館に行って「中部経典」をいろいろ読みました。八正道などはもちろん出てきます。自分なりに感じた点が二つあります。ひとつは、欲、怒り、無知に基づく考えの行為の結果は「必ず不幸」になる。と本当に知ってるか?本心で納得してるか?という点。このうち、怒りと無知はすぐ分かります。欲については正直不十分でした。「欲」の心で何をやっても必ず「不幸」になることを経験と観察から完全に導き出したいと思います。もうひとつは、欲、怒り、無知を取り除くのに何故「八正道」なのか(他の選択肢はないのか)?という点。その輪郭は掴めましたが、これは実践しながら確かめたいと思います。例えば、怒りや無知の心で話せば「正語」はできません。全く正反対の結果になります(全く正反対というのがポイントだと思いました)。だから「正語」を実践すれば、必然的に怒りや無知の感情は制御されるはずです。一方、最近は輪廻の考えに対して否定的になってきました。しかし、ただまた生まれて死ぬのが面倒くさい。という程度もので輪廻に対する恐ろしさまでは実感してません。有難うございました。
2009年04月29日 06:15
ただあくまで輪廻があるとした場合です。人間に生まれて変わってもたた゛死ぬだけです。天界に生まれて、喜びしかなくても退屈そうです。餓鬼は苦しいので悲観主義者はいいかもしれませんが、ただの自意識過剰に思えます。輪廻自体に魅力はありません。
あっきん
2009年04月29日 07:59
おはようございます。
あっきん思考ーゴールデンウィークに16日も休みの人が
       いる。うらやましい~今日も仕事('~')
他人の思考 ーそんなに休みたくない。ヒマすぎ。
 心はわがままなので、何やっても文句が出てくる。
仕事より心の成長に重点をおく。このプログがあってよかった。
あっきん
2009年04月29日 08:01

読みにくい? ゴメンね。
まお
2009年04月29日 14:21
 生きとし生けるものが幸せでありますように。
身の丈修行者
2015年05月02日 12:41
「他人の目的はなんですか」との言葉は普段使わない気がしてインパクトがありました。
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「・・真の目的は、心を育てることです・・人間として成長することです・・八正道を実践することです。これが真にその人を幸福にする・・その目的を熟知して、その目的に専心すべき・・」心に響きます。
八正道を実践して参りたいです。

この記事へのトラックバック