感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 15偈

15 内を知らないが外を見ないで、(内と外と)両者について結果を見ない人は、実に音声に誘われる。

(テーラガーター470 内を知らないが、外をも見ないで、あまねく(煩悩に)覆われている愚人___かれは、実に音声に誘われる。 ) 

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

内と外を理解するのに参考になる心理学の考え方があります。それはジョハリの窓と言われ、次のようなものです。

① 自分も他人も知っている自分の性質(解放)
② 自分は気付いていないが他人は知っている性質(盲点)
③ 他人は知らないが自分は知っている性質(秘密)
④ 自分も他人も知らない性質(未知)

この考え方で言えば、①と②が外であり、③と④は内です。

修行者は①、②、③、④全てを知る必要があるのですが、この偈のように内にも外にも関心のない人は、実に音声に誘われて、生きているのです。それは、煩悩に従って生きているだけで、貪欲や情欲に支配されているのです。




 

この記事へのコメント