#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第26章 安らぎ(ニルヴァーナ) 13偈

13 前にはあったが、そのときは無かった。前には無かったが、そのときはあった。前にも無かったし、のちにも無いであろう。また今も存在しない。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

この偈を、初めて読むと何が書いてあるのかわからないでしょう。しかし、何度か読むと解ってきます。

ですから、この偈の解説は今日するのではなくて、明日することにします。

今日一日は、何度かこの偈を思い出して、何だろうか考えてください。

前にはあったが、そのときはなかったもの?

前には無かったが、そのときはあったもの?

前にも無かったし、のちにも無いもの? また今も存在しないもの?