奮起せよ放逸になるな実践すればこの世あの世で幸福になる

ダンマパダ 168、169

奮起せよ、放逸になるな
真理を実践せよ
真理の実践者は幸福である
この世でもあの世でも (168)

真理を実践せよ
不法を行うな
真理の実践者は幸福である
この世でもあの世でも (169)


○この詩から学ぶこと

 「真理を実践せよ」とありますが、これはかなり深い意味があるのだと思います。私たちは真理が分かっていないのですから、真理を実践できないのです。真理が分かった人は悟った人なのです。悟ってない人は真理が分かってないといわれるのです。そこで、真理を分かってない私はどのように真理を実践するのでしょう。これはかなり難しいのです。何度も述べましたが、私たちは欲と怒りと無知の感情の衝動で行動するのが習慣になっています。真理を実践するためには、習慣になっている行動パターンを変えなければなりません。習慣を変えるのは困難な課題なのです。

 従来の行動パターンを変えるという課題に挑戦すためには、奮起するする必要があります、そこで、ブッダは「奮起せよ」と私たちに呼びかけているのです。次に、「放逸になるな」です。怠けず、自分の行為に注意を向けて、不法を行わずに、真理を実践するように観察するのです。

 ブッダは実践すべき真理を「八正道」として私たちに教えておられます。真理を理解してない人の実践する「八正道」は始めは真理ではありませんが、実践を通じて、真理を理解した人、悟った人になり、真理である「八正道」を実践することになるのです。真理は言葉ではないのです。真理を理解した人が実践する「八正道」そのものが真理なのです。最後に紹介しようと思っているスマナサーラ長老の法話の最後に「考えると見解が生じ、実践すると真理を発見する」という言葉があります。「八正道」の実践で真理が発見できるのです。その時の「八正道の実践」が真理なのです。

 未完成の「八正道」でもそれを実践する人の人格は成長します。心は清らかになります。この実践者は充実感を感じ心は穏やかになり、この世で幸福になるのです。この実践は善い業となり、来世も幸福になることは間違いがないことなのです。

 この詩に関するスマナサーラ長老の法話が、日本テーラワーダ仏教協会のホームページにあります。先ほど引用した言葉もあります。是非お読み下さい。
http://www.j-theravada.net/howa/howa83.html

○奮起せよ放逸になるな実践すればこの世あの世で幸福になる

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年05月01日 04:44
三宝に帰依いたします。五戒を守ります。懺悔いたします。生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように。
2009年05月01日 04:59
ワンギーサさん、おはようございます。数あるダンマパダの一偈にしても、結果的にわかったつもりであることが多いものです。わかったつもりであったことを知るには実践で気づくことです。自分なりに理解して、どうしても釈然としないことはとりあえず放置しておく。ちなみに釈然としないとは、私の場合「そのことなついていかなる質問や反論を想定した場合、自分の理解に懸念が残る場合」です。戒を守り、慈悲の実践とウ゛ィパサナー実践によって、少しづつ行動パターンを変えて(変わって)いく。妄想癖から脱出することだと思います。すると少しづつ釈然としなかったことが釈然としてくる。しかし怠けが大敵です。有難うございました。
2009年05月01日 05:19
未完成です。聞かれたら、答えに迷います。答えたらら、困らせています。観察します。
2009年05月01日 05:21
おはようございます。
2009年05月01日 07:28
ツヨシさん、おはようございます。「心が支配者」「心が主」「だから心の汚れを取り除くのが一番」ということも、ダンマパダの解説を読んだりすると「そうかなるほど!」とわかったつもりになります。しかし、「体が健康なのがやはり一番だ。何より体が資本だよ」「お金を稼ぐことが生きる上で大切で幸せである。ほとんどの問題はお金で解決できる」「心ではなく脳細胞の指令で生きている」などの考えもあるかと思います。人に説得する。というより、果たして自分にそれを説得できるか?が大切のように思えます。それは実践で明らかになるのでしょう。少しづつ…少しづつ。
あっきん
2009年05月01日 07:54
おはようございます。
幸福とはなにか? 
よし! 奮起して辞書で調べてみよう。
みちたりて明るい事。これは無常だから、一時的な幸せの事かな。仏陀は真理を追究すると心が安らぎ解脱すると、世間でのレベルが違う訳だ。世間の価値観が間違いだらけで、それに載せられると不幸。私はゴミの人にならないよう気をつけます。
高橋優太
2009年05月01日 12:34
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
ワンギーサ先生へ。
メールの返信届きました。ありがとうございました。

今回の詩はすごく力強く感じました。ありがとうございました。生きとし生けるものが幸せでありますように。
身の丈修行者
2015年05月02日 12:58
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「真理は言葉ではない・・真理を理解した人が実践する「八正道」そのものが真理・・「考えると見解が生じ、実践すると真理を発見する」・・「八正道」の実践で真理が発見できるのです。その時の「八正道の実践」が真理・・」心に響きます。
あーじゃこーじゃ考えず、実践して参りたいです。

この記事へのトラックバック