業は尽き 業は生まれず 阿羅漢は 寂滅するのみ 幸せであれ<235>

○少年少女のためのスッタニパータ235.
・・・
怒らない人、欲のない人、悩みのない人。
私、私という思いのない人。
落ち着いている人、静かな人。
こんな人だろうな、阿羅漢は。


235.第2 小さな章 1.宝経 14.

○日本テーラワーダ協会訳
14.
「古き[業]は尽き、新しき[業]は生ぜず」。
再び生まるることに未練はない。
種子[業]が尽きた。貪欲を根絶やしにした。
彼の賢者たちは、灯明の如く寂滅す。
此は僧(サンガ)が勝宝たる由縁なり。
此の真実により、幸いがあらんことを。


○中村元先生訳
235
古い(業)はすでに尽き、新しい(業)はもはや生じない。
その心は未来に執著することなく、
種子をほろぼし、それが生長する事を欲しない
それらの賢者は、灯火のように滅びる。
このすぐれた宝が(つどい)のうちに存する。
この真理によって幸せであれ。


○正田大観先生訳
238.(235) 
古きもの(過去の業)が滅尽し、新たな発生が存在せず、
未来の生存にたいし心が離貪した者たち――
彼らは、〔再生の〕種子が滅尽した者たちであり、欲〔の思い〕が成長なき者たちであり、
慧者たちは、あたかも、この灯明のように、消え行く(涅槃に到達する)。
これもまた、僧団における、妙なる宝である。
この真理によって、安穏有れ。(15)


○パーリ語原文
238.
キーナン    プラーナン    ナワ     ナッティ    サンバワン
Khīṇaṃ     purāṇaṃ      nava      natthi     sambhavaṃ,
尽きた     古い(業)     新しい(業) ない      発生し

ウィラッタチッターヤティケー     バワスミン
Virattacittāyatike            bhavasmiṃ;
離貪した心・未来の          生存に対して

テー    キーナビージャー    アウィルーィチャンダー
Te      khīṇabījā         avirūḷhichandā,
あの    種子が尽きた      成長を欲しない      

ニッバンティ   ディーラー    ヤターヤン   パディーポー
Nibbanti      dhīrā        yathāyaṃ    padīpo;
滅尽する     賢者たちは   このように    灯火

イダンピ    サンゲー       ラタナン   パニータン
Idampi      saṅghe        ratanaṃ    paṇītaṃ,
これも     サンガにおける   宝       勝れた

エーテーナ    サッチェーナ    スワッティ    ホートゥ
etena        saccena       suvatthi     hotu.
この        真実によって    幸せで     あれ


○一口メモ
宝経の第一偈で、仏陀は「皆さまが 幸せであり ますように 私の話し よく聞きなさい」と述べました。
http://76263383.at.webry.info/201309/article_30.html

その宝経における仏陀のお話は今回が最後です。(宝経にはまだ三偈ありますが、それは神々の王である帝釈天述べたものです。)

これまで仏陀はサンガについては預流果に達した弟子たちについて述べてきましたが、最後に阿羅漢に達した弟子たちについて語ります。

ここからは、既に紹介したスマナサーラ長老の「宝経法話」から引用させて頂きます。

「阿羅漢のこころの中は、一般の人に理解できる語ることは難しい。それでも、この偈では何とか理解できるようにと説明しているようです。

阿羅漢に達した時点でいままで背負ってきた無量の過去の業はすべてなくなります。善業も悪業すべて消えてしまう。輪廻転生して苦しみを再現するために必要な、業というエネルギーが消えてしまったのです。貪瞋痴が根絶されたので、阿羅漢の聖者が身体・言葉・考えるという三種類の行為をして生きていても、その行為は業にならない。ただ行為だけで終わります。

来世はどうなるか、という悩みは一切ない。輪廻に対して、まったく執着がない。阿羅漢は皆に説法したり冥想指導したり弟子を育てたり、仏教を次の世代にも伝えるために必要なことをなさったりする。ふつうの人はこのように献身的に努力すると、優れた徳を積むことになります。しかし阿羅漢の場合は、行為をしてもその行為に業としての果報をもたらす力がない。

例えば、世界一おいしい果物があるとします。しかし、その果物の中に種がないならば、できるのはせいぜい、おいしく食べることだけです。阿羅漢の聖者の努力によって我々一般人はこの上のない幸福に達することができますが、阿羅漢の聖者にはただの行為で疲れるだけでしょう。見返りはありません。阿羅漢の聖者達は渇愛を根絶したので、輪廻の苦しみから炎のように消えてしまう。

涅槃とは何か知識で理解することは不可能ですから、輪廻の立場で語っています。『消えた炎は東西南北のどこに行ったのか』という問いは成り立たない。阿羅漢は輪廻転生という無限の苦しみから、炎おように消えるのです。」(以上引用終わり)

尚、阿羅漢については、「ダンマパダ第7 阿羅漢の章」を参照してください。以下このブログの表題とそのアドレスを記載します。

90 旅を終え 憂いを離れた 阿羅漢に 悩み苦しみは 存在しない
91 春になり 白鳥沼を 捨てるよう 念ある人は 執着捨てる
92 飛ぶ鳥の 足跡わからぬ そのように 蓄えぬ人の 心解らぬ
93 飛ぶ鳥の 足跡解らぬ そのように 食に頼らぬ 心解らぬ
94 制御され 感覚静まる 阿羅漢を 煩悩ないと 神も羨む
95 地のように 怒ることない 阿羅漢は 願うことなく 輪廻はしない
96 阿羅漢の 心は静か 行いも 話す言葉も 穏やか静か
97 最上人 盲信せずに 無為を 知り法に従い 欲捨てにけり
98 阿羅漢の 住む所みな 楽土だよ 村であろうが 森であろうが
99 阿羅漢は 森や林を 楽しむよ 快を求めぬ 人々だから

90 http://76263383.at.webry.info/201206/article_3.html
91 http://76263383.at.webry.info/201206/article_4.html
92 http://76263383.at.webry.info/201206/article_5.html
93 http://76263383.at.webry.info/201206/article_6.html
94 http://76263383.at.webry.info/201206/article_7.html
95 http://76263383.at.webry.info/201206/article_8.html
96 http://76263383.at.webry.info/201206/article_9.html
97 http://76263383.at.webry.info/201206/article_10.html
98 http://76263383.at.webry.info/201206/article_11.html
99 http://76263383.at.webry.info/201206/article_12.html


業は尽き 業は生まれず 阿羅漢は 寂滅するのみ 幸せであれ<235>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。



◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

鹿野苑の馬鹿凡
2013年10月13日 08:26
ワンギーサ先生、いつもブッダの叡智をお届け下さり誠にありがとうございます。

Old soldiers never die; they just fade away.
「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ。」
マッカーサー元帥が退任演説で述べた有名な言葉です。

この言葉の真意については諸説あるようです。
しかし、テーラワーダの教えからみれば、この「老兵」を「阿羅漢」と置き換えてみれば、最もしっくりくるでしょう。

「阿羅漢は死なず、ただ消えゆくのみ。」

煩悩という敵に勝利した聖なる戦士は、天国に生まれ変わって祝福を受けるのではなく、なすべきことを全てなし終えた者として、苦なる輪廻という舞台から静かに消えてゆく。

その行き先は?・・と問うことは愚問とされます。なぜなら、「どこに行くのか」ではなく、「苦が消えた」ことにこそ意味があるからです。

熱心なキリスト教徒であったという元帥の真意は分りませんが、粋な言葉ではありませんか。

皆様に智慧の光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
「逃げてます」
2013年10月13日 08:59
苦を、喜びにしようと、必死になってる人がいます苦はいつまでたっても苦ですが、いつか、楽に変わるのではないかと、苦に対して、てきみもぞ無用な態度で挑戦します。

しかしいつまでたっても苦です。

それを知って。素直に受け入れることができたならば、落ち着きます。

そういった意味で、幸せでありますように。
いけざきなかひこ
2013年10月13日 18:59
ワンギーサさん、こんばんわ。


昨日はお話ありがとうございます。
個人的なことではありますが、
最近いろいろなことがあって・・・
それとこの季節に見合わない不安定な陽気との
いわばダブルパンチで
精神的に不安定になっていたところ、
助けていただき、誠に感謝しております。
こうクチだけではなくて、私が落ち着いたら
また改めて本のお布施等で
ワンギーサさんの元を尋ねたいと思います。
その際はどうかよろしくお願い致します。


今回の偈についてですが、私は以前から
この場において明言していますが、世俗的な要素について
激しくハゲシク執着しているので、悟りや解脱への道について
それほど興味を示していません。
ですが、私も一応はテーラワーダの教えのお勉強をさせて頂いている
身ですので、そういう生き方、欲から離れた生き方にも
魅力があるということは薄ら感じております。
ただ今はそれに意識が向いてないというだけで
こう言っている私でも己の心に
悟りの道の種子は宿しているのかも知れないですね。

今回の偈、見ているだけで
癒される雰囲気はあります。
あと90-99のブログの表題もとても美しいですね。
普段ならそこまでは感じないのですが、
せつない空気感漂う今の時期的なものと、
個人的に迷いの時期でありますので
いつもと感じ方が違っています。
少し長くなりましたが、このへんで失礼します。


生きとし生けるものが幸せでありますように。
櫻井由紀
2013年10月13日 22:21
輪廻転生は「輪」ですから
グルグルグルグル廻っちゃって
終わりが無いですけれども
お釈迦様は
そこから自ら脱出された・・・・・・・
その方法を発見された・・・・・・・・

生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年10月13日 23:41
今日は友人の結婚式に出席しました。
素直に楽しみ、喜びの気持ちを育めたと思います。徳を積めたのではないかと喜んでいました。
勿論、それは悪いことではないと思いますが、阿羅漢聖者とは比べ物にならないなと感じます。徳を積めたかどうかで喜ぶよりは、善行為をただ行う。そういう境地を目指さないといけないなと思いました。
こころざし
2016年04月19日 05:26
ポテンシャルを貯めてしまう様な生き方しか出来ていないと思います。それが、まずは善業が貯まるように努め+悪業が生まれない様に注意し、そして阿羅漢の境地に少しでも近づけるように冥想実践をして参りたいです。