賢者らは 常識的な 考えに 従わないので 離れているよ<897>

○少年少女のためのスッタニパータ<897>
・・・
世間の人々は
どうでもよいことに興味があり、
大切なことには
関心がありません。


第4 八つの詩句の章 13.大集積経 3.

○毎田周一先生訳
897.
賢い人は 世間の普通の考え方などを
自分の中へとり入れようとは思っていない
見たり聞いたりすることに盲従せず 執著を離れている人が
一体何にとりつこうとして世間に出かけてゆくだろうか


○中村元先生訳
897
すべて凡俗の徒のいだく、これらの世俗的見解に、智者は近づくことがない。
かれは、見たり聞いたりしたことがらについて
「これだ」と認め知ることがないから、こだわりがない。
かれはそもそもどんなこだわりに赴くのであろうか?


○正田大観先生訳
904.(897)
それらが何であれ、これらの凡俗なる諸々の主義(世俗:通念化した特定の世界観)は
――まさしく、これらの全てに、知ある者は近づかないのです。
〔特定の見解に〕近づかない彼が、どうして、〔特定の見解に〕近づく者のところに行くというのでしょう
――見られたものについて、聞かれたものについて、愛着〔の思い〕を為さずにいる者が。(3)


○パーリ語原文
903.(897)
ヤー    カーチマー    サンムティヨー   プトゥッジャー
Yā      kācimā       sammutiyo      puthujjā,
それが   何であれ     世俗的見解に   凡俗の

サッバーワ   エーター     ナ    ウペーティ     ウィドゥワー
sabbāva      etā        na    upeti         vidvā;
すべての     これら      ない  近づか(ない)   智者は

アヌーパヨー     ソー    ウパヤン   キメッヤ
Anūpayo        so     upayaṃ     kimeyya,
近づない       彼は   近づきに    何の・行くだろうか

ディッテー     ステー      カンティマクッバマーノー
diṭṭhe        sute        khantimakubbamāno.
見たものや    聞いたものに  愛着を持たない者(である)


○一口メモ
今回の偈は、論争しない人について述べているのです。論争しない賢い人々は、世俗的な常識的な考え方を学ぼうとしていません。世間の人々の論争には興味がないのです。ですから、論争に近づこうとは思っていません。

今回の「少年少女のためのスッタニパータ」に書きましたが、世間の人々はどうでもよいことに興味があり、大切なことに興味ありません。例えば、TV番組などでも、芸能番組やお笑い、ドラマ、スポーツ番組は人気がありますが、政治や社会の関する番組は人気がありません。もっとも、政治問題が大切なこととは言い切れませんが、多くの国民の実際の生活に関わる問題であることは確かです。また、人生や生き方に関する問題は更に人気がないようです。この問題を考えると、ダンマパダ163番を思いだします。

「善からぬこと、己のためにならぬことは、なし易い。ためになること、善いことは、実に極めてなし難い。」 

常識的な考え方は、人々にとって「なし易い」事柄なのです。これらは実は善からぬことで、己のためにならぬことなのです。賢者達はこのことを知っていますから、常識的な考え方には興味がないのです。


賢者らは 常識的な 考えに 従わないので 離れているよ<897>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2015年05月28日 04:10
おはようございます。
「世間の人々はどうでもよいことに興味があり、大切なことに興味ありません」。「私」も含めて、ご指摘の通りです。自戒致します。
御指導ありがとうございました。
2015年05月28日 07:35
ジャーナリスト江川紹子さんが中東での貴重な取材をテレビ局に持ち込んだら「こんな一分もするインタビュー流したら、視聴者にチャンネルをひねられるぞ」みたいに言われたそうです。

また、政治や経済問題を扱う討論番組に出演された方々が「重要なことは言えなかった。指図されたわけでないが、「北朝鮮やっちまえ!」みたいな過激な発言をしないと駄目だ。という空気が、テレビ局内に流れていた」と話してました。

例を挙げるとキリがありませんが、つまりは「刺激」なのです。

それが「刺激的」であればあるほど評価されるのです。

「刺激を求める」というのでは、心に平安は訪れませんね。
身の丈修行者
2015年05月28日 07:53
おはようございます。
私事で恐縮ですが、以前自己啓発系の会で「このような所に来るのは何かアクシデント等があった方か・よっぽど余裕のある方か・・が多いです」だった事を思い出しました。
周囲で旅行や金もうけ・開運等を趣味に持つ方は普通?にいるのに対し、ワンギーサ長老本文の「人生や生き方に関する問題・・」を話題にする方はいないと感じます。
自分は何が大事かや生き方についてしっかり学び・実践して参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
こころざし
2016年11月10日 19:39
テレビを見ると、大事な・これを見なければという情報はわずかしか放映されていないように感じます。基本テレビは見ませんが、たまに見ると「なんて(皆さん)暇なんだろう」と・・に思う事もあります。そのような世間的な状況に影響を受けず、大事な事・必要な事を学び、身につけれるように努めたいです。