善人は遠くからでもよく見える近くいても悪人見えぬ

ダンマパダ 304

遠くにいても善人は輝いて見える
ヒマラヤ山のように
近くにいても悪人は見えない
夜中に放たれた矢のように


○この詩から学ぶこと

 この詩の意味は、「善人は輝いているので、遠くのヒマラヤのようによく見える。しかし、悪人は行為を隠しているので、近くにいても、夜中に放たれた矢のようによく見えない」というものです。真実の世界ではその通りだと思います。眼が曇ってない人にはそのように見えるのです。

 しかし、私たちの世界ではどうでしょうか。よく見える(人気のある)人々は、名声があるか、富があるか、才能があるか、容姿が優れている人々です。逆によく見えない(人気のない)人々は、無名な人、貧しい人、才能がない人、容姿が優れてない人なのです。この基準は善人か悪人ではないのです。

 釈尊には、善人がよく見えるのです。悪人はよく見えません。善人に関心があって、善人を涅槃に導こうと思われていたからです。その意味で悪人には関心はなかったのです。私たちが善人がよく見えて、悪人はよく見えないという状態でないのならば、私たちが、善人、悪人に関心がないのです。

 自分のよく見える人がどのような人か知れば、自分の関心がどこにあるか分かります。例えば、お金持ちがよく見える人は、お金儲けに関心があるのです。華やかな芸能人に興味があれば、華やかな生活に興味があるのです。スポーツ選手が輝いて見えれば、スポーツの世界に興味があるのでしょう。または、ある学問の世界の有名人に興味があれば、その学問に興味があるのです。そのような人々は、善人であるか悪人であるかどうでもいいのです。

 しかし、人々が幸福になるか、不幸になるかは、善人であるか、悪人であるかで決まるのです。ですから、私たちは善人に関心を持った方がよいのです。そして最大の善人は釈尊なのです。私たちは、常に釈尊に関心を向けた方がいいのです。そして釈尊が輝いて見えるようになったら最高です。

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200809/article_22.html
 遠くにいても善人見える近くにいても見えぬ悪人

○少しでもブッダの肉声に近づくために(カタカナを3回音読して下さい。)

ドゥーレー サントー パカーセンティ
Dūre     santo    pakāsenti,
遠くで   善人は   見える(輝く)
ヒマワントーワ   パッバトー
himavantova     pabbato;
ヒマラヤのように   山々
アサンテッタ   ナ  ディッサンティ
Asantettha     na   dissanti,
不善人はここで ない 見える
ラッティン キッター ヤター サラー
rattiṃ    khittā    yathā  sarā.
夜に    放たれた ように 矢の

○善人は遠くからでもよく見える近くいても悪人見えぬ

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

髙橋優太
2009年07月31日 23:02
ワンギーサ先生、皆様、こんばんは。今日、嘘をつきました。その時は怠けがあり、その言い訳として嘘をつきました。嘘をつかないために、怠けをなくして嘘をつかなくてもよい状況をつくるよう励むのも大事なことだと思いました。お釈迦様は今日の詩のように「近くにいても悪人は見えない」と仰っているので、仏教を勉強させていただく以上、かっこ悪いことをするのはよそう。と思いました。五戒を守ります。三宝に帰依いたします。一切の過ちを懺悔いたします。生きとし生けるものが幸せでありますように。
2009年08月01日 06:29
ワンギーサさん、おはようございます。二つ注意したいと思いました。ひとつは、凡夫のあいだでは「善きところもあれば悪いところもある」ので、なるべく善きところに目を向けながら接することです。仏教を勉強すると自他の不完全さや偽善がわかり、「真の善人」はなかなかいないのに気づくからです。つまり「全員悪人だらけだ」と自分が高慢にならないことです。またもうひとつは、「善悪の基準」を「自分の好き嫌い」にしないことです。一応、道徳(五戒)を守っていれば、好き嫌いを越えて、あくまで自分にとっての「善人」といってよさそうですが、それとて完全な「善人」ではありません。人は時として意外な側面を見せる時があるからです。裏表は誰にでもあります。それを「好き嫌い」で盲目的に決めつけないことです。やはり、お釈迦様を善友にするしかないでしょう。そのことは、同時に善友、善人とは何かの指針にもなるからです。有難うございました。
ツヨシ
2009年08月02日 18:58
ワンギーサさん、こんばんは。
釈尊に関心を向けてみます。
身の丈修行者
2015年06月04日 06:20
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「私たちは善人に関心を持った方がよい・・最大の善人は釈尊・・常に釈尊に関心を向けた方がいい・・そして釈尊が輝いて見えるようになったら最高です」心に響きます。
自分を見てみましたが、釈尊を尊敬する気持ちはあります。輝いているか?と思った事はなかったですが、光をともして下さっていると感じています。
今後も学ばせて頂きます。

この記事へのトラックバック