黙っても 語っていても 適度でも この世の中は 非難するのだ(227)及び(228)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

黙っても 語っていても 適度でも この世の中は 非難するのだ(227)
現在も 過去も未来も いないもの 非難か賞賛 されるのみの人(228)

本日はサーバーの都合で、更新が遅くなりました、慎んでお詫び申し上げます。
ワンギーサ

○子供のためのダンマパダ

非難されない人はいない
黙っていても、多く話しても
てきとうに話しても
誰かに非難されます

非難されるだけ
誉められるだけ
そんな人はいませんよ
過去も未来も現在も


○パーリ語原文と訳語

ポーラーナメータン  アトゥラ 
Porāṇametaṃ     atula,
古くからこれは    アトゥラよ

ネータン    アッジャタナーミワ
netaṃ      ajjatanāmiva;
ない これは  今(だけ)のこと(では)

ニンダンティ  トゥンヒマーシーナン 
Nindanti     tuṇhimāsīnaṃ,
非難する     沈黙して坐す者を

ニンダンティ  バフバーニナン
nindanti    bahubhāṇinaṃ;
非難する    多く語る者を

ミタバーニンピ  ニンダンティ
Mitabhāṇimpi   nindanti,
適量語る者を   非難する
 
ナッティ ローケー  アニンディトー
natthi   loke    anindito.
いない  世に    非難されない人(227)


ナ   チャーフ   ナ  チャ  バウィッサティ
Na   cāhu     na   ca   bhavissati,
否定  また肯定   ない また  だろう

ナ   チェタラヒ   ウィジャティ
na   cetarahi     vijjati;
ない  また現在にも  見出さ

エーカンタン  ニンディトー  ポーソー
Ekantaṃ    nindito      poso,
一方的に    非難される   人は

エカンタン ワー   パサンスィトー
ekantaṃ   vā    pasaṃsito.
一方的に  または  称賛される人は(228)


○直訳
古くからこれは、アトゥラよ
これは今だけのことではない
沈黙して坐す者を非難する
多く語る者を非難する
適量語る者を非難する
世に非難さない人はいない(227)

(一方的な)否定また肯定は将来もないだろう
また現在にも見出さない
一方的に非難される人は
または一方的に称賛される人は(228)


○意訳
アトゥラよ、これは昔からである
これは今始まってことではない
黙して座っても非難され
多く語っても非難され
適量語っても非難される
この世に非難されない人はいない(227)

過去も未来もいない
現在もいない
ひたすら非難される人はいない
ひたすら賞賛される人はいない(228)


○一口メモ
これはダンパダの中では珍しい詩で、人の名前が出てきます。アトゥラという信者さんの名前です。アトゥラさんは少しわがままなのです。黙っている人とはレーヴァタ長老です。長く話す人とはサーリプッタ長老です。そして、適量話したのはアーナンダ長老です。アトゥラさんはこれらの偉大な長老方を非難して、ブッダの所に言いつけにいった時の話なのです。

ブッダは、アトゥラさんを少しなだめているのでしょうか。でも「お前のように言うと世の中には非難されない人はいないのだ。」と教えています。しかし、「お前のように言う人は今だけでなく、昔からそうだったし、これからもそうだろう。今お前が非難しているように。」とあきれているのでしょうか。嘆いているのでしょうか。ブッダの気持ちはよくわかりませんが、やはり憐れみの気持ちでしょう。

この詩の教訓は、過去も将来も現在も、何をしても非難されるのだから、非難されたからと言って、もちろん、怒ってはいけませんが、めげる必要がないということです。非難されるのが普通だから、「だから何」という気持ちでいればよいということでしょう。

非難されても、「だから何」で済みますが、もうひとひねりすると頭がよくなります。非難する人を笑わせる手はないか考えてみるのです。考えると言っても、即座に対応しなければ、怒っている人はどこかに行ってしまいます。一休さんのような頓智が必要でしょう。「屏風の絵のトラを生け捕りにせよ」と殿様に言われたら、綱を用意して、「さあ、殿様、屏風のトラを追い出して下さい」というような。

皆さん、話の長さに文句を言う人をどのように笑わせることができるでしょうか、時間をかけてもいいですから考えて下さい。以前このブログによくコメントをしてくれた「もくぎょさん」ならば、何かよい案を考えてくれると思いますがょが。


黙っても 語っていても 適度でも この世の中は 非難するのだ(227)

現在も 過去も未来も いないもの 非難か賞賛 されるのみの人(228)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200808/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/200906/article_17.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_23.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

あすか
2012年10月09日 11:46
サーバー不調で思い出しました。
全ては無常。様々な好条件でこうして
今日もブログを読める奇蹟に感謝します。
 _ _ _ _ _ _

状況が目に浮かびます。アトゥラさんに
自分が重なり、お釈迦様が直接
語りかけてくださっているかのようです。

日々、色々な人と関わらねばなりません。
的確なアドバイスなら参考にしますが、
不当な非難で苦しむ必要はないのですね。
心が軽くなりました。

さらにレベルアップ、ユーモア追加。
いい雰囲気にしてしまう人いますね。
そんな風にできるよう、
明るく楽しく心のおけいこします。

堅苦しい苦行ではないですものね。
(不断の努力は必要ですが。^^;)

今日もみんな幸せでありますように。
陸伝
2012年10月09日 13:32
「○○さんの気の長さのように、長い話をしてしまいました」

長い時間を考えてこれしか浮かびませんでした笑



先日、職場の連絡ミスもあったのですが、自分の不注意で仕事を失敗してしまい、怒られました。
その後、数日間もクヨクヨしてしまい、終いには人間関係まで否定して、人から離れよう、と、都合のよいことを考えて、自己完結をしました。

まっこと、情けない限りです泣


精進精進。明るく楽しく、一休さんのようにユーモア全開で生きてゆきたいです!
もちろんお寺の水飴は、見つからないように舐めます!
noritarou
2012年10月09日 14:27
「絵に描かかれた虎」のお話についてですが、
「不安なので(心を)治して下さい」
「心を出してみよ」
「出せません」
「では、治ったではないか」という禅問答が元になっているのではないか、と考えたことがあります。

概念も、思考も、罪悪感も、物質も全ては無常で、空だと言われます。
無常なので、そのように思います。
以下は、私の理解です。

気にしない。
毀誉褒貶にとらわれないで、
信じる道を貫いて。
カエルくん
2012年10月09日 17:11
こんにちは。
人間関係がうまくいかないときは、この詩を思い出します。
うまくいかなくてもともと。五戒を守って精進しよう、という気持ちになります。
2012年10月09日 19:16
凍った心を溶かすように
怒っている人、荒んだ人を
ウィットにとんだ一言で笑わせるのは大変だけど
成功したらかっこいいですね。
俺じゃ仮にできたとしてもドヤ顔きめて慢心してしまうでしょう。

文句言う人には
退屈ならば寝ててもかまわない、
だがこの教えは貴方にとって良い教えだ、
しかし眠りたいという貴方の自由意志も尊重する
そこでまず
崇高なる貴方の惰眠とすばらしいお釈迦様の教えを聴くことを両方できるよう、山で篭もり
身体は熟睡し耳だけは覚醒して拝聴するという秀でた神通力を得るために修行をしたらどうですか?
みたいな言葉はどうでしょうか。
しかし俺ってジョークセンスゼロっすね。
noritarou
2012年10月09日 21:34
そうそう、話が長いと文句を言う人には、
「どうしてその長い話をあなたは聞きに来たんですかねえ(笑)」とにこやかに語りかけてみたらどうでしょうか(^^)
もくママ
2012年10月09日 21:37
先生、皆さま、こんばんは。もくぎょの母、もくママです。突然登場(^^;;

もくぎょは、ダンマパダを勉強しようと長老様の「法句経一日一悟」を買ってきましたが、まだ半分しか読んでいないようです。困った子です。この間は部屋の中を行ったり来たりして「右足上げますぅ~・・」とやっていたかと思うと、終わってから、それより長い時間ゲームを遊んでしまい「マーラくんとお友達になった」と言っていました。困った子です。

最近では、カエルくんを見習わなければと、「実践はじめますピョン」とやっているようです。本当に困った子だピョン・・あらら。

>話の長さに文句を言う人をどのように笑わせることができるでしょうか

サーバーの調子が悪く、うまく想いつきませんでした(^^;;いっいいのか!?
先生また来ます~。もくぎょより
ささ
2012年10月09日 22:05
こんばんは。
この偈は事あるごとに浮かぶ偈です。
だから何?で終わらず、もうひとひねり。
そう出来るような人になりたいです。

先生からの出題…
「最後まできちんと聞いてくれてただなんて!あなたの気の長さに比べたら、私の話なんてかわいいもんですよ。」

…やはり、これ位しか浮かびませんでした。
ひとひねりが出来るひとになる道のりは遠そうです(汗)
こころざし
2015年12月19日 07:56
非難まではいかなくても、やる事なすこと色々言われるのは日常的に体験しています。時には事実と異なる妄想的な指摘を受ける事もあります。そしてそれに反論しても信じてもらえなかったりします・・
人に言われたからどうこう・・ではない、芯のある生き方をして参りたいです。