法津(のりつ)如来 の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 快楽に とらわれている 人々は 解脱しがたい その気がないから<773>

<<   作成日時 : 2015/01/24 03:55   >>

トラックバック 0 / コメント 5

○少年少女のためのスッタニパータ<773>
・・・
あなたに刺激を与えて
うれしがらせたり
悲しませたりできますが、
心を成長させることはできません。
それは自分で行うことです。


第3 八つの詩句の章 2.洞窟八詩句経 2.

○中村元先生訳
773
欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱しがたい。
他人が解脱させてくれるのではないからである。
かれらは未来をも過去をも顧慮しながら、
これらの(目の前の)欲望または過去の欲望を貪る。


○正田大観先生訳
780.(773) 
〔心の〕欲求という因縁ある者たち、生存(有)の快楽に結縛された者たち、彼らは、解脱し難い。
なぜなら、他のもの(他者・他物)〔を依り所とする〕解脱は、〔どこにも存在し〕ないからである。
未来、あるいは、また、過去について、〔あれこれと〕期待している者たちがいる。
あるいは、〔現前する〕これらの欲望〔の対象〕を、あるいは、以前〔に見た諸々の欲望の対象〕を、〔貪りの思いで〕渇望している者がいる。(2)


○パーリ語原文
779.(773)
イッチャーニダーナー    バワサータバッダー
Icchānidānā          bhavasātabaddhā,
欲求に基づいて       生存の喜びにしばられて

テー    ドゥッパムンチャー  ナ    ヒ      アンニャモッカー
te      duppamuñcā      na    hi       aññamokkhā;
彼らは   解脱しがたい     ない  何故なら   他によって解脱するので(ない)から

パッチャー   プレー    ワーピ    アペッカマーナー
Pacchā      pure      vāpi      apekkhamānā,
後に       前に      或は     期待しつつ

イメーワ   カーメー    プリメーワ    ジャッパン
imeva     kāme      purimeva     jappaṃ.
これらの   欲望を     前の・或は    貪っている   


○一口メモ
前回は「身体を心配し、身体の楽しみを求めて」いる人々は解脱し難いと述べられていました。今回は「欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱しがたい。」と述べられています。その理由として、「他人が解脱させてくれるのではないからである。」とあります。

「他人が解脱させてくれるではないかである。」についてはよく理解しておかなければならなりません。その他人がブッダであろうともあなたを解脱させてはくれないのです。そのことはダンマパダ276番で述べられています。「汝はみずからつとめよ。もろもろの如来(ブッダ)はただ教えを説くだけである。」とあります。

解脱とは自分自身の心の問題だからです。自分自身で自分を拘束している束縛に気づき、それから自分自身で解放させることです。しかし、欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人の関心は欲求の対象に向いているのですから、自分の状態に気づくことが出来ず、解脱に関心はないのです。ですから解脱したいと言ったり、思ったとしても、それは内容のともなわない単なる空念仏なのです。

この偈では、そのような人々の関心について、「かれらは未来をも過去をも顧慮しながら、
これらの(目の前の)欲望または過去の欲望を貪る。」と説明しています。


快楽に とらわれている 人々は 解脱しがたい その気がないから<773>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090−2311−9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
かつての狂乱バブル経済時代を思いだしました。

バブル崩壊後の経済状態はガタガタになりましたね。
現在、東京オリンピックを目前に建築関係は好況で人手不足になってるようです。

オリンピックを期に「バブルよもう一度」ということでしょうが、過去の失敗を教訓に未来に活かすには、「欲望の奴隷」という状態から解放される必要があると思いました。

欲望にはキリがなく、自他を破壊するからです。

欲望を賛嘆する世間には同調しないことです。

2015/01/24 04:19
瞑想は自分でやることで、
他人に代わりにやって
もらうことが出来ないと
理解しました。

自分にかかっているんですね。
りんご
2015/01/24 08:42
「(心を)成長させたい」という方は少なからずいらっしゃると思います→色々なセミナーや勉強会等々に参加される人もいるようです。

そんな方とお話した時に、「それは本当に心の成長になるのでしょうか」と思ったこともあります。(知識・情報の向上とか資格の取得とか、(自分を素直に表現する為に)皆さんと大声で歌って踊る?とか、(冬に)川に入って水に浸かって清める・・とか・・・

その方の生き様を拝見すると、(ワンギーサ長老の分かりやすい)
>あなたに刺激を与えて うれしがらせたり 悲しませたりできますが、

の状態かな、と感じる事もあります。

(※もちろん人の事ですので、それについて自分が良いとか悪いとか評価するものではないと思っていますので、その方にそのような言動をする事は控えています)

本当の意味での心の成長を目指したいと思います。

今日も素晴らしい一日となりますように。


身の丈修行者
2015/01/24 12:54
今日の偈も厳しいですね。
結局黙って瞑想に取り組むしかないのだと思います。
朝、きちんと決めた時間に起きたり、五分でもいいから毎日瞑想の時間を設けたり。
人に代わりにしてもらう訳にはいかないのですから。
自分を律していく努力を続けたいです。
カエルくん
2015/01/24 21:35
以前、異性との肉体関係を持つためにどんな手段でも使うような方達と話す機会を得た時、その性欲を満たす為の奴隷になっている・・印象を感じました。それは刺激の虜になっているとの表現も言えるかと思います。同様な事はしませんが、綺麗な女性に相変わらず目が行きそうになる自分がいます。刺激的なものに捕らわれ、修行が止まる様な、そんな事がないように、気を付けて参りたいです。
こころざし
2016/09/27 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
快楽に とらわれている 人々は 解脱しがたい その気がないから<773> 法津(のりつ)如来 の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる