預流果者は 悪犯すこと ありとても 隠すことなし 幸せであれ<232>

○少年少女のためのスッタニパータ232.
・・・
たとえ悪いことをしても隠さない。
そして、私は悪いことをしましたと懺悔する。
それは悪を正す最善の方法です。
しかし、勇気のいることです。


232.第2 小さな章 1.宝経 11.

○日本テーラワーダ協会訳
11.
身、口、意にて悪を犯すことになりとても、
彼はそれを隠蔽すること能わず。
知見に達した者は隠蔽しること能わずと言わるるなり。
此は僧(サンガ)が勝宝たる由縁なり。
この真実により、
幸いあらんことを。


○中村元先生訳
232
またかれが身体によって、ことばによって、またはこころの中で、たとい僅かなりとも悪い行為をなすならば、
かれはそれを隠すことができない。
隠すことができないということを、究極の境地を見た人は説きたもうた。
このすぐれた宝が<つどい>のうちに存する。
この真理によって幸せであれ。


○正田大観先生訳
235.(232) 
たとえ、何であれ、彼が、身体によって、言葉によって、あるいは、また、心によって、悪しき行為(業)を為すとして、
彼が、それを隠し立てすることは有りえない。
〔涅槃の〕境処を見た者にとって、〔それは〕有りえないことと説かれた。
これもまた、僧団における、妙なる宝である。
この真理によって、安穏有れ。(12)


○パーリ語原文
235.
キンチャーピ    ソー   カンマン    カローティ   パーパカン
Kiñcāpi        so    kammaṃ    karoti       pāpakaṃ,
たとえ~でも    彼は   行為を    為す       悪い

カーイェーナ    ワーチャー    ウダ   チェータサー    ワー
kāyena        vācā       uda     cetasā       vā;
身体で       言葉で      或は   心で        或は

アバッボー    ソー   タッサ    パティッチャーダーヤ
Abhabbo      so     tassa     paṭicchādāya,
不可能である  彼は   彼の     覆い隠すこと

アバッバター   ディッタパダッサ     ウッター
Abhabbatā     diṭṭhapadassa       vuttā;
不可能なこと   境地を見た者には    説かれた

イダンピ   サンゲー       ラタナン     パニータン
Idampi     saṅghe        ratanaṃ     paṇītaṃ,
これも    サンガにおける   宝         勝れた

エーテーナ    サッチェーナ     スワッティ     ホーテゥ
Etena        saccena        suvatthi      hotu.
この        真実で         幸せで      あれ


○一口メモ
この偈では、もう一つ預流果の人の大事な特徴を述べています。それは「身、口、意にて悪を犯すことになりとても、彼はそれを隠蔽すること能わず。」ということです。

それがなぜ重要な特徴であるかと言えば、それにより悪を懺悔して、悪を修正することが出来るのです。自分のした悪行為を明らかにせず、隠していたのでは、悪を修正することはできずに、心を清らかにできないのです。

預流果の人は、悟りの第一段階に達したとはいえ、すべての煩悩をなくしたわけでなく、欲や怒り高慢なの煩悩は残っていますから、小さな悪は犯すことがあります。しかし、涅槃の境地を見た人でありますから、何が悪かはよく知っています。また、その悪を隠したら悪の上塗りをすることも知っています。しかも、隠すことの恐ろしさも解っています。彼はどうしても隠すことが出来ないのです。ですから、仏陀は「涅槃の境地を見た人は悪を覆い隠すことはあり得ない。」と説かれたのです。

私も何十年前は小さい子供でした。苦労と怖れを知らない子供でしたから、悪いことをしてもそれを隠すことはしませんでした。しかし、だんだん大きくなって、同じ悪いことをしても、それを隠す友達は怒られず、正直に隠さないでいると怒られます。そのため、悪いことをしたらそれを隠す人間になってしまいました。今それではいけないと思うようになりましたが、してしまった悪いことを隠さないで懺悔することは大変勇気のいることだと思っています。しかし、そうしなければ、心を清らかにすることが出来ず、また人格を向上できないのだと思っています。皆様も、身口意の悪行為を、勇気を出して、正直に懺悔して、心を清らかにする実践をして下さい、それは預流果の悟りに近づく道です。

悪行為を隠せない預流果の人のおられるサンガは私たちのお手本であり、優れた宝です。その真実によって、幸福になることが出来ます。


預流果者は 悪犯すこと ありとても 隠すことなし 幸せであれ<232>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

ぽん母さん
2013年10月10日 08:17
おはようございます。
先生のブログを拝見して、朝から自分の心が清らかになるのを感じます。
悪事を隠さないでいるのは勇気のいることですが、
しっかりと懺悔をしてこれからも冥想を頑張ります。
ところで、懺悔はどのようにしたらいいのでしょうか?
櫻井由紀
2013年10月10日 10:05
一度
「真理のスープ」を味わえば
「防腐剤・添加物たっぷりのスープ」は
美味しくないです。
誰か見ていても見ていなくても
正直に「不味い」と
吐き出します。
不味いものは不味いです。
正当化出来ません。

生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年10月10日 21:59
自分の失敗や心の汚れを堂々と公言して懺悔するというのは、時に心折れそうになります。それぐらい惨めで、辛く感じることがあります。
何より非が全てこちら側にある訳ですから、相手はえらく不機嫌になって、馬鹿にするか、呆れるか、です。結局こちらはそれによって傷つき、良いこと無しで終わることが多いです。

悪いことをしても隠さず懺悔する。それによって人格を向上させるためには、打ち明ける相手の人格も大切だと思います。
相手の失敗を真摯に受け止め、馬鹿にすること無く明るく許すことが出来る。そんな人間になりたいです。
こころざし
2016年04月18日 09:43
悪いことをしない・・と決めていながらしてしまった悪い事は、意図的な・確信犯的なものではない印象があります。それを隠さない事は明るい感じも受けます。
実は昨日駅近くの先払い駐車場に車を止めたのですが、お支払いをした時間より2時間程延長してしまいました。追加料金が必要なのですが、そのまま帰宅してしまいました。反省致します。
お支払いに伺うか、次の利用時に多めにお支払いする事で償いをしたいと思います。そしてこの失敗を生かしたいです。