何回も 生まれ変わって 苦しんだ なぜまた生まれ、苦しむのだろう(153)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アネーカジャーティサンサーラン
Anekajātisaṃsāraṃ ,
無数の生涯の輪廻を

サンダーウィッサン  アニッビサン
sandhāvissaṃ     anibbisaṃ;
流転した       見出すことなく

ガハカーラカン  ガウェーサントー
Gahakārakaṃ   gavesanto,
家の作者を    探し求めて

ドゥッカー  ジャーティ  プナップナン
dukkhā    jāti      punappunaṃ.
苦      生は     再三再四の


○直訳
無数の生涯の輪廻を流転した
家の作者を探し求めて
見出すことなく
再三再四の生は苦(である)



○一口メモ
この153番と明日掲載する予定の154番の詩は、ブッダが菩提樹の下で瞑想し、お悟りになった直後の感嘆の言葉と言われています。日本テーラワーダ仏教協会の日常読誦経典にも掲載され、たびたび唱えられる詩であります。

ブッダは悟られてすぐ、自分の過去は無数の輪廻を繰り返していたことが思いだされたのだと思います。そのそれぞれの生涯において、なぜ再生するのか探究していたのです。
再生すればその生涯が苦しいことだったからです。再生は苦しいことであったのに、なぜ再生するのか?それを探究していたのです。

実は、ブッダはすべての生命の苦しみの原因を突き止め、その原因をなくすことで、生命の苦しみをなくすために、王家を捨てて、出家し、修行の生活を始めたのです。

始めは、どんな苦行をする修行者よりも過酷な苦行を行い、例えば断食など、何度か死ぬ寸前までの修行を繰り返しました。最後に自分が苦行を体験して、苦行には意味がないことを悟り、苦行はやめました。もちろん、苦行の反対の快楽を求める道は始めから捨てていました。その結果、苦行でもない快楽でもない中道(両極端の真ん中の道という意味でなく、超越した道=八正道)を発見し、その道で悟りに達したのです。

すべての生命にとって生涯は苦しいものではありながら、輪廻する、すなわち再生するのはなぜか? それはブッダ自身の問題でもありました。ブッダ自身も苦しいものと分かりながらも、再生するこの原因は何かが問題でした。すべて生命とブッダの問題は共通の問題でした。

ブッダは29歳で出家して、6年間苦行を続け、最後に菩提樹の下で、「この問題を解決するまでは、死んでも座禅から立ち上がらない」と決心して座禅を始めました。一週間後、ブッダはこの問題を解決しました。すなわち、悟りを開いたのです。解脱して涅槃に達したのです。

この問題の答えは明日の154番の詩で述べることになります。

この詩では比喩で表現されていますが、「家」は身体のこと、「家の作者」は身体を再生させる原因です。


何回も 生まれ変わって 苦しんだ なぜまた生まれ、苦しむのだろう


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_18.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_25.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

noritarou
2012年08月02日 10:03
どれだけ言葉を尽くしても、どれだけ概念になじんでも、生滅変化させているそのものをありのままに見られない限り、苦しみはやってくるでしょう。
生きること、認識も含め一切は苦しみであり、その苦しみも生滅変化しており、認識する主体も無常であり、無我だという真理は、人類のよるべき真理、法でしょう。
ブッダの教えに帰依します。
あすか
2012年08月02日 16:27
いよいよ雨安居入りですね。
体の不具合は治らないこともありますが
心を善くするのは、いつからでも
どんな状態でもできます。
ありがたいことです。
折角の機会を無駄にしないよう、
苦しみの連鎖からぬけられるよう、
精進致します。
カエルくん
2012年08月02日 19:45
こんばんは。

この詩のパーリ語を音読すると、ブッダの歓喜が伝わってくるような気持がします。パーリ語は全然分からないのに、不思議ですね。
日常読誦経典を読んだり、CDで聞いたりすると、心が落ち着きます。これも考えたら不思議ですね。
意味が分からないまま読んでいる詩をこうして丁寧に解説していただけること、ありがたいです。
ありがとうございます。
こころざし
2015年11月26日 12:50
生まれ変わってまた人間に成れたとしても、その時々の環境は違っても内容は無明でそう変わらない印象を感じます。
そのような輪廻の輪から出れるように、悟れるように精進したいです。