言葉での 怒りを押さえ 言葉での 悪行捨てて 善行を為せ(232)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

うそ、悪口、無駄話
これらは言葉でする悪いこと
正直、優しい言葉、必要な話
これらは言葉でする善いことです


○パーリ語原文と訳語

ワチーパコーパン  ラッケッヤ
Vacīpakopaṃ    rakkheyya,
言葉の激怒を    護るように

ワーチャーヤ  サンウトー   スィヤー
vācāya      saṃvuto    siyā;
言葉により   制御されて   あるように

ワチードゥッチャリタン  ヒトゥワー
Vacīduccaritaṃ       hitvā,
言葉の悪行を       捨てて

ワーチャーヤ  スチャリタン  チャレー
vācāya      sucaritaṃ   care.
言葉により   善行を     行うように


○直訳
言葉の激怒を護るように
言葉により制御されてあるように
言葉の悪行を捨てて
言葉により善行を行うように

○意訳
言葉での怒りを押さえるように
言葉を制御するように
言葉の悪行をしないように
言葉によって善行を行うように


○一口メモ
真理「無常・苦・無我」の苦とは無常であるもの、変化するもののある一点での状態であります。そこには「存在するものがある」と「存在するものがない」という矛盾(対立)があります。それが変化すると言うことです。この矛盾(対立)が苦なのです。ですから無常があるとき苦があるのです。

では今回の詩を苦=矛盾(対立)と言う観点から考察してみましょう。言葉は耳に入り脳に行き心に届きます。言葉と心の矛盾(対立)がうまれます。この場合は怒りであり、怒りは苦であり、矛盾(対立)であるのです。「言葉での怒りを抑えるように」とは、怒りを言葉で表現してしまわないようにということです。怒りを言葉で表現すると言葉による悪行になるのです。(言葉による悪行と善行は下にまとめておきます。)

「言葉を制御するように」は、言葉と心の矛盾(対立)を解消するようにすることです。この矛盾(対立)が解消されば、怒りは収まり、苦はなくなるのです。言葉を「音、音、音」とラベリング(実況中継)すること、これは言葉から意味を消すことによる、心との矛盾(対立)を解消する方法です。

あるいは、言葉と心の矛盾は心における自我が対立を作っていますから、心の自我を消すことです。これには自我などはないのだという理解(智慧)が必要です。これはまた明日の課題になります。

言葉よる悪行と善行について
1.嘘をつくことは悪行であるが、嘘をつかないことは善行である。
2.陰口を言うことは悪行であるが、陰口を言わないことは善行である。
3.暴言を吐くことは悪行であるが、暴言を吐かないことは善行である。
4.無駄話をすることは悪行であるが、無駄話をしないことは善行である。


言葉での 怒りを押さえ 言葉での 悪行捨てて 善行を為せ(232)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200808/article_2.html
http://76263383.at.webry.info/200906/article_18.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_24.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

あすか
2012年10月12日 07:19
言霊という言葉があります。
あやしげな意味ではなく、^^;
このような言葉の力について
言ったことかなと思いました。
言葉は上手に使えば素晴らしく、
使い方を誤ると、その力ゆえ
恐ろしいものですね。注意します。

まずは口から出す音としての言葉、
そしてこうして書く言葉。
それから音声や字には表さないけれど
頭の中でつぶやく言葉、
おっとここから先は明日ですね。

いきとしいけるものが
今日も幸せでありますように。
2012年10月12日 07:51
おはようございます。
言葉というものは本当に危険なものだと思います。

職場仲間との仕事後の会話を聞いていますと、同僚上司の悪口、茶化し、異性の品定め?等に決まっています(笑)。

でそうしゃべっている人物を見ると、やはりたいしたことない人間なんですね(^_^;)。悪行為しまくりという(笑)。

これは本当かどうかわからないのですが、聞くところによるとプロ野球の松井選手は若い頃から人の悪口を言った事がないという話があります。

また僕が昔見たテレビで、アメリカで何か中学生くらいで大学院クラスの飛び級のもの凄い秀才少年がいて、彼は成績は抜群だが、落第科目が一つあったと言うんです。
それは何かと言うと「解剖」科目だったそう。つまり何か生きた?生物にメスを決して入れなかったそうです。
で理由は?というと本人曰く「かわいそうだから」だそうです(笑)。
なので五戒を守ることは実に真理だと思いました。

佛法僧に帰依致します。
慈悲と智慧
2012年10月12日 13:45
現代人にとっては、口から出る言葉ももちろんですが。

ネットに書き込む言葉も要注意ですね。

こころざし
2015年12月20日 10:51
私事ですが、陰口や暴言を投げかけられた時に、同調して同じように言葉を投げかけないようにしたいと思いながら、(より親しい人程)それを実施していまう自分がいます。その時に「あなたが仕掛けてきたんだから、お返しされても平等だよね」的な無明・エゴが自分にあります。
一旦停止してそんな悪思考をとめて、そして善い言葉しか発しないように努めたいです。