この年の雨の季節はここに住む明日死ぬことを知らずに思う

ダンマパダ 286

雨期にはここで住もう
冬と夏はここで住もうと
愚か者は考える
死がせまっているのを知らないで


○この詩から学ぶこと

 この詩のできた因縁物語を、スマナサーラ長老の法話から以下に引用します。

 お釈迦様の時代、マハーダナという商人がいました。ベナレスから商品をもって舎衛城にきました。川が溢れて渡れなくなり、1週間もそのまま足止めを食らっていました。彼は商品をすべて売るまでは帰るちもりはなかった。計画を実行したかったのです。舎衛城に入って、店を開いている彼を見た釈尊が微笑みました。アーナンダ尊者に、このように言いました。「アーナンダ、あの商人がみえますか。彼は商品をすべて売って帰るつもりです。しかし、彼の寿命は尽きている。彼が自分にとって何かしたいならば、今日一日のうちに、行うべきです。彼にとって唯一有意義なことは、気づきを実践してこころを清らかにすることです。」アーナンダ尊者はその旨を彼に伝えました。彼はこわくなりました。商売をたちまち止めて、7日間かけてお布施をしました。釈尊の説法を聞いて、悟りに達しました。そうして彼は7日目になくなりました。」  

 彼はなくなる時は愚か者ではなかったのです。

 人間は、いつ死ぬか分からないのです。そのような人間の生き方は、前回の「この詩から学ぶこと」で引用しました「日々是好日」経(日常読誦経典 P84)にあるように生きるべきなのです。重複しますが、前半を引用します。

過去を追いゆくことなく、また未来を願いゆくことなし
過去はすでに過ぎ去りしもの、未来は未だ来ぬゆえに
現に存在している現象を、その場その場で観察し、
揺らぐことなく動じることなく、智者はそを修するがよい
・・・・・

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200809/article_7.html
 雨期にはここに冬と夏にはここに住めると考える

○この詩に関するスマナサーラ長老の法話

計画的に生きる ~理性があるなら捨てられる計画を立てる~

1.計画なしに生きていられない。
2.原因究明できる人に計画を立てられる。
3.計画通りに成功するという保証はない。
4.的中した生き方には日々の成功を目指すしかない。

 パティパダー(2009年3月号)の「今月の巻頭法話」に掲載されています。残念ながら、まだ日本テーラワーダ仏教協会HPにはまだアップされてません。ですから、該当するパティパダーをお持ちでない方のために、スマナサーラ長老がまとめたポイントを列挙しておきました。

○少しでもブッダの肉声に近づくために(カタカナを3回音読して下さい。)

イダ ワッサン ワスィッサーミ
Idha   vassaṃ  vasissāmi,
ここで 雨期を  過ごそう
イダ  ヘーマンタギンヒス
idha   hemantagimhisu;
ここで 冬期 夏期において    
イティ バーロー ヴィチンテーティ
Iti    bālo     vicinteti,
と   愚か者   考える
アンタラーヤン ナ ブッジャティ
antarāyaṃ     na  bujjhati.
(命の)難事を ない 理解する

○この年の雨の季節はここに住む明日死ぬことを知らずに思う

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年07月20日 05:39
ワンギーサさん、おはようございます。どんな理屈か忘れましたが、人類滅亡の日が確定されると貨幣価値がゼロになり、経済活動がストップする、という話を昔の本で読んだ記憶があります。要は人間の経済活動は今日の因縁物語の商人のように「死なない」ことを前提として成り立っているということです。しかし、その価値観だと「死」は不幸になります。私自身そういう文化で育ってきましたが、最近読んだホスピス医の著書に次のような趣旨のことが書かれてました。「あなたの命は半年しかない。という設定状況を専門用語で非日常。あと何年も生きている。という設定を日常。」これも因縁物語の商人と同一の価値観ですが、価値観がどうあれ「死」は事実として誰にも起こることです。「死」こそ非日常でなく日常です。死なない前提で生きることは不幸を招きます。有難うございました。
ツヨシ
2009年07月20日 06:00
 現に存在している現象をその場で、動じることなく揺らぐことなく、観察してみます。
髙橋優太
2009年07月20日 10:22
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
過去に後悔しません。未来の心配も止めます。今やるべきことをしっかり充実させます。一切の過ちを懺悔いたします。生きとし生けるものに悟りの光が現れますように。
身の丈修行者
2015年05月31日 07:16
日々是好日経、とても学びになると感じています。
今・ここをあるがままにサティ出来るように、そして無常・苦・無我が智慧で分かるように精進したいです。

この記事へのトラックバック