#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第27章 観察 5偈

5 この世の中は暗黒である。ここではっきりと(ことわりを)見分ける人は稀である。網から離れた鳥のように、天に至って楽しむ人は少ない。 

(ダンマパダ174 この世の中は暗黒である。ここではっきりと(ことわりを)見分ける人は少ない。網から離れた鳥のように、天に至る人は少ない。)

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

ダンマパダ174の原文からの直訳はつぎのようになります。

この世界は盲目の存在です。少数の者がここで観察します。
鳥が網から自由になるように、少数の者が空にいきます。

「この世の中は暗黒である。」とは、この世の中は無知な者の集まりであるということです。

「ここではっきりと(ことわりを)見分ける人は稀である。」とは、この世の中(自分と他人)を観察する者は少ないということです。

「天に至って楽しむ人は少ない。」とは、多くの人々は観察しないので、解脱して安楽(ニルヴァーナ)に至る人は少ないということです。