「無敵」を標榜する武道

ワン爺の独り言(2017.2.10.)
昨日は、「争うことが無い」について学びましたから、今日はそれに関連してSRKWブッダの「無敵」について学びましょう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou021_sub.htm

(以下引用)
【無敵】
武道を志す人の多くは、自分が最強になることを目標にしているかも知れません。 そのような人は、そもそもどのような武道を習うのかを選択するという最初の段階において、どの武道が最強であるかについていろいろな角度から調べあげ、それらを比較してそのことを見極めようとすることでしょう。 しかしながら、そのように目移りしているうちに、何が最強であるのかということ自体が分からなくなって当初の目的を見失い、結局はどの武道も選択できなくなってしまう人も出てくることでしょう。 そうして、何もしないまま時間だけが過ぎていくこともあるでしょう。

さて、そのような中にあって、無敵を標榜する武道があります。その武道の創始者は、次のように言っているからです。
 ”この武道は、半年修行したら無敵になるんやで”
それを創始者の口から直接聞いたあるお弟子さんは、いくらなんでもそれは言い過ぎだろうと思ったそうですが、ずっと後になってその真意を理解したと懐述しておられます。

[真意は]

 無敵とは、敵自体がいなくなること。誰とも敵対しないこと。誰とも争う必要がなくなること。争いの種が根こそぎなくなることである。そのようになることが最強であり、そうなれば負けることはあり得ない。それを極めるために、敢えてこの武道は武道として修行される。
(以上引用)

※ワン爺のコメント
なるほどと思いましたが、この武道はどのように修行するのかなと思いました。もしかしたら、この武道の創業者はSRKWブッダなのかな。それならば「理法」の欄の「修行」という項目があるのでそれを読んで見ましょう。明日、それを掲載します。



~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎2017年1月31日、ブログ名を「ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)」に、及びブログ・トップのブログ紹介を変更しました。

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント