無執着 悟り終わって 疑惑なく 涅槃に達した 彼はバラモン(411)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
失敗したことは
終わったことだ。
明日のことは
分からない。
気にしない、気にしない。


○パーリ語原文と訳語

ヤッサーラヤー   ナ   ウィッジャンティ
Yassālayā      na    vijjanti,
その人に執着は   ない  見出さ

アンニャーヤ   アカタンカティー
aññāya      akathaṃkathī;
完全智の     疑のない

アマトーガダマヌッパッタン
Amatogadhamanuppattaṃ,
不死に到達した

タマハン  ブルーミ  ブラーフナン
tamahaṃ  brūmi    brāhmaṇaṃ.
彼を私は  呼ぶ    バラモンと


○直訳
その人に執着は見出せない
完全智の、疑いのない
不死に到達した
彼を私はバラモンと呼ぶ


○意訳
執着がなく
完全智を得て疑惑なく
涅槃に達した人
彼を私はバラモンと呼ぶ


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
2008年12月
○無執着悟り終わって疑惑なく不死に達した彼はバラモン
http://76263383.at.webry.info/200812/article_19.html

2009年10月
*無執着悟り終わって疑惑なく不死に達した彼はバラモン(411)
http://76263383.at.webry.info/200910/article_24.html


○一口メモ
この詩のキー・ワードは無執着です。これさえできれば修行は完成です。しかし、この無執着とはどのようなものか、実は私たちは知らないのです。経験したことがないからです。ですからいろいろな言葉で、或は執着を分解して、それぞれに対する執着をなくすように学びました。例えば、62番、345番、346番、348番など、「バラモンの章」では385番があります。その他たくさんあります。

愚か者 子や財産で 苦悩する 自分も自分の ものではないのに(62)
http://76263383.at.webry.info/201205/article_7.html
これは子供や財産また自分自身にも執着するなと教えています。

鉄製や 木や麻のかせ 強くない 財産子供 妻が強いかせ(345)
賢者らは 固くはないが 強いかせ 執着捨てて 諸国をめぐる(346)
http://76263383.at.webry.info/201301/article_9.html
この詩も、財産や子供や妻への執着を捨てよと教えています。

前をすて 後を捨てて 中間を 捨てた人たち 心は自由(348)
http://76263383.at.webry.info/201301/article_11.html
さらに、この詩は過去、未来、現在への執着もなくせと教えています。それぞれの執着の意味するところは上記のアドレスの記事をお読みください。これはすべての執着を捨てよということです。

好き嫌い ない人間は 苦悩ない 私は彼を バラモンと呼ぶ(385)
http://76263383.at.webry.info/201302/article_12.html
この詩では、「執着のない」を「好き嫌いのない」と言う言葉で説明しています。

執着は私たちが、五つの感覚で快や不快を感じる所から生じます。そうするとそこに渇愛が生まれ、執着が生じるのです。その過程をストップさせることで、執着をなくすのです。ヴィパッサナー瞑想はその方法及びその練習です。さらに具体的に述べれば、感覚に対するいろいろな外部刺激とそれを感じた時の感覚、その時に起こる心の変化を観察するのです。渇愛が生まれ、執着が生まれる過程をつぶさに観察するのです。何度も何度も観察するのです。それが意味のないことだと分かってきます。その時智慧が現れているのです。そのようにすると、自然に執着がなくなるのです。

「疑いのない」のないの「疑い」は、1.ブッダを疑う。2.ダンマを疑う。3.サンガを疑う。4.修習を疑う。5.過去を疑う。6.未来を疑う。7.現在を疑う。8.縁起を疑うことだと言われています。

「不死」とは涅槃を意味します。


無執着 悟り終わって 疑惑なく 涅槃に達した 彼はバラモン(411)


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎2013年3月25日(月)~3月31日(日)はワンギーサが熱海における一週間宿泊自主冥想会を担当するために、ゴータミー精舎の朝晩の自主冥想会はお休み致します。
4月1日(月)からは通常通り朝晩の自主冥想会は再開致します。ご注意お願いいたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

カエルくん
2013年03月10日 08:24
おはようございます。

物欲は分かりやすいです。だからといって、全て手放せるかといったらそれはなかなか…。
生きることへの執着はもっと凄まじいです。自覚することが第一歩かな、と思っています。
ぱん
2013年03月10日 09:33
快、不快が生じ、渇愛、執着が生じる。
その過程を何度も観察し、
その過程の無意味を知り、
無執着になりたいと思います。
あすか
2013年03月10日 09:58
注意深く観察を続けると
執着がいかに苦しいか
感じられるように。

では手放しましょう。
と、簡単にできないのが
難しいところですね。
あすか
2013年03月12日 10:09
執着がいかに苦しいか、
丁寧な観察で感じられるように
なってきただけでも少しは進歩?!
と、前向きにとらえ頑張ります。
こころざし
2016年02月06日 07:40
執着している事に気づけない・・のが以前の私でした。今も執着しますが、そこに少しですが観察が入っているように思います。また無我ですし、エゴを守る事に意味がない(そもそも成り立たない)と知識ではしっています。
修行をすすめて執着を減らせるように・無くせるようにしたいです