定慧と仏道修行者

ワン爺の独り言(2018年1月11日)
今回引用するSRKWブッダの理法は、今のところではSRKWブッダの最後のものとなっています。その内容は、正しい定と智慧とは一対のものであることを教えるものです。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou334.htm



(以下引用)

【定慧と仏道修行者】

真実を知ろうとするならば、どうしても定を完成しなければならない。何となれば、定においてのみ自分自身の本当のところが明らかとなり、また相手の本当のところも明らめることが出来得るからである。そこにおいて智慧を生じたならば、解脱が起こると説かれる。

見せかけの静けさは定では無い。見せかけの静けさによって解脱は生じない。したがって、たとえば瞑想(メディテーション)によって達するそれぞれの空住 は、定の完成には役立たない。それぞれの空住は、それぞれの空住という境地を得るに過ぎないからである。その一方で、正しい定は、その定のもといとなった 事象についてのそれぞれの智慧と一対になっているものである。

ところで、定を完成させるための固定的な方法は存在しない。観(=止観)は、その一つの知られた方法であるが、これによって必ず定が完成すると言えるものでは無い。ただ、ある人は、観(=止観)を縁として定を完成させるということである。

一般に、修行者にとって大事なことは定の本質に迫ることである。それで、静けさを目指して邁進する人が、次第次第に功徳を積んだとき、ついに解脱すると説かれる。このとき、定の完成が同時に為し遂げられているのである。

修行者がいきなり智慧を理解することは極めて難しい。その一方で、定を理解し、完成を目指して邁進することは比較的容易である。実際、定が本体であり、智慧は作用であると説かれる。たとえば、素養の無い人が数学の高度な公式を聞き知ったとしても理解出来ないであろう。その一方で、数学的な素養がある人に とってはそれぞれの公式は便利なものである。定慧も同様である。

また、この構図は、如来と善知識(化身)においても成り立っている。修行者にとって如来の本質を理解することは極めて難しい。目の当たりに生き身 の如来を見ても、如来だと認知することさえ難しいほどである。その一方で、善知識を縁として発心し、善知識(化身)が発する法の句を縁として解脱を生じる ことは誰にとっても充分に為し得る筈のことがらである。

そして、この意味において、覚りと如来とは無関係であると言えよう。何となれば、如来が善知識(化身)の役割を果たすことはまずあり得ないからである。

善知識(化身)との邂逅を意味あるものにするためには、修行者は気をつけていなければならない。そこで、「気をつけていよ」と説かれる。このように気をつけている人を、仏道修行者と呼ぶ。

(以上引用)


*ワン爺のコメント
SRKWブッダは、正しい定と智慧とは一対のものであることを教えてはいますが、「修行者がいきなり智慧を理解することは極めて難しい。その一方で、定を理解し、完成を目指して邁進することは比較的容易である。」ということを指摘されています。

そのため「一般に、修行者にとって大事なことは定の本質に迫ることである。それで、静けさを目指して邁進する人が、次第次第に功徳を積んだとき、ついに解脱すると説かれる。このとき、定の完成が同時に為し遂げられているのである。」ということになるのです。




☆お知らせ
SRKWブッダの理法は今回で一応一通り引用いたしました。
明日からは、ホームページ「覚りの境地」の「感興句」から引用させていただきます。


この記事へのコメント

toshi
2018年01月11日 07:33
 私自身も、少し前まで「瞑想」をそこそこ熱心に行っていました。そこで達した境地?は、残念ながら「覚り=解脱」の役には立たないようです。・・・修行としては、「定の本質」に迫り、静けさを目指して精進を重ね、「次第次第に功徳を積む」ならついには「解脱を果たす」とあります。・・・仏道の修行とは、「平らかで困難のない道である」と説かれますが、人により多少の「山坂(やまさか)」はある様です。
ノブ
2018年01月11日 15:10
次回からも楽しみにしています^_^