288.289.涅槃に至る道をすぐに清めるように

ダンマパダ 第20 道の章 288、289


ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

死魔に支配された者に
子らもまた父親も
親戚もまた救護とならず
親戚の中に救護なし

この道理をよく知って
賢者は戒をもって防御し
涅槃に到達する道を
ただ速やかに浄めるがよい


(片山一良先生 訳)


○日常語訳

死神に襲われた人を
子供も救えない
父や親族も救えない
親類縁者も救えないのだ

この道理を知って
賢者は戒により制御して
涅槃に至る八正道を
すぐに実践するように


○子供のためのダンマパダ

お父さんもお母さんも
死んだ子供は救えない
この事実を知って
いつ死んでもいいように
心をきれいにしておきましょう






○一口メモ

 前回の「この詩から学ぶこと」を再掲します。以下引用。

 この二つの詩のテーマである「死」をよく理解するために、非常に参考になるお経があります。それは、スッタニパータの「箭経」というお経です。(日本 テーラワーダ仏教協会「日常読誦経典」P53~59) 前回の「この詩から学ぶこと」では、その内容を「どどいつ」20句にまとめて掲載しましたが、今回 は短歌20首にまとめてみました。

1.兆しなく 知ることできず ここに死ぬ むなしく死んで 未練が残る

2.死を避ける 策はないので 老いを得て 死ぬは必定 不変の法則

3.よく熟れた 果実のごとく 地に落ちる 生まれたものは 死の恐怖ある

4.瀬戸物が 割れて壊れて 地に帰る 死ぬべきものも 地に帰るなり

5.若者も 老いたる者も 賢も愚も 死力に引かれ 究極は死す

6.死に敗れ 去り行く者を 父は子を 親族もまた 救うこと得ず

7.屠殺場に 引かれる牛の そのごとく 一人ひとりが 死に向かう

8.この真理 賢者は知って 生命の 老死について 嘆くことなし

9.生前も 死後の世界も 知らないで 両者を見ないで 無意味に嘆く

10.少しでも 身体損なう 嘆くこと 役立つならば 嘆くべきです

11.少しでも 嘆き悲しみ 役立たず 身体損ねて 苦悩が増える

12.嘆くなら 身体はやせて 色失せて 死者は戻らず 得るところなし

13.嘆くこと 捨てないならば 苦が増える 死者を嘆けば 嘆きに捕まる

14.人々は 自分の業に 従って 死んでいく よく見るように

15.人々の 結果は意図と 異なって 死んで行く よく見るように

16.人々は 百年以上 生きたとて 最後はわかれ 命を捨てる

17.それゆえに 阿羅漢に聞き 憂い捨て 帰らぬ人と 悲しみを去れ

18.たとえると 燃える家屋を 消すように 生じた憂い 捨て去るように

19.安らぎを 求めるならば 愛着と 苦しみの矢を 引き抜くように

20.苦しみの 矢を引き抜いて 憂いない 静寂を得た 阿羅漢となれ

以上引用。

289番の詩の「涅槃に到達する道をただ速やかに浄めるがよい」の意味は「涅槃に至る八正道をすぐに実践するように 」ということだと思います。老婆心で付け加えておきます。


この288番、289番を持って、「第20章 道の章」を終ります。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法

安全第一 ~保障がないと人生は心配~

1.生きるとははじめから危険な行為です。
2.世界には無数の保障があります。
3.世界の保障は「保障できない」という意味です。
4.死に至る人には何の保障もありません。
5.解脱こそ完全安全な境地です。

 パティパダー(2009年6月号)の「今月の巻頭法話」に掲載されています。残念ながら、まだ日本テーラワーダ仏教協会HPにはまだアップされてませ ん。ですから、該当するパティパダーをお持ちでない方のために、スマナサーラ長老がまとめたポイントを列挙しておきました。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*子も父も死神からは守れない親類縁者も守れないのだ
http://76263383.at.webry.info/200907/article_23.html

*子供も父も誰も救えぬ死のことわりを知りなさい
http://76263383.at.webry.info/200809/article_9.html
 

○パーリ語原文

ナ  サンティ プッター ターナーヤ
Na   santi   puttā    tāṇāya,
ない  ある  息子は  避難所に  
ナ  ピター ナーピ バンダワー
na   pitā   nāpi   bandhavā;
ない 父は  もない 親族も
アンタケーナーディパンナッサ
Antakenādhipannassa,
死神にとらえられた人には
ナッティ ニャーティース ターナター
natthi    ñātīsu       tāṇatā.
ない    親族において 避難所

エタマッタワサン ニャトゥワー
Etamatthavasaṃ  ñatvā,
この 道理を   知って
パンディトー スィーラサンヴトー
paṇḍito     sīlasaṃvuto;
賢者は   戒により 制御する
ニッバーナガマナン マッガン
Nibbānagamanaṃ   maggaṃ,
涅槃に 導く      道を
キッパメーワ  ヴィソーダイェー
khippameva   visodhaye.
直ぐに まさに 清めるように


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


================================

~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎「ダンマパダ268.269.沈黙するだけでは聖者ではない」に関連して、スマナサーラ長老の4月月例講演会(心のお喋りはエンドレス ブッダは沈黙の聖者です)についてお知らせいたしましたが、Holi様のブログhttp://hohi.sakura.ne.jp/blog/2010-05-09-1.html.erb
に詳しく紹介されています。是非こちらをお読み下さい。

◎スマナサーラ長老の4月月例講演会DVDが発売されました。
(心のお喋りはエンドレス ブッダは沈黙の聖者です)
DVD商品番号:V-204 頒価:2,100円(税込 送料無料「国内のみ」)
希望者は日本テーラワーダ仏教協会にて購入できます。


◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


この記事へのコメント

2010年06月02日 04:14
ワンギーサさん、おはようございます。


 前回の「箭経」の短歌シリーズは、その時ノートにすべて書き写してます。


 短歌というのは実に語呂がよく、とても覚えやすいと感じてます。特に、この短歌は多いに役立ちました。今後も参考にしたいと思います。


 「人生は短し脆しこの事実みんな学ぼうこの箭経を」


有難うございました。
あっきん
2010年06月02日 10:40
おはようございます。
切実に感じる詩です。
親も年をとり、援助はできても助けられません。
拠り所になるのは親戚、医者ですが。
私もいずれ、そうなるのだと感じています。
 道の章で段階的に解脱の道を淡々と説明していますが、内容は凄くドデカイことだと感じます。前回あまり、印象に残ってませでしたが。。心に響く章でした。
生きとし生けるものは幸せでありますように。
2010年06月02日 11:13
病気などで余命を宣告されない限り
ついつい先のこととおもいがちですが
死は必ず訪れます。そして
いざ死を迎える時は待ったなしですね。

先延ばしにすることなく
今から戒を守り
八正道を実践します。

>新さん

「人生は短し脆しこの事実
 みんな学ぼうこの箭経を」
すごくいいですね。^^

チューラパンタカ
2010年06月02日 20:40
いまだ八正道に行かず

五戒にて、誓願、懺悔の日々を送っております

善友のこころに出会え、お酒は、一週間くらいかな、気にすることなく、飲んでおりません、というかお酒の事忘れてます

ただこのさい、自分の勝手な解釈で、たばこも、誤解の一部にしてしまえと思い

やってるのですが、誓願、懺悔の日々です

幸せでありますように
チューラパンタカ
2010年06月02日 20:43
「ただこのさい、自分の勝手な解釈で、たばこも、誤解の一部にしてしまえと思い」と発言しましたが

誤解は間違いで、正解は五戒です

大変申し訳ありません

これでも心をこめて投稿しております

お許しくださいませ

こころざし
2015年09月25日 08:23
私観を恐縮です。先日埼玉で外国人に殺害された方の中で、小学生の娘二人と妻を殺された夫とその母の様子をニュースで知りました。(ニュースがそのまま正しいか分からない点もありますが)心情をお察し致しました。
私も小学生の子供を二人持つ身、仏教を学ばせて頂いているとはいえ同じ状況になったら・・と考えてしまいました→妄想していると気がつき、止めました。
死がどのような形で死が訪れてもよいように備えとして心を成長させて参りたいです。

この記事へのトラックバック