罪のない 清らかな子 いじめるならば 悪の結果は 己に戻る(125)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヨー    アッパドゥッタッサ  ナラッサ  ドゥッサティ
Yo       appaduṭṭhassa    narassa    dussati,
その人    悪意のない     人に    悪意を持つ

スッダッサ  ポーサッサ  アナンガナッサ
suddhassa posassa    anaṅgaṇassa;
清らかな   人を      汚れない

タメーワ    バーラン  パッチェーティ  パーパン
Tameva     bālaṃ     pacceti       pāpaṃ,
その まさに  愚者に    戻る       悪は

スクモー  ラジョー  パティワータンワ  キットー
sukhumo  rajo     paṭivātaṃva      khitto.
微細な   ちり     風に逆らって    投げられた


○直訳
悪意のない人に悪意を持つ
清らかな、汚れのない人を(汚す)その人は
まさにその愚か者に悪は戻る
風に逆らって投げられた微細な塵(のように)


○一口メモ
悪意のない人に悪意を持ち、清らかな汚れのない人を汚すならば、その悪行為の結果は、その悪行為をなした本人に戻ってくることを知るべきなのです。

その事実を知らない人が多すぎるのです。ですから平気で悪いことをする人がたくさんいます。悪行為は地獄に行くからやらないということでなく、生命への慈しみに反するからやるべきではありますが、地獄が怖くてやらないと言う面もあってもいいと思います。

最近、大きく報道されている「大津市いじめ自殺事件」などは、いじめた人々がどれだけ大きな悪業を作って、将来大変なこと(地獄で苦しむこと)になるかは、全然分かっていないと思います。このようなことは迷信だとか言う前に、学校教育でも教えるべきだと思います。現状の日本では学校教育で行うのは難しいのであれば、なんとかこのような情報を子供たちに伝えていきたいと思います。

「いじめ自殺事件」はすでに、何回も問題になっていますが、本当になにも改善されていません。これは、今日の日本人一人ひとりが心に持っている病根から来ているのではないかと思います。日本人が卑怯者になっているのです。私は自分の心を見て言っているのです。私はそうではないとは言いません。眼の前の悪に対して、眼をつぶり、自分を守っているからです。自分に火の粉が降りかからなければよいと逃げているのです。
 
誰か一人でもよい、いじめられている子供を、身を挺して守ったのでしょうか。一人でもいれば、その子は自殺をしなかったのではないかと思います。私は、それほど詳しくこの事件の情報を持っていませんから、間違った判断もあるかと思いますが、「あたかも母が、たった一人の我が子を、命がけで守るように、(慈経より)」その子を守る人がいたならば、その子は自殺をしなかったと思うのです。


「罪のない 清らかな子 いじめるならば 悪の結果は 己に戻る(125)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_28.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_4.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

たかし
2012年07月08日 06:39
初めてコメントします。
最近、このブログに巡り会い、毎日楽しく勉強させていただいています。先生がおっしゃるように心の病根から起こるいじめ、なかなかなくなりません。われわれは、いじめは子どもたちの中に少なからずあるものだ、と思うべきなのかもしれません。実際、私の子供の頃もそうでした。先日教えていただいたように、心が瞬時に変化することを信じて、子どもたちに善悪を正確に教えることこそ、本当に大切な教育だと思います。
子どもたちの生活が平穏で幸せな者になることを祈ります。


カエルくん
2012年07月08日 06:50
おはようございます。

子供のころから苛められやすいです。
友達のお母さんに、「やりかえさないからいけないのよ」とアドバイスされて、やりかえしてみたら、倍返しにされました(^^;

父も祖父も、代々苛められやすかったようなので、そういう気質を受け継いでしまったのだな、と思います。
やられてもやりかえさない、がモットーです。それも親から教わりました。「何故だか知らないけど、やりかえさないでいると、相手が自滅するんだ」と言うのです。
まさに、この詩のことを親から教わっていたのだなあ、と思います。

大人になっても苛められやすい私ですが、苛める人を観察すると、何だかとても苦しんでいる印象を受けます。
慈しみの心で接していると、早く和解できる気がします。

先生のおっしゃる通り、学校で、こういった因果法則を教えてくれるといいのにな、と思います。
苛められやすい子も、切り抜け方を覚える必要がありますよね。
noritarou
2012年07月08日 10:50
全ての子供は >罪のない清らかな子 ですね。
なので、いじめをすることは、自分で悪の結果を招いているだけなのですね。

・人類全員が幸福でない限り、自分も幸福になれない。
・自分が幸福になることで、人類の幸福に貢献する。
人間は、この二つの矛盾の中で生きているように思います。
私が、今回のニュースの当事者がいたような世界、環境、性格、親族、学校の中で生きていたら、私も同じような結果になっていたことでしょう。あらゆるニュースは心が引き起こしたもので、その心は確実に私にもあります。

ワンギーサ先生の仰るように、学校教育でも悪業について教えられるいいですね。日本でも、お寺が子供にとって、もっと身近になり、そういった禅寺や僧院での生活をもとにして、深く宗教的に自己に触れる機会を作れたらと思います。でも、日本のお寺にも、いじめのような問題があるかもしれませんが…
あすか
2012年07月08日 11:59
今日のテーマ思う所がありすぎ、
下書きが論文のように。ですので、
コメントはお休みしてもう少し考えます。

子供のうちからこういう話に触れる機会、
もっと増やしてあげられたらいいのですが。
知識ばかりでなく智慧も育んであげたい。
ちょっとだけ先に生まれてきた者として。
2012年07月08日 13:25
ワンギーサ師、こんにちは
今の日本を象徴するかのような悲しいニュースですね
私はいじめたことにもいじめられたことにも経験ががございます
ですの双方の気持ちもなんとなくわかる気がします
とりかえしのつかないことしてしまった私の過去ですが
現在はそれをを悔やみ、後悔するより積極的に善行に励むことでなんとか過去の悪行をはじき出せたらいいなという感に落ち着きました
その考えに間違えがあればご指摘をお願いいたします

またワンギーサ師、加害者になってしまった側が読み、実践すべき教えはダンマパダ173章でしょうか
とも
2012年07月08日 13:44
こんにちは
悲しい事件です。
弱い物をよってたかって攻撃する、周りの人は見て見ぬふり。現代日本人の悪いところです。
 その子に一人でも寄り添ってくれる人がいたならこうはならなかったと思います。
 善因善果、悪因悪果、出来るだけ小さいうちからたたき込むべきです。しかし多くの大人が真理を知らないのでどうしたものかと、、、昔話が良いかもしれません。
 私が考えるこの国の唯一の希望はテーラワーダ仏教が広まることだと思います。一人、善人が生まれると周りにも影響を与えるので周りの人も善くなります。そのように、善い輪を広げていくしか方法は無いと思います。
もし、テーラワーダ仏教を日本に根付かすことが出来たならば日本の歴史を振り返っても一番善い時代になると確信します。世界のお手本になれると思います。
 反対に根付かなかったら地獄のような国になるでしょう。私は在家ですが怠けず修業して少しでもこの教えを広めていく手助けが出来ればと考えています。
 スマナサーラ長老や小池龍之介氏の本が売れていることには少しほっとしています。
こころざし
2015年11月18日 07:14
現在もいじめによる自殺者は続いていて、残念に思います。
子供の頃、自分がいじめられないように誰かを標的にする姿勢があると知った時の事を、本文の「自分を守っている・・自分に火の粉が降りかからなければよいと逃げている」を拝見して思い出しました。
自分も相手も周囲も嬉しい、そんな生き方が出来る様に、そしていじめがあった時に逃げず善行為的な対応が出来る様に努めたいです。