独り座し 独りで臥して 独り行き 己の調御 独り楽しむ(305)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
すぐお父さんやお母さんに、
やってもらう人はいますか?
自分のことは自分ですると、
面白いことが分かりますよ。


○パーリ語原文と訳語

エーカーサナン   エーカセッヤン 
Ekāsanaṃ      ekaseyyaṃ,
一座を       一臥を

エーコー  チャラマタンディトー
eko     caramatandito;
一人    歩行を怠けず

エーコー  ダマヤマッターナン
Eko     damayamattānaṃ,
一人    調御する 己を

ワナンテー  ラミトー  スィヤー
vanante    ramito   siyā.
森の中で   楽しむ   ように


○直訳
一座を、一臥を
一人 歩行を怠けず
一人己を調御する
森の中で楽しむように


○意訳
一人で座り、一人で臥して
一人で怠けずに歩き
一人で自分を育てる修行する人は
森の中で一人を楽しむ


○一口メモ
私は老人だからこういう言い方も許していただけると思いますが、「人間というものは寂しがり屋なんだよ。」「一人じゃ生きていけないんだよ。」相田みつおさん風に言えば「人間だから。」ということになります。ですからいろいろ強がってもそのことを認めた方がいいと思います。簡単なことですが、それをなかなか認めたくないという意識もあります。

自分の寂しさを自覚する前に、テレビを見たり、音楽を聞いたり、本を読んだり、御菓子を食べたりします。たまには、何もしないで寂しさを味わってみるとよいと思います。寂しさを避ける傾向は自分だけではありません。他人を観察していると、あからさまに観察すると失礼だから、何気なく観察していると、自分と同じだなとわかります。

これは仏教的に解釈すると、心は刺激をエネルギーにして生きているということです。心は何か刺激がないと生きていけないのです。刺激が少ない状態を「寂しい」といいます。人間ばかりではないのです。犬や猫もすべての生命は絶えず刺激を求め、それをエネルギーとして生きているのです。

心に刺激が入ると、その刺激が好ましいものであれば、欲が生まれます。好ましくないものであれば、怒りが生まれます。どちらでもないものであれば、無関心あるいは無智が生まれます。この事実は、刺激が少ない時、すなわちさびしい時、分かるのです。何人かで集まって、ワイワイガヤガヤしていてはわかりません。一人にならなければ気づけないのです。

ブッダは悩み苦しみを乗り越えるために、心を観察することを教えています。心が悩み苦しみを作りだしているからです。その事実を知るために心を観察する必要があるのです。心を観察するためには、一人になり、寂しさを観察する必要があるのです。瞑想をすると、日常生活で得られるような刺激は求められません。ですから、瞑想の初心者にとって瞑想は苦しいのです。心はいつもの刺激が得られないから嫌がっているのです。

しかし、瞑想すると分かってくることがあります。心が悩みを作り出していることがわかります。さらに、日常生活では得られない刺激があるのです。日常生活の刺激は、欲や怒りや無智による刺激のエネルギーですが、瞑想では、欲から離れた心の状態、怒りから離れた心の状態、無智から離れた心の状態を刺激とすることができるのです。それをこの詩では「森の中で一人を楽しむ」と言っているのです。しかし、老婆心までに言いますと、この新たな刺激を求めて瞑想すると言うのもいけません。最終的にはすべての刺激を求めない境地を目指すことですから。

この詩で「第21 種々の章」を終わります。本当にいろいろなことが述べられていたように思います。


独り座し 独りで臥して 独り行き 己の調御 独り楽しむ(305)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
*修行は独りでおこなう ~独居修行とは精神の自由~
http://www.j-theravada.net/howa/howa181.html

○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*305.独り己を調御する人は森の中で独りを楽しむ
http://76263383.at.webry.info/201006/article_10.html

*独り座し独りで臥して独り行き己の調御独り楽しむ
http://76263383.at.webry.info/200908/article_1.html

* 一人座り一人で臥して一人で歩き一人楽しむ
http://76263383.at.webry.info/200809/article_23.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎10月30日雨安居は終了しましたが、ワンギーサがゴータミー精舎に滞在中は
朝5時から7時まで及び夜7時から9時までのゴータミー精舎での自主瞑想会は
毎日行います。ふるって参加して下さい。但し木曜の夜は、瞑想会は休みます。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

この記事へのコメント

あすか
2012年12月09日 09:57
刺激ばかり追い求めるでなく、
逃避の為に瞑想をするでもなく、
何事にも執着せずに
為すべきことを淡々と。
そんな今の積み重ねを楽しみながら
今日も心のお稽古に励みます。
カエルくん
2012年12月09日 14:48
こんにちは。
仕事で失敗して塞ぎこんでいたら、友人に「気晴らしをしに、出かけた方がいい」と言われました。塞ぎこんで落ち込むのはまちがいだけど、気晴らしに何か刺激を受けに行くのも間違いだなあと思いました。
仕事の失敗は仕事でしか取り戻せないので、コツコツと頑張って信頼を取り戻すしかないのだな、と思います。
いつもは親切な同僚たちが、いまはなんだか遠巻きにしています。
ひとりで、成長するチャンスかな、と思います。
優太
2012年12月09日 16:02
テレビやネットや携帯は便利ですが、そのために大切な孤独の時間を失ってしまうと思いました。

仏法僧の三宝に帰依いたします。すべての過ちを懺悔いたします。生きとし生けるものが幸せでありますように。このブログを見た功徳によってすべての生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2016年01月07日 07:52
私事ですが、意欲はあるのに体(?)は、日課にしている1時間の座る冥想を避けるように色々な「何か先にしなければならない事」を一生懸命探して、やらなくてよい言い訳にしようとする自分がいます。やる気があるだけに何故毎回のようにそうなるのか?に感じていましたが、本文を拝見してその理由が分かったように思います。
刺激を求めるのではなく静かに座って観察する事で得られることを大事にして参りたいです。