殺生は 貪瞋痴なり 死後地獄 これが生臭 肉食ではない<248>

○少年少女のためのスッタニパータ248(10)
・・・
貪る人間、
憎しみをもつ人間、
愚かな人間が生臭人間です。
生きものを殺す人間は
その代表です。


248.第2 小さな章 2.生臭経 10.

○中村元先生訳
248
これら(生けるものども)に対して貪り求め、敵対して殺し、
常に(害を)なすことにつとめる人々は、死んでからは暗黒に入り、
頭を逆さまにして地獄に落ちる、
──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。


○正田大観先生訳
251.(248) 
これら〔の命あるものたち〕にたいし、貪求ある者たち、〔行く手を〕遮る者たち、殺害する者たち
――彼ら、常に〔正しからざることに〕専念する、
〔迷える〕有情たちが、死してのち、闇に行き着き、頭を下に、地獄へと落ち行く
――これが、生臭です。まさに、肉を食べることではありません。(10)


○パーリ語原文
251.
エーテース     ギッダー    ウィルッダーティパーティノー
‘‘Etesu        giddhā      viruddhātipātino,
これらに対して   貪り       妨害し、殺す人

ニッチュッユター  ペッチャ    タマン    ワジャンティ   イェー
niccuyyutā      pecca      tamaṃ    vajanti       ye;
常に・励む      死後      暗闇に    行く        彼らは

パタンティ    サッター   ニラヤン    アワンスィラー
Patanti      sattā      nirayaṃ     avaṃsirā,
落ちる      生き物は   地獄に      頭を下にして

エサーマガンドー   ナ    ヒ    マンサボージャナン
esāmagandho      na    hi     maṃsabhojanaṃ.
これが生臭       ない  決して   肉食 


○一口メモ
今回で、生臭とはどのようなことかの説明が終わります。

その最後に今回も生きものを殺すことが生臭であることが述べられます。

一行目では、生臭とは、貪りと妨害すること殺すこと表現され、それは貪りと憎しみと愚かさであると述べられているのです。

二行目では、このように生臭の行為を常に励むものは、日の当たらない暗黒の世界に行くと言われます。

三行目で、すなわちそれは、死後に地獄に真っ逆さまに地獄に落ちるということです。

生臭人間は地獄に落ちることを覚悟しなければなりまません。

では、どのようにして、生臭を清めて、清浄な人間になるのかは、明日以降に述べられます。


殺生は 貪瞋痴なり 死後地獄 これが生臭 肉食ではない<248>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。



◎11月2日(土)夜のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。
理由は八王子の正山寺のカティナ衣法要にワンギーサが参加するためです。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年10月22日 10:34
ぽん母さん様の
慈悲の心のこもったコメントに
心より感謝致します。有難う御座います。
生き物皆、仲良く暮らせるといいですね。
ぽん母さん様の善行為によって
積まれました功徳により
安寧と幸福がありますように。

「我がもの」など
何も無いのにね。
心を雁字搦めに縛った
その見えない縄は
地獄から投げ上げられたもの・・・・・・
グイッと
いつ引っ張られるか?
今でしょ!
怒る者は
怒りの場所に行きますね。
真っ逆さまに落ちるって事は
相当低い位置の地獄ですね・・・・・・・・
正念正知途切れさせない努力致します。

生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年10月22日 23:53
無意識的にせよ意識的にせよ、人は気に入らない人に対して敵意や憎しみを持つ物だと思います。
蚊やゴキブリなどの害虫に対してはみんな容赦なく殺します。
励んでいるかどうかは分かりませんが、そう簡単には考えを改めようとは思わない人が多いと思います。

心の言う通りに動くと嫌いな人を好きになることは出来ません。出会った人全てを暖かな気持ちで受け入れるのも難しい。
でも、それは自分の性格の悪さだと反省して、憎しみ無く、敵意無く、誰に対しても慈悲の心を持てるよう、努力します。
こころざし
2016年04月25日 18:36
日常の中で怒りや欲が出た時、貪瞋痴の状態から成長できない頂けない自分を感じます。早期に気が付いて止めれると良いのですが、残念ながらずっと怒りのシーンをリフレインして怒ったりしています→それではサティが出来てないと証明しているようなものと分かりながら、止めれていません。
もっと真剣に冥想したいです。