#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第26章 安らぎ(ニルヴァーナ) 3偈

3 荒々しいことばを言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。怒りを含んだことばは苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。 

(ダンマパダ133 荒々しいことばを言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。怒りを含んだことばは苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。)

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

少し前に、芸人の矢部太郎さんが描いた漫画「大家さんと僕」という漫画が話題になったことがあります。その本を妻が図書館から借りてきました。面白いと言うので、わたしも見せてもらいました。

この大家さんは荒々しいことばを話さないのです。挨拶は今時珍しい「ごきげんよう」と言うのです。穏やかなやさしい言葉を話すと、心が穏やかになって、落ち着きます。

荒々しいことばを話すと、それを聞いた人の心は波立ちイライラしてくるのです。そして、イライラした心で言い返しますから、さらにこちらも苛立ち、苦しくなるのです。ですから、荒々しいことばを使わない方がよいのです。

穏やかな、やさしいことばを話しましょう。