他の人も 私と同じと 考えて 殺さぬように 殺させないように<705>

○少年少女のためのスッタニパータ<705>
・・・
お前が嫌なことを
あの子にしてはいけない。
あの子もお前と同じように
思っているのだから。


第3 大きな章 11.ナーラカ経 27.

○中村元先生訳
705
『かれもわたしと同様であり、
わたしもかれと同様である』と思って、
わがみに引きくらべて、
(生きるものを)殺してはならならぬ。また他人をして殺させてはならない。


○正田大観先生訳
711.(705) 
『すなわち、わたしがあるように、
そのように、これらのものたちはある。
すなわち、これらのものたちがあるように、そのように、わたしはある』〔と〕、自己を喩えと為して(自らを引き合いにして)、
〔他者を〕殺さず、〔他者をして他者を〕殺させないように。(27)


○パーリ語原文
710.
ヤター    アハン    タター     エーテー
‘‘Yathā    ahaṃ     tathā      ete,
ように     私の     そのように  これらは

ヤター    エーテー    タター     アハン
yathā     ete        tathā      ahaṃ;
ように    これらは    そのように  私は

アッターナン   ウパマン    カトゥワー
Attānaṃ      upamaṃ     katvā,
自分を       喩えとして    行って

ナ     ハネッヤ   ナ     ガータイェー
na     haneyya    na     ghātaye.
ならぬ  殺しては   ならぬ  殺させては   


○一口メモ
今回の始めに述べられた「『かれもわたしと同様であり、わたしもかれと同様である』と思って、」ということは「聖者の行」においては非常に大切な原理です。昨日の偈の「弱いものでも、強いものでも、諸々の生きものに対して、敵対することなく、愛著することもない。」も同じ原理に基づいています。どんな生き物に対しても対等・平等の態度です。昨日も述べましたが、これらは自分の欲望を乗り越えなければ出来ないことなのです。

他の人も自分と同じと考えることが出来れば、私は死になくないし、私は殺されたくないと思っているのだから、他の人も死にたくないし、殺されたくないと思っていることが分かります。それならば自分は他の人に対してそのような事は出来ないのです。


他の人も 私と同じと 考えて 殺さぬように 殺させないように<705>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎緊急連絡:本日12月12日(金)は新宿の朝日カルチャーでスマナサーラ長老の講義があるため、ゴータミー精舎における夜の自主瞑想会は中止します。


◎緊急連絡:12月14日(日)9:30~17:00 関西「法話会&僧房落慶・お荘厳お披露目」法要が開催され、それに私(ワンギーサ)が参加しますので、13日(土)及び14日(日)のゴータミー精舎における夜の瞑想会は中止します。尚、朝の瞑想会は代理人により通常通り行います。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

あすか
2014年12月12日 07:21
殺させてはならない。

考えてみると大変奥が深い。

色々な食べ物や着るものも
命の犠牲の上に成り立っている。

環境の問題もしかり。

なかなか困難だが
出来得る限り努力しよう。
りんご
2014年12月12日 09:26
「他の人も、自分と同じで、殺されたくないと思っている」と認めれば、自然と5戒を守る方法に気持ちが進むのかなと感じました。
自分は、つい「自分が仏教が気に入っているから、他の人も気に入ってくれるだろう」と自分の都合(好み)で、無自覚的に考えてしまっている時があります。それとは、違う感じですね。
カエルくん
2014年12月12日 22:43
皆様、お久しぶりです。
しばらくこのブログからも、瞑想からも離れて不真面目にフラフラとしていましたが、最近また心を入れ替えて頑張り始めました。

私がサボっている間も、ワンギーサ先生のこのブログ続けていてくださり、こうして思い立てばま読めることに感謝いたします。
それから、あすかさん。ずっとコメントを続けていらっしゃるんですね。すごい。脱帽です。

今日のテーマ、不殺生ですが、五戒のひとつですね。
厳密に守ろうと思うと難しいですが、今日よりも今日、今日よりも明日、少しでも善い人間になりたいという思いで、努力したいです。

皆さんおっしゃることですが、五戒を守ることで、守られていることを感じます。
こころざし
2016年09月13日 06:22
自分が嫌な事はされたくない、とは誰でも思う事と思います。ですが、自分が嫌に思う事は相手の方にもしない、との視点は意識しないと持てない、と実感する機会があります。自分が良ければそれでよい、との感じでしょうか。
自分も相手も嫌にならない生き方をして参りたいです。