賢者たち 身と語と意とを 制御して 彼らは実に よく制御する(234)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

賢い子どもは
良い行いをし
良い言葉で話し
良いことを考えます


○パーリ語原文と訳語

カーイェーナ  サンウター    ディーラー
Kāyena     saṃvutā      dhīrā,
身体により   制御されている  賢者は

アトー  ワーチャーヤ   サンウター
atho    vācāya      saṃvutā;
また   言葉により    制御されている

マナサー   サンウター    ディーラー
Manasā    saṃvutā      dhīrā,
意により   制御されている   賢者は

テー   ウェー  スパリサンウター
te     ve    suparisaṃvutā.
彼らは  実に   よく制御されている


○直訳
賢者は身体により制御されている
また言葉により制御されている
賢者は意により制御されている
彼らは実によく制御されている


○意訳
賢者たちは身体を制御し
言葉を制御する
賢者たちは心を制御し
彼らは実によく制御している


○一口メモ
今回はこの三日間の詩のまとめになります。そしてこの詩を以って「第17 怒りの章」が終わります。

この三日間は、身体の制御、言葉の制御、心の制御について述べてまいりました。そしてそれぞれについて、真理「無常・苦・無我」の観点から考察してみました。今日は真理を体得した方の態度はどのようなものかを考えてみようと思います。別の言い方をすれば自我がない人(無我を自覚した人)の態度はどのようなものかと言うことです。それは欲のない人、怒りのない人、無智のない人(無知のない人とは違います、智慧のある人)です。

皆さんはダンゴムシを知っていると思います。庭の石の下などにいる、すぐ身体を丸めて小さな玉のようになる虫です。あの虫は面白い性質を持っています。長い進化の過程でダンゴムシの遺伝子が獲得した生き延びるための智慧です。もちろん、彼らには自覚的な智慧があるわけではないので、人間の智慧とは違いますが、表面的には智慧があるような態度をするのです。彼らは何か問題があっても自我を張って、争うような行動はしません。また目的達成のために、繰り返し、繰り返し、同じような行動を積みかさねます。そして少し工夫らしきものもするのです。

ダンゴムシの面白い性質とは、前進して何か障害物に突き当たると、すぐ進行方向を右か左に変えます。ここで自我を張らないのです。初めに右に方向を変えれば、次の障害物にぶつかると左に方向転換をします。このような性質を持っていますから、ダンゴムシを迷路の中に入れても、彼らは、この行動を何回も繰り返して、いつの間にか迷路から抜け出すのです。他の多くの動物は迷路からは抜けだせません。

自我のない人々は問題が生じても対立を作らないようにします。対立は苦だからです。対立がないように工夫します。右か左か迂回作戦です。多くの問題は迂回作戦で解決する場合が多いのです。このことについては今回ほとんど述べませんでしたが、いずれ述べたいと思います。方針が決まれば、問題解決まで、それを繰り返し、繰り返し実践する努力をするのです。解決のための原因を繰り返せば、いずれ解決するのです。

自我のない方をダンゴムシに例えるなどと言う失礼な話をしましたが、自我のない人の態度は水にも例えられます。「上善は水の如し」と言います。「水は万物の成長を助けて、しかも他と争わない。」ということです。皆さんにダンゴムシのような性格を作れとは言えませんから、身、語、意をよく制御して、水のような無我の人格をつくるように精進をしてくださいと申し上げます。


賢者たち 身と語と意とを 制御して 彼らは実に よく制御する(234)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200808/article_2.html
http://76263383.at.webry.info/200906/article_18.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_24.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年10月14日 04:55
おはようございます。
我の強い友人と話すと、私の方が我が強いことにされてしまいます。
私は私で、譲らない所があるからだろうと思います。
ダンゴムシの例え、分かりやすかったです。見習い(?)たいです。
あすか
2012年10月14日 08:45
幻かもしれない自我のために、
日々どれだけ苦しんでいるのでしょう。
ダンゴムシのような小さな生き物達や
植物の健気さから学ぶ所が多いです。

私もダンゴムシたちのように、
繰り返し繰り返し迂回作戦に徹します。
^^;

皆様もダンゴムシも、全ての命が
今日もしあわせでありますように。
てくてく
2012年10月14日 11:13
今朝の一口メモ、とっても分かりやすかったです。
いつもそばにいるので、ダンゴムシと仲良しです。バッタもゴキブリも、カラスもスズメもツバメも仲良しです。
みんな仲良くしてほしいです。
迷子の野生のシカが町に入ってきてしまい、大騒ぎをしています。
殺さないで欲しいと願いを込めて、外でお経を唱えます。仲良しの野良猫がいつもお経を聞いてくれます。
人間が賢く生きて、みんなと仲良くしてくれないと、他の生きものが生きづらく、可哀そうです。
今朝、一生懸命ダンマパダを学んだ功徳をすべての生命に回向いたします。
この功徳によって、すべての生命が幸せでありますように。





2012年10月15日 07:18
おはようございます。
もう亡くなった囲碁の高川秀格本因坊(昔のプロ最強棋士)の座右の銘が確か、「流水、先を争わず」だったと思われます。
こころざし
2015年12月21日 06:24
ダンゴムシがに右か左に迂回していく事、思考せずに淡々と対処していく様子を思いました。智慧を得るヒントになると感じます。
何かあるとすぐ思考が回転してエゴを感じる機会に繋がりますので、対立を避け水やダンゴムシのように生きれるように、智慧を持てるようにしたいです。