釈尊が 生れたことは 幸せだ サンガは仲良く 修行をしよう(194)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

○子供のためのダンマパダ

ブッダが生まれてよかったな
ブッダの教えが聞けてよかったな
坊さんが仲のいいのはうれしいな
仲良く修行は楽しいな


○パーリ語原文と訳語

スコー  ブッダーナムッパードー
Sukho   buddhānamuppādo,
幸福   ブッダの出現は

スカー  サダンマデーサナー
sukhā   saddhammadesanā;
幸福   正法の説示は

スカー  サンガッサ  サーマッギー
Sukhā   saṅghassa   sāmaggī,
幸福   僧団の     和合

サマッガーナン  タポー  スコー
samaggānaṃ    tapo   sukho.
和合した     修行   幸福


○直訳
ブッダの出現は幸福
正法の説示は幸福
僧団の和合は幸福
和合した修行は幸福


○一口メモ
この詩の因縁物語は次の通りです。ある日500人の比丘が講堂で「この世の幸福は何か」について話し合っていました。ある人は「王位以上の幸福はない」と言いました。他の人は「愛欲以上の幸福はない」と言いました。また他の人は「米、肉などの食べ物以上の幸福はない」と言いました。その時、ブッダが現れ、その話を聞いて、「比丘たちよ、何を話しているのだ。それらの幸福は輪廻の苦しみである。ブッダがこの世に現れることが幸福なのです。そのためにブッダから正しい法、幸福になる道が聞くことできるので、それが幸福なのです。また、僧団が和合していることが幸福なのです。そうすれば、多くの人々がブッダの教えを聞くことでき、多くの人々を幸福に導くことができます。それが幸福なのです。そして、皆で仲良く修行することこれも幸福なことなのです。」と述べられ、この詩を唱えられました。

この詩の始めの二行については、182番、193番でも説明しました。後半の二行に説明を加えれば、僧団の和合と言うことは非常に大切なことです。これがないと、僧団は機能せず、いずれ崩壊してしまうのです。そうすればブッダの教えを維持し、広めることができなくなるのです。これは人類にとって大変不幸なことです。ですから、僧団を分裂させる行為は大変重い罪の一つになっています。

善友と共に和合して、仲良く修行することは、涅槃への道が開かれたことであり、大変幸せなことです。このことは逆に、修行仲間がお互いに慈悲の心から離れ、いがみ合うことは本当に大変不幸なことだと知る必要がありのです。その時大切な心得として思い出されるのは50番の詩です。

釈尊が 生れたことは 幸せだ サンガは仲良く 修行をしよう(194)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_8.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_21.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_30.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。


この記事へのコメント

2012年09月09日 04:26
好きな人がひとまず幸せにありますように。
嫌いな人もひとまず幸せにありますように。
好きな人がひとまず願いを叶えますように。
嫌いな人もひとまず願いを叶えますように。
好きな人がひとまず成長しますように。
嫌いな人もひとまず成長しますように。
好きな人がひとまず世の中を色々見て学びますように。
嫌いな人もひとまず世の中を色々見て学びますように。
カエルくん
2012年09月09日 06:59
おはようございます。

仏法僧に帰依します。
こうしてブログを通じて、毎日お釈迦様の教えに触れられることを感謝しております。
あすか
2012年09月09日 09:22
お釈迦様の時代から千年以上もたつのに
こうして学び実践できるのは
サンガの皆様、支えた皆様のお陰です。
感謝するとともに、少しでも何かの
誰かの役に立てるよう精進します。
noritarou
2012年09月09日 16:11
「権力やお金を得ることを幸福だと思って生きることは、無常を離れて不幸を追い求めること」なのでしょうか?
無常・苦・無我は、死んでいては理解できません。
私が思うに、法とは、知識でも、概念でもないでしょう。
どんなことも「いま、生きている」から知ることが出来ます、学ぶことが出来ます。
死が確実なのに、不思議にも不確実にかろうじて生きているいまとは、なんなのでしょうか?
生きていることが幸福だと感じるのは、間違っているのでしょうか?私にはよくわかりません。

>ブッダがこの世に現れることが幸福なのです。

ブッダに憧れ、敬い、信仰するのはなぜでしょうか?
ブッダの感じる幸福とは、何だったのでしょうか?
私でも、知ることが出来得るものなのでしょうか?
答えは出ません。仏法僧に帰依します。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
初心者
2014年02月10日 15:07
まるで歌のよう。
チベットの般若心経も歌ってるみたいです。
Imee Ooiも結構好きなのですが、みなさんいかがでしょう。
こころざし
2015年12月09日 07:26
私事ですが、地元ではお釈迦様の教えを色々な方が教えて下さる状況があります。大乗仏教のお寺や、お坊様が講師の冥想会などです。
それが良いのかどうなのか分からない印象を感じる事もありますが、お釈迦様の教えを正しく教えて下さっているのであれば、慈しみに溢れていると思います。
お釈迦様の教えを広める日本仏教サンガにたくさんの方が参加し、そして仏教がさらに栄えるような状況になったらいいなと願います。