饒舌(ジョウゼツ)と 口論起こる 二人なら 危険を避けて 一人で歩く<再49>

○ワン爺さんの独り言<49>
・・・
「三人よれば
文殊の知恵という」言葉もあるが、
ほとんどは「三人よれば、
姦(かしま)しい」になるようだ。


49.第1 蛇の章 3.犀角経 15.

○毎田周一先生訳

そのように人と二人でいると
自分の方が饒舌になり口喧しくなる
未来にそういふ危険が生じるのを見抜いて
犀の角のようにただ一人歩いてゆこう


○中村元先生訳

このように二人でいるならば、
われに饒舌といさかいとが起るであろう。
未来にこの恐れのあることを察して、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳

このように、第二者(連れの者)と共にあるなら、
わたしには、雑談の言葉、あるいは、叱責〔の言葉〕が存するであろう。
この恐怖を未来に見る者は、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文

エーワン    ドゥティイェーナ   サハー    ママッサ
Evaṃ      dutiyena        sahā      mam‘assa,
このように   二人に         共に      私に  いる


ワーチャービラーポー  アビサッジャナー  ワー
aācābhilāpo         abhisajjanā      vā,
雑談の言葉        不機嫌        或は

エータン  バヤン    アーヤティン   ペッカマーノ
etaṃ     bhayaṃ    āyatiṃ       pekkhamāno,
この     恐怖を     未来に      見る者は

エーコー   チャレー    カッガウィサーナカッポー
eko       care      khaggavisāṇakappo.
一人で    行くように   犀の角のように


○一口メモ
昨日の偈は、二つの金の腕輪のぶつかり相について述べられていましたが、その意味を今日の偈で二人の人間がいるときの状況についての譬えであることが、具体的に述べられています。

二人の人間がいれば、おしゃべりが始まります。人間は結構おしゃべりが好きなのです。人間ばかりではありません。いろいろ生命は何等かの形でコミュニケーションをとっています。生命は他の生命に依存して生きていますから、一人でいることが不安なのです。他の生命との関係を確認するためにも、いつも他の生命とコミュニケーションをとっているのです。内容がなくてもいいのです。相手がいることが分かればそれでいいのです。しかし、人間の場合には自我が発達しているので、一人ひとり異なる見解や意見を持っています。そのため内容のない無駄話は意見の対立になり、いさかいになるのです。そのような危険性を避けて、賢者は犀の角のように一人で歩くのです。

これは普通の解釈ですが、「ワン爺さんの独り言」に書いたように、一人ではなく、人が集まると、善い智慧に遭遇する場合もあるのです。仏教では普通はそこかに善友を探すのです。しかし、そうではなくて、おしゃべりと争いになる可能性が多い場合は、「犀の角のように」一人で修行するということが智慧なのです。


○前回のこの偈の解説

饒舌(ジョウゼツ)と 口論起こる 二人なら 危険を避けて 一人で歩く<49>
http://76263383.at.webry.info/201305/article_19.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎3月18日(金)から3月22日(火)まで熱海に瞑想合宿があり、ワンギーサ比丘はそれに参加しますが、ゴータミー精舎における朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催します。しかし、この期間の夜の自主瞑想会は行いませんので、御注意お願いします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2016年03月01日 03:50
おはようございます。
「無駄話に付き合わないといけないでしょうか?」と相談されたことがあります。勤続二十年の女性(主婦)の方です。私は、「それは『綺語』という不善です。止めましょう」と伝えました。その後、その方は、問題なく過ごし、スキルを深め、職場に不可欠の人材になりました。また、合間には、震災ボランティア等にも活躍されています。ブッダの教えの正しさが、強く刻まれた出来事でした。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年03月01日 06:08
おはようございます。
私はおしゃべりで、随分と長くしゃべり、そしてその為に周囲が嫌になって浮くような状況が以前ありました。そこには自己顕示欲があったように思います。
現在は、いい気になってしゃべってしまうとその後心が興奮して落ち着かない状況から、サティが出来ない状態が続くので、とても損な印象を感じます。
しゃべる方にエネルギーを注いでしまう様な愚行をしないように戒めたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
エル
2016年03月01日 22:28
内容ではなく、おしゃべりする行為自体に集中していると感じることがあります。相手との先々の関係や、今の会話の影響等よく考えることは、あまりないと思います。おしゃべりの修行は難しいことを思い出せば、口数も減りそうです。