おじさんが 若い女に 目がくらみ 嫉妬に狂えば 彼は没落<110>及び<109>

○少年少女のためのスッタニパータ109.と110.
・・・
若い男でも嫉妬はするよ。
若きウェーテルは
嫉妬のために
ピストル自殺をした。


109.と110.第1 蛇の章 6.没落経 19.と20.

○毎田周一先生訳
第九の没落がは
迎言る通りなのはよく解りました
では世尊よ 第十の没落の始まりはどこにあるのでせうか
それをお示しください<109(19)>

壮年を過ぎた人が
ティンパルの実のやうな乳房をしてゐるものを引き入れて
彼女への嫉妬のために夜もよく眠れないとすれば
そこに没落の始まりがある


○中村元先生訳
109
「よくわかりました。おっしゃるとおりです。
これが第九の破滅です。
先生! 第十のものを説いてください。
破滅の門は何ですか?」

110
「青春を過ぎた男が、
ティンバル果のように盛り上がった乳房のある若い女を誘き入れて、
かの女について嫉妬から夜も眠れない、
──これは破滅への門である。」


○正田大観先生訳
109.
〔天神が尋ねた〕「まさに、かくのごとく、このことを、〔わたしたちは〕識知します。
彼は、第九の滅びの者です。
世尊よ、第十の者のことを、説いてください。
何が、滅びつつある者の入り口ですか」〔と〕。(19) 110.
〔世尊は答えた〕「若さ〔の盛り〕を超えた男が、
ティンバル〔樹の果実〕の乳房ある〔若い女〕を導き入れ、
彼女への嫉妬で〔夜も〕眠らない
――それが、滅びつつあるの者の入り口です」〔と〕。(20)

○パーリ語原文
109.
イティ     ヘータン    ウィジャーナーマ
‘‘Iti       hetaṃ     vijānāma,
そのように  実にそれを  識別する

ナワモー    ソー    パラーバヴォー
navamo     so     parābhavo;
第九の     彼は    没落する人

ダサマン    バガワー    ブルーヒ
Dasamaṃ    bhagavā    brūhi,
第十の      世尊よ     説いて

キン    パラーバワトー      ムカン
kiṃ    parābhavato        mukhaṃ’’.
何が   没落しつつある人の    入口

110.
アティータヨッバノー    ポーソー
‘‘Atītayobbano        poso,
青年を過ぎた         男が     

アーネーティ    ティンバルッタニン
Āneti         timbarutthaniṃ;
引き入れる     ティンバル果のような乳房のある女を

タッサー    イッサー    ナ    スパティ
Tassā      issā       na    supati,
彼女への   嫉妬で     ない   眠る

タン     パラーバワトー    ムカン
taṃ     parābhavato      mukhaṃ’’.
それが   没落しつつある人の   入口


○一口メモ
昨日、遊女や他人の妻にうつつを抜かす男の没落について述べました。「最期にこれだけでは終わりません。明日次の偈で述べられる苦しみが待っています。」と書きました。

それは、女を愛すことから生まれる嫉妬の苦しみなのです。今回の偈に述べられているように、いい年をした男が、若い女、この偈ではティンパル果のような乳房の女としてあります。ティンパル果とはどのような果物かわかりませんが、桃の実のような果物なのでしょう。盛りを過ぎた男がそのような女に恋い焦がれたらどのようなことになるでしょうか。深く考えなくともわかることです。若い女にとって、老いぼれ爺より若い男の方が好ましいのです。ですから、爺はどうしても、嫉妬するのです。愛欲は、嫉妬という怒りに変わります。嫉妬は妄想により、ますます燃え上がり、眠ることが出来なくなります。眠れなければ、仕事もできなくなり、没落の道に進むのです。

昔、石川達三の書いた「48歳の抵抗」という小説がありました。映画化もされました。それは48歳の男が19歳の女に惚れるという話です。そのような話は他にでもいくらでもあるでしょう。2600年前のブッダの時代と同じことを、今も繰り返されるということです。男は女に注意しなければいけない。女は男に注意しなければいけないのです。なぜならば、注意しなければ、真理の道から危険性があるからです。道を踏み外せば、没落、破滅、滅びだからです。


第九の 没落の原因は わかります 第十の原因を 教えてください<109>
おじさんが 若い女に 目がくらみ 嫉妬に狂えば 彼は没落<110>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

水口かよこ
2013年07月09日 04:17
俺はお前のことがこんなに好きなのに、お前はどうして分からないのだ、

俺はこんなにいい男なのにお前はどうして分からないのだ

俺はこんなにいい男なのに、それを分からせることができない俺が悪いのか

自分がすごいと思ってるから、嫉妬が起きるんでしょうね。もっとも謙虚なら謙虚で女性が寄ってきて困るかもしれないけどね。
櫻井由紀
2013年07月09日 11:29
運命なんて嘘っぱち
だけれども
彼には まさに
「運命の女」であり
長い間、心に秘めていた「感傷」が
その「青春の幻影」によって蘇り
刺激を得る事で
廻り続ける
心のエネルギーを軸とした
その一本足の独楽は
まるで重心が定まらず
フラフラっと傾きながら
不安定に
転がり廻って行く。。。。。
回転の連続で
自ら軸を磨耗し
倒れ止まるか・・
エネルギーの無駄遣いに気付き
回転速度を下げ
自力で止めるのか・・・・・・・・

ウェーテルの気持ち
良く分かります・・・が・・・・・・・
こころざし
2016年03月18日 07:44
好みの女性を見た時に、気を付けないと容易にその人と親しむ願望的未来の妄想をしかねない自分がいます。結婚前にこの人に出会っていれば・・みたいな感じでしょうか。
そんな妄想に浸ると、犯罪者になりかねないと思いますので、注意したいです。