友達よ このように知れ 戒守れ 戒を守れば 戒に守られる(248)

○子供のためのダンマパダ
動物や虫をかわいがり
うそを言わなければ
心のやさしい
あたまのいい人になりますよ


○パーリ語原文と訳語

エーワン  ボー  プリサ  ジャーナーヒ
Evaṃ    bho   purisa   jānāhi,
このように 友よ  人よ    知るべし

パーパダンマー  アサンニャター
pāpadhammā    asaññatā;
悪い法      自制しないことは
    
マー   タン   ローボー  アダンモー  チャ
Mā    taṃ    lobho    adhammo   ca,
なかれ  汝に   貪欲    非法が    と

チラン  ドゥッカーヤ  ランダユン
ciraṃ   dukkhāya    randhayuṃ.
長く   苦によって    害悪をもたらす


○直訳
友よ、人よ、 このように知るべし
悪い法自制しないことは
また貪欲と非法が汝に
長く苦によって害悪をもたらすなかれ


○意訳
友よ、人よ、このように知れ
自己制御しないことは悪行為である
貪欲と不法が汝を
長く苦しめることないように


○一口メモ
今日は五戒を守るとどのような人間に成長するかについて述べます。

1.生き物を殺さない。
生き物を殺す時、心に殺意が生まれるのです。この殺意なしには生き物を殺せないのです。生き物を殺さないようにするためには、この殺意をなくす必要があります。心に生まれた殺意に気づき、その殺意を消す時、慈の心や悲の心がうまれます。その生き物の命を慈しみ、殺されること恐れる生命に対してかわいそうだなと言う心が生まれ、慈悲の心が成長するのです。

2・偽りを語らない。
偽りを語らないようにするためには、真実を真実とし、偽りは偽りと理解する智慧が必要です。そのために、偽りを語らないようにすると智慧が養成されるのです。
ダンマパダ11番、12番を復習して下さい。
11番:http://76263383.at.webry.info/201203/article_11.html
12番:http://76263383.at.webry.info/201203/article_12.html

さらに、偽りを語らないと信頼がうまれます。信頼は人間関係を良くします。良好な人間は幸福をもたらします。信頼についても、最近ダンマパダ204番で学びました。
204番:http://76263383.at.webry.info/201209/article_18.html

3・与えられてない物を取らない。
与えられない物を取らないということは、自分の欲を抑制することです。他人の物を取れば罰があります。罰が怖くて取らないという消極的な態度を越えて、本当に自分の欲を制御して、自分の物を他人に与えると言う行為につながります。特に困っている人を助けるために、自分の物を与えることができるようになれば、その人には慈悲の心が育ちます。慈悲の心が育てば、善行為の喜びが分かってきます。そのような人々は回りの人々から愛され、幸せになります。

4.他人の妻と不倫をしない。
この道徳の元の条項は「淫らな行為をしない」ということですから、男性、女性に適応される戒めです。自分の性的な欲望によって、お互いに一番信頼関係にある筈の配偶者を裏切らないということです。この戒を守るということは、先ず、配偶者を裏切らないという態度が大切です。嘘をつかないと言う所でも述べましたが、信頼を裏切らないということは人間として非常に重要なことです。次に、そのために自分の欲望を制御するのです。不倫をしないことで、信頼を裏切らない、欲望を制御できる人格が確立するのです。またこの信頼ができれば、夫婦円満、明るい家庭ができ、子供も立派に成長できるのです。

5・酒などを飲まない。
この道徳の元の条項は「放逸の原因となり(人を)酔わせる酒・麻薬類を使用しない」ということです。酒類は酔わせる作用があり、道徳を守る力である理性を失わせるのです。ですから、酒類の使用を禁止しています。道徳を守るために、道徳を守れないような危険は状況を作らないようにするのです。それは理性的な態度です。この条項を守ろうとすることで、理性的な態度が養成できるのです。酒類を使用していた人は多かれ少なかれそれらの依存症になっています。依存症を克服するには大変な努力が必要です。その努力は人を成長させます。また日本の社会では酒を止めるには人間関係の上で問題が生じる場合もあります。それらを解決するには智慧が必要です。このようにいろいろな問題を克服して、酒類を止めるわけですから、この条項の実践を通じて人間を成長させます。

以上五項目から道徳は私たちの自由を制限するものではなく、私たちを成長させ、幸せに導いてくれるものだと理解できたと思います。しかし、実はこれだけでは述べきれない意味のあります。仏教の修行過程を「戒、定、慧」で表現します。戒の実践により、禅定(心の安定)、智慧の開発と言うように進みます。これらは螺旋階段のように進み、一度、戒、定、慧の階段を上って、また次の戒、定、慧の階段を上って上に進みます。そして涅槃に登るのです。戒を守る度に、心が安定し、智慧が生まれていると自覚できなくとも、心は成長しています。


友達よ このように知れ 戒守れ 戒を守れば 戒に守られる (248)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200808/article_9.html
http://76263383.at.webry.info/200906/article_25.html
http://76263383.at.webry.info/201005/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

てくてく
2012年10月23日 08:34
昨日の記事を読んでから、『戒め』というお経を読んでいます。チュンダさんに成りきって読むと素直になります。五戒とともにもう一つ二つ、その中から選んで、一日を過ごします。いつかすべてをクリアーできるでしょうか・・・。
この功徳をすべての生命に回向いたします。
この功徳によってすべての生命が幸せでありますように。
あすか
2012年10月23日 10:14
五戒から派生して、実行できることを
無理のない範囲で増やしていっています。
極端に走らぬよう絶対にならぬよう
日々試行錯誤です。

不殺生戒より、食や衛生に関連して
他の生命との共存について考えます。

不妄語戒より、真実を言いがたい状況で
いかに嘘を言わず、切り抜けるか、
頭をフル回転させています。

不偸盗戒より「与えられていない・不要な」
から、物の持ちすぎやエネルギーなどの
無駄使いについても見直します。

不邪淫戒より、伴侶がいないから、
ではなく、せっかくの戒なので
欲の為に悪行為をしない、と
広い意味でとらえています。

不飲酒戒より、正しい判断や行動が
できなくなるような物事として、
形ある酒や麻薬のみならず、情報の
取り入れ方なども気をつけています。

まだまだいろいろできそうですね。
一生、楽しめます。(?!)
カエルくん
2012年10月23日 11:52
こんにちは。
うっかり、本当ではないことを口にすると、その瞬間いやな気持ちになるのが分かります。頭が混乱して、おばかになっているんだなあ、と思うと、とほほという気持ちになります。
そんなことにならないように、一日一日がチャレンジです。

あすかさん。私もコーヒーをやめました。
お酒を飲まない、という戒律を、依存性のある嗜好品から離れる、というふうに解釈してのことです。
お酒をやめるより大変でした。
いまは飲んでもよし、飲まなくてもよし、くらいの距離感でコーヒーと付き合えています。
あすか
2012年10月23日 20:57
自分で決めたことを、
やむを得ない理由でもないのに
守らない時、心を観察したら
とても嫌な気持ちでした。
自分に嘘をついてしまったのかも。
これからは自分に対しても
嘘をつかないよう気をつけます。

>カエルくん
絶対禁止!と言われたら無理かも。
また飲んでもいいんだよ、と思うと
なぜかできちゃうものですね。
よく眠れて気持ちいいです。
数分のコーヒータイムの快楽と
はかりにかけたら…。
やっぱり今日も飲むのは
やめとこうって自然に思えます。
では、コーヒー、じゃなくって、
お水を飲んで寝ます。
おやすみなさい。
こころざし
2015年12月24日 20:20
私事ですが、現在嘘をつかない事に特に注意しています。と言いますのは、油断していると嘘をつく状態に容易になるからです。
高齢者福祉の仕事をしていますが、相手の方に安易に気軽な嘘的なものを気休めで言ってしまいそうになります。また同僚に(悪意まである事は少ないですが)、冗談でも嘘的な事を言いそうになる時があります。
嘘をつかないように一旦停止もしながら、智慧を持てるように生きて参りたいです。