いにしえの バラモン達は バラモンの 一人の妻と 喜び合った<290>

○少年少女のためのスッタニパータ290.
・・・
お互いとの共同生活が
お互いの幸福と成長になる
結婚が望まれます。


スッタニパータ290. 第2 小さな章 7.バラモン法経 7.

○中村元先生訳
290
バラモンたちは他の(カーストの)女を娶らなかった。
かれらはまたその妻を買うこともなかった。
ただ相愛して同棲し、
相和合して楽しんでいたのであった。


○正田大観先生訳
293.(290) 
婆羅門たちは、他者〔の妻〕のもとに赴きませんでした。
また、彼らは、妻を買うこともありませんでした。
まさしく、相愛の者と共に住むこと(夫婦生活)を、
一緒になって喜び合いました。(7)


○パーリ語原文
292.
ナ    ブラーフマナー    アンニャマガムン
‘‘Na   brāhmaṇā       aññamagamuṃ,
ない   バラモンたちは   他へ・行か(ない)

ナピ     バリヤン   キニンス   テー
napi      bhariyaṃ   kiṇiṃsu    te;
ない・また  妻を     買った    彼らは

サンピイェーネーワ    サンワーサン
Sampiyeneva        saṃvāsaṃ,
相愛して・だけ       共に住むことを

サンガントゥワー    サマローチャユン
saṅgantvā        samarocayuṃ.
相和合して       喜びあった


○一口メモ
昔のバラモンは長い期間、禁欲の修行を行ってから、家住期という家庭にあって子をもうけ一家の祭式を主宰する時期を迎えました。しかし、彼らはバラモン以外からの女子を妻とはしませんでした。これは階級の秩序を守るためでした。また、後の世で一部の者が妻を買うというようなことが行われましたが、彼らはそのようなことはしませんでした。

しかし、バラモン達は、そのような長い期間禁欲行を行っても、妻を求めるのは何故でしょうか?また、何故一生禁欲行者でいなかったのでしょうか?それは間違った見解によるものでした。彼らには次のような見解がありました。「誰でも息子を作らない者は、家系の断絶を行うものだ。そのようになれば地獄で焼かれる。」というものです。バラモン達は家系の断絶を怖れて妻を求めました。
そういうわけで、昔のバラモン達は正しい行いもしましたが、「怖れなくともよいものを怖れた」という無知もあったのです。


いにしえの バラモン達は バラモンの 一人の妻と 喜び合った<290>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月6日(金)及び12月14日(土)の夜の自主瞑想会は、都合によりお休みいたします。ご了承をお願いいたします。


◎12月28日(土)から1月3日(金)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年12月06日 08:56
極楽も
地獄も
この六尺の
身の内にある

生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年12月06日 22:38
恋人を作るにしても、結婚をするにしても、それらを行う場合、どこか無知で至らない所が必要なように思います。
そもそも智慧に基づいて考ている人々は、所帯を持つということ自体、やろうともしないように思います。
在家として、複雑な気持ちです。

生きとし生けるものが幸せでありますように
ごろた石てつや
2013年12月07日 00:16
私が仏教で頂いた宝物は、「24時間、瞬間瞬間心の揺れを捨てる鍛錬」です。
これは、何もにも変えられない宝物であり、死ぬまで続きます。

私は、天国、輪廻転生、神通、悟りにさえにも、全く興味はありません。

生命として、自分の手で他の生命を殺して自分の肉体に吸収し、子孫繁栄の為に性交を行い、世間の煩悩の中にどっぷり浸かり生きる中で、苦悩を乗り越えなければ、悟りの智慧は発見できないのでは?と最近考える時があります。

仏教を否定しているわけでは無く、自分の言っている事が正しいとも思いません。

自分が乗り越えなければいけない問題として、捉えているだけです。
こころざし
2016年05月10日 07:10
子供がいないと家を継ぐ者がいなくなり途絶える、とは巷で聞く言葉です。その為未婚や子供がいないと偏見を受けるような流れに繋がっていると思います。
子供をもうける事も、その後育てる事も、物凄く資源等を使うと実感しています。それが良いのか悪いのか?は私では分かりません。
バラモンの変な?見解を面白くも思いましたが、執着をしないような生き方をして参りたいです。