カミソリの 刃上の蜜を なめるように もらった物で 心を汚すな<716>

○少年少女のためのスッタニパータ<716>
・・・
自分の好きな
プレゼンともらうと、
人には使わせない。
もちろんあげない。
これがもの惜しみ。


第3 大きな章 11.ナーラカ経 38.

○中村元先生訳
716
師がいわれた、
「「あなたに聖者の道を説こう。──
(食をとるには)剃刀の刃の譬えのように用心せよ。
舌で上口蓋を抑え、
腹についてはみずから食を節すべし。


○正田大観先生訳
722.(716) 
牟尼の資質を、あなたに教え知らせましょう。
剃刀の切っ先にある如く、〔世に〕有るように(剃刀の切っ先に塗られた蜜を舐めるのが人間の生である、と自戒する)。
舌を上顎に付けて、
腹において〔食が〕自制された者として存するように。(38)


○パーリ語原文
721.
モーネッヤン    テー      ウパンニィッサン
‘‘Moneyyaṃ     te       upaññissaṃ,
聖者の行を     あなたに   教えよう

クラダールーパモー    バウェー
khura・dhār’ūpamo     bhave;
カミソリの刃のように   あるように  

ジワーヤ    タールマーハッチャ
Jivhāya     tālum・āhacca,
舌によって   口蓋に触れて

ウダレー   サンニャトー   スィヤー
udare      saññato      siyā.
腹において  節制する     ように


○一口メモ
注釈書によると、ナーラカさんは昨日の715偈を聞いて、次のような心が生じたようです。「もし聖者の行がこれだけのものなら、容易に行われ、なし難くもないし、わずかの苦労で満足させることができる」と。それに対して、ブッダは「聖者の行は、まさになし難い」ことを示そうとして今回の偈を述べたと言うことです。

「(食をとるには)剃刀の刃の譬えのように用心せよ。」とは、「カミソリについた蜜をなめるときには舌を切らないように用心する」と言うことです。すなわち、人々から受け取った食べ物や生活必需品から煩悩が起こらないように注意して心を守りなさいということです。これは決して容易なことではなく、困難な課題なのです。何かをもらえば、そのものに執着し、もの惜しみの心が生じるからです。

「舌で上口蓋を抑え、腹についてはみずから食を節すべし。」とは舌で上顎を強く押して、味への渇愛を除いて、托鉢で何ももらえない時でも、空腹に耐えるべきであるとも述べているのです。これは決して容易な行ではありません。


カミソリの 刃上の蜜を なめるように もらった物で 心を汚すな<716>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月29日(月)から1月4日(日)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサ比丘が熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

あすか
2014年12月23日 07:26
ご自身で過酷な修行も経験された
お釈迦様ならではのアドバイスですね。

うまくいっていると思える時も、
簡単、楽に感じる時も、
気を抜かないようにします。
りんご
2014年12月23日 08:59
何気なく食べてしまう食事も気を付けないと大変なのですね。自覚しないとつい・・・
SRKWブッダ
2014年12月23日 10:22
剃刀の刃の譬えは、見事な譬えである。この譬えの真意が分かる人──一瞥してピンと来る人──は、すでに預流に達していると認められ得る。

***
カエルくん
2014年12月23日 13:21
食べ物と生きることは密接している。
だからこそ、欲を持たないで食べることは難しい、ということかなと思います。
慎重な上にも慎重に食事をするように、という戒めとして受け止めました。
こころざし
2016年09月17日 19:02
大事に思うものを、人に気軽に使わせて下さる・・状況は普通はないと思います。また度合いによりますが容易に溜め込み、欲を増す様に思います。
私事ですが、仕事の介護関連マンガ本がふと気が付くと30冊位溜まり、本棚のこやしになってました。売ろうかどうしようか迷いましたが、職場に寄付する事にしました。「えー、売れば少しのお金になるだろうに」と出てきた自分の中の声を振り切って、実践しました。生活に困っている訳ではないですし、欲に飲まれない様にしたいです。