一つの常不軽菩薩縁起

ワン爺の独り言(2017年12月22日)
私はSRKWブッダの理法を大乗仏教か初期仏教かという区別をせずに、本来のゴータマ・ブッダの教えの延長線上にあるものだと考えてきました。それは間違えないことですが、今回の理法はかなり大乗仏教に近いものだと思います。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou313.htm



(以下引用)

【一つの常不軽菩薩縁起】

自らニルヴァーナに近づいた人と、他の人をニルヴァーナに近づけた人と、 どちらが功徳が大きいかと言えば、後者であろう。何となれば、後者には他の人の道を誤らせる危険も伴う。それを知りつつ、敢えて、自分の名誉と識見にかけ て他の人を正しい道に斡旋したならば、その功徳は量り知れない。

これも、一つの常不軽菩薩縁起だと言ってよいであろう。

[参考]
  → Ud116 正しく歩め(常不軽菩薩縁起)
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana116.htm


(以上引用)


*ワン爺のコメント
「常不軽菩薩」についてご存知でない方もおられると思いますから初めにコトバンクからその意味を以下に引用します。
「『法華経』に登場する菩薩の名。彼は人をみると「私はあなた方を尊敬して決して軽くみることはしない。あなた方はみな修行して仏陀となる人々だから」といい,人々にはずかしめられ打たれると,その場を逃げ,離れた場所から再び同じ言葉を繰返したという。そこでこの名がある。」

大乗仏教の発生は、テーラワーダ仏教の批判から始まったと思います。何事も組織ができて理論が確立すると、本来の意味が形骸化される傾向があります。それは歴史の必然だろうと思います。テーラワーダ仏教についてもその例外ではなかったのだと思います。もちろんそれは大乗仏教についても言えることです。(個人の思想的な変遷も同様な現象があると思います。それは私の個人的な思想を振り返ってみると確かにその通りです。)

私が最初に仏教に関心を持ったのは、中学校の国語で宮沢賢治の「雨にも負けず」を学んだ時からなのです。私はなぜ宮沢賢治はあのように考えるのか理解できませんでした。なぜなのか先生にも質問しました。

あれから、何十年かして、恥ずかしいことに宮沢賢治を否定してテーラワーダ仏教の比丘になりました。その今やっと宮沢賢治の思想は「常不軽菩薩」の精神だったのだとわかりました。

この記事へのコメント

toshi
2017年12月22日 07:47
 人を導くのは、「とてつもない困難」が伴うものだと思います。・・・例えば、馬に水を飲ませるために川に連れて行ったとして、「水を飲みたくない馬に水を飲ませるのはほぼ不可能」だからです。人間の世界も、馬のこの行動と大同小異で、「望まぬものを与える行為の難しさ」を痛感します。・・・自分の事で恐縮ですが、今までに「仏教や覚り」に興味の有る人を見たことがありません。・・・普通の人(衆生)は、「仏教や覚りには全く興味が無い」のですから、その様な人間を教化し「覚り=解脱」にまで導くと言う行為は、計り知れない功徳があると思います。
ノブ
2017年12月22日 16:12
自分らしく生きることが大事だと思っているし、そうありたいと思っています。他の人も、自分らしく生きたいと思ったり、そうありたいと思ったりすると思う。私が崇高なものとは何かとか、高貴さや清浄といったものとはどういうものだろうと思うように、他の人もふと思ったり、心のもとでは思っていると思う。
三日坊主
2017年12月23日 20:24
修行の果てに、今まで見えなかったこと、わからなかったことがわかるようになる。私も、今日そういうことがありました。仏道修行は奥が深いですね・・・