121.122.悪の結果は私には来ないだろうと悪行を軽視してはいけない

ダンマパダ 第9 悪の章 121、122

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


「それは私に来ないだろう」と
悪を軽視するなかれ
水が滴り落ちることより
水の瓶も満ちてゆく
そのように愚者も少しずつ
悪を積んで満ちてゆく

「それは私に来ないだろう」と
善を軽視するなかれ
水が滴り落ちることより
水の瓶も満ちてゆく
そのように賢者も少しずつ
功徳を積んで満ちてゆく


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

悪の結果は私には来ないだろうと
悪行を軽視してはいけない
水滴の落下によって
水の瓶が満たされるように
少しずつ積み重なって
愚か者は悪に満たされる 

善の結果は私には来ないだろうと
善行を軽視してはいけない
水滴の落下によって
水の瓶が満たされるように
少しずつ積み重なって
賢者は善に満たされる


○子供のためのダンマパダ

ちりもつもれば山となる
小さなことを軽視せず
小さな悪いことをすぐやめなさい
大きな悪い結果になりますよ

ちりもつもれば山となる
小さなことを軽視せず
小さな良いことを繰り返し行いなさい
大きな良い結果になりますよ





○一口メモ

 世の中のすべての行為は小さなことではないでしょうか。ダンマパダの1番と2番で述べられているように、なにごとも心から始まります。その心は短時間で生まれて、一つの行為をし、短時間で消えると言われています。ですから心に作られた一つ一つの行為は小さなことではないでしょうか。しかし、その一つ一つの小さな行為の積み重ねは世界の大きな結果として現れているのです。その時の心が悪意であったら、その積み重ねは大きな悪い結果を作りだすことになるのでしょう。その代表例は戦争です。また、善意に基づく小さな行為の積み重ねは大きな善い結果を作り出しているのだと思います。平和も小さな善意に基づく行為の積み重ねが作りだすものでしょう。

 小さな行為を軽視せず、善い心で、一つ一つ大切に取り組む必要があります。瞑想はそのことをよく教えてくれます。歩く瞑想の一歩、一歩を妄想をしないで、よく観察する必要性がよく分かります。

 スマナサーラ長老のこの詩に関する説法「 小さな善行為が全ての始まり」を是非お読み下さい。

 また前回の「この詩から学ぶこと」を苦労して書いたことを思い出しました。興味のある方はご参照して下さい。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「ギネス記録症候群」 ~小さな善行為が全ての始まり~
http://www.j-theravada.net/howa/howa47.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

水滴が水瓶満たすそのように小さな悪行悪の山になる
http://76263383.at.webry.info/200903/article_25.html


○パーリ語原文

121.
マッパマンニェータ パーパッサ
Māppamaññetha   pāpassa,
なかれ 軽視する  悪を
ナ マンタン    アーガミッサティ
na  mantaṃ     āgamissati;
ない 私にそれは 来(ない)だろうと
ウダビンドゥニパーテーナ
Udabindunipātena,
水滴の落下によって
ウダクンボーピ プーラティ
udakumbhopi   pūrati;
水の瓶さえも   満たす
バーロー プーラティ パーパッサ
Bālo     pūrati     pāpassa,
愚者は  満たす    悪の
トーカン トーカンピ アーチナン
thokaṃ  thokampi   ācinaṃ.
少し   少しで    積み重ね

122.
マッパマンニェータ プンニャッサ
Māppamaññetha    puññassa,
なかれ 軽視する   善行を
ナ  マンタン   アーガミッサティ
na   mantaṃ    āgamissati;
ない 私にそれは 来(ない)だろうと
ウダビンドゥニパーテーナ
Udabindunipātena,
水滴の落下によって
ウダクンボーピ プーラティ
udakumbhopi   pūrati;
水の瓶さえも   満たす
ディーロー プーラティ プンニャッサ
Dhīro     pūrati     puññassa,
賢者は   満たす    福徳を
トーカン トーカンピ アーチナン
thokaṃ   thokampi  ācinaṃ.
少し     少しで  積み重ね


○詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

名古屋人
2010年02月01日 23:06
「塵も積もれば山となる」ように、小事を軽んぜずに注意深く行いなさい。と、受けとるのが常識的な解釈だと思いますが、逆に考えると、「悪」はともかくも、「功徳」を積むのも『少しずつ』行いなさいと言っているのではないですか。凡夫は、焦って「一気に」、「大量に」、「盛大に」、「一杯に」、「一度にたくさん」功徳を積もうとします。そのあたりへの戒めもあるのではないでしょうか。「アクラ餓鬼事」の例もありますから。
2010年02月02日 03:40
ワンギーサさん、おはようございます。「前回を見ては喜ぶ愚か者油断大敵神様気分」。この因縁物語~昨日は10万部を越えるベストセラー「怒らないこと」(サンガ新書)の講演会が三省堂書店神保町本店でありました。著者のアルボムッレ・スマナサーラ長老によるもので、非常に興味深く役立つ話でした。印象的なのが「危険な怒り」についてです。「自分が正しく相手が間違っている」と思うから「怒る」場合があるが、それ以上に危険なのが「全知全能気分」の、つまり「世の中に対し特別な相手がいない」場合だそうです。確かに、雨じゃないか!やれ寒い暑いぞ!電車に乗遅れた!ああエレベータが行っちゃった!等々、日常「神様気分」の時があります。解決策は「二コッと笑う、冗談を考える」ことだそうです。前回のコメントを読む限りは、クリア出来てそうなので嬉しいのですが、階段からいつコケるかもしれません(笑)。日常の一コマ一コマに「二コッと」しようという自戒を込めて短歌を作りました。有難うございました。
ワンギーサ
2010年02月02日 07:33
名古屋人さん、おはようございます。
そうですね。善いことも、一回にできることは、小さいことしかできないのです。大きいか、小さいかはそれの積み重ねということになりますね。
ワンギーサ
2010年02月02日 07:38
新さん、おはようございます。
久ぶりに、私も短歌を一首。
「なんごとも小さなことの積み重ね何を積むかはその人しだい」
今日も八王子の正山寺に行ってきます。
ぱん
2010年02月02日 10:17
おはようございます。ワンギーサさん、そういえば短歌をなさるのでしたね。前回のこの詩から学ぶことでは、皆さん、それぞれ短詩型文学の創作の試みがなさっているのは興味深いところです。ところで、一昨日、ゴータミー精舎青年交流会の食事の布施に参加させていただいたとき、芳賀(はが)さんという方が、チラシを配っていました。2月6日(土)夜9時30分からの「となりの子育て」(NHK教育)に少しだけ出演するので、よければ見てくださいということでした。芳賀さんはこの活動をボランティアでなさっているそうです。よければ皆さんもご覧になってください。こういう活動で小善を積み重ねている人には頭が下がります。私は、最近、ブッダの絵のようなイラストのようなものをブログに描いてます。http://blog.livedoor.jp/punditry/
おんがえし
2010年02月02日 11:11
 私は、前の投稿で、将棋を喩えにして、不注意に気づくということを述べました。
 妄想・思考に気づくことで、その妄想・思考が消えることをヴィパッサナーで体験された方も多いと思います。
 では、なぜ消えない妄想・思考があるのでしょうか?
 それは、不注意で、気づけているつもりで、気づけていないからではないかと私は思うのです。
 不注意に気づいていき、妄想・思考ループを次々にカットしていき、六根が六処に触れたところでストップして、捏造をせずにありのままにデータを見て真理を発見することが智慧ではないかと私は思うのです(「人生は美しく清らかに」サンガ144頁以下)。
こころざし
2015年08月13日 11:05
日々の努力の大切さを感じます。
悟りたいと願ってもおいそれと成就するものではないと思います。日々良いことを実行し・よくないことは止めて・・の積み重ねを実行していきたいです。
たか坊
2016年11月21日 21:10
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック