#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第27章 観察 10偈

10 すでに得たものと、これから得られるはずのものと___この二つは塵ほこりであり、病であると知って、心を安定統一した智者は、それを捨てよ。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

中部経典131「賢善一喜経」に、次のような偈があります。その始めの部分を引用します。
(以下引用)

過去を追いゆくことなかれ
未来を願いゆくことなかれ
過去はすでにすでに過ぎ去りしもの
未来は未だ来ぬものゆえに

(以上引用:片山一良訳)

「すでに得たもの」とは、過去のものです。
「これから得られるはずのもの」とは、未来のものです。

今回の10偈では、人々は過去や未来に執著して苦しんでいるので、それらを「塵ほこり」や「病」であると表現しているのです。